HP Latex 800シリーズ 製品詳細

高い生産力で付加価値の高いプリントを実現すると共に、HP Latexテクノロジーで サステナブルエッジを研ぎ澄ます。

新設計のプリントヘッドにより、屋外品質・最大36m² /時 の高速印刷を高彩度で実現。生産性を増強します。
プリンター内蔵ジョブキューイング機能で最大100ジョブ を保存、再印刷を素早く実行できます。

HP Latex 800プリンターカタログ(PDF)

HP Latex 800Wプリンターカタログ(PDF)

HP Latex 800 シリーズ
  • 製品紹介ビデオ

  • 最大プリント幅

    1,625mm

    (64インチ)まで

  • HPエコカートンインクカートリッジ

    環境にやさしい
    HPエコカートンインクカートリッジ

  • 最速105m2/時

    最速 122m2/時

屋外品質・最大36m2/時 の高速印刷を実現する
HP Latex 800シリーズ

HP Latexの比類ない多用途性がさらに向上

  • 店舗壁面塩ビフィルム

    店舗壁面塩ビフィルム

  • ロールアップ

    ロールアップ

  • 屋外バナー

    屋外バナー

  • 車両ラッピング

    車両ラッピング

  • ポスター

    ポスター

高価値案件を確実に獲得

ウィンドウグラフィック & ステッカー

ウィンドウグラフィック & ステッカー

壁紙 & キャンバス

壁紙 & キャンバス

テキスタイルアプリケーション

テキスタイルアプリケーション

新構造採用でユーザー操作やメンテナンスを減少

ウィンドウグラフィック & ステッカー

色の一貫性を向上させる設計
 

最高のパフォーマンスを発揮する12パスプリントモード・プリントゾーンの温度測定と制御などで再印刷とプリンタ間の一貫性が向上しました。

壁紙 & キャンバス

タイル印刷に重要な安定した長さの精度を得るための製品設計

ダンサーバーのない新しい巻き取りリールと低温硬化するインクでメディア変形を回避。改良された高度な素材送りアルゴリズムにより長さの精度と安定性が向上しました。

速くて簡単な素材取付け

従来機よりも素早く取り付けが可能になりました。

スマートフロントパネル

プリンター内蔵キューイング機能で最大100ジョブを保存 & 再印刷

HP Print OSを使用して、
いつでもどこからでも生産管理

  • プリンターの状態とインク残量をモニタリング & 通知を配信
  • 過去6ヶ月以上のジョブ・コスト履歴にアクセス & ダウンロード
  • メディアプロファイルをクラウドにバックアップ、複数台で共有

第4世代 HP Latex インク構成

ラミネート時にはオーバーコートインクの使用を控えて
インクを節約できるモジュール式インクセット

顔料量増加し従来機より低温で硬化する第4世代 HP Latexインク 新832/872インク採用で
ステッカーや包装、バーコード用の最小4ptsのテキストもくっきり

HP Latex 800W 対応 最も白いホワイトインク

自動リサーキュレーション(再循環)システムとプリントヘッドマネジメントにより煩雑なメンテナンス不要で時間が経っても黄変しない不透明な白色で仕事の幅を広げる高付加価値のステッカー & ウィンドウグラフィックスやラミネート加工時の問題を回避します。

< HP ホワイトインクの特長 >

  • 不透明度が高く、薄いインク層
  • 簡単な施工
  • 耐擦過性

※ 白インクはHP Latex 800 W/800 Wプリンターで使用できます。最も白いホワイトとは、2020年5月の時点で50,000米ドル未満の溶剤およびUV技術を使用した競合製品と比較し、ISO / DIS23498に基づき算出しています。テストは、黒の不透明塩ビ粘着フィルム(L*:4.16 – a:0,48-b:2,34)に対して、160% UFプリントモードでHP 832 1リットルLatexホワイトインクカートリッジ(HP Latex 800 Wプリンター)およびHP 836Latexホワイトインクカートリッジ(HP Latex 800 Wプリンター)を使用して実施されました。視覚的不透明度 = 91%。

最もサスティナブルなHP Latexシリーズ

HP Latexシリーズ

日々の作業を自動化安全な作業をさらに簡単に

他の製品に伴う危険を回避できる
水性インク

私たちの未来のためにプラスチック、海洋ごみ、埋立地の削減

リサイクルプラスチックを使用したエコカートンは、
役割を終えたあとも適切な処理で環境への 影響を削減します

製品仕様

短納期に対応

出力オペレーションをリモートで管理できるPrint OS

ユーザー様ご自身で交換可能なプリントヘッド+50のノズル数
高彩度で36m²/時

かんたんな再印刷とリフトアップする硬化モジュール

付加価値の高い印刷

次世代レベルのメディア汎用性へ最大30%低温硬化

鮮やかな色とシャープな 4ptの文字

最も白いホワイト煩雑なメンテナンス不要*

サスティナブルエッジ

より安全な制作環境とプラスチック
カートリッジの廃止

HP Latex 800 HP Latex 800W
プリント プリントモード 122m²/時 - 最高速度(1パス)
36m²/時 - 高速(4パス)
25m²/時 - 高速生産(6パス)
20m²/時 - 生産品質、テキスタイル、およびバックライト(8パス)
17m²/時 - 高彩度(12パス)
14m²/時 - 高彩度バックライトおよびテキスタイル(14パス)
122m²/時 - 最高速度(1パス)
36m²/時 - 高速(4パス)
25m²/時 - 高速生産(6パス)
20m²/時 - 生産品質、テキスタイル、およびバックライト(8パス)
17m²/時 - 高彩度(12パス)
14m²/時 - 高彩度バックライトおよびテキスタイル(14パス)
17m²/時 - ホワイト/スポット(60%インク濃度)
9m²/時 - ホワイト/オーバーフラッド(60%インク濃度)
3m²/時 - ホワイト/アンダーフラッド(100%インク濃度)
2m²/時 - 3レイヤー/デイ & ナイト(160%インク濃度))
印刷解像度 最大1200×1200dpi 最大1200×1200dpi
インク HP Latexインク HP Latexインク
インク
カートリッジ
8個
(ブラック、シアン、ライトシアン、ライトマゼンタ、マゼンタ、イエロー、オプティマイザー、オーバーコート)
9個
(ブラック、シアン、ライトシアン、ライトマゼンタ、マゼンタ、イエロー、ホワイト、オプティマイザー、オーバーコート)
カートリッジ
サイズ
3 リットル 3 リットル
プリントヘッド 8個
(シアン/ブラック×2、マゼンタ/イエロー×2、ライトシアン/ライトマゼンタ×2、オプティマイザー×1、オーバーコート×1)
10個
(シアン/ブラック×2、マゼンタ/イエロー×2、ライトシアン/ライトマゼンタ×2、ホワイト×2、オプティマイザー×1、オーバーコート×1)
色安定性 1.5dE2000以下(色域の95%) 1.5dE2000以下(色域の95%)
素材 ハンドリング

ロール給紙、巻き取りリール、ワイパーローラー
自動水平カッター(塩ビフィルム、バナーおよびキャンバス、紙およびフィルム)

素材の種類

バナー、塩ビ粘着フィルム、フィルム、ファブリック、紙、壁紙、
キャンバス、合成皮革、メッシュ素材・テキスタイル

プリント幅 254 ~ 1625mm(標準対応幅 580 ~ 1625mm) 254 ~ 1625mm(標準対応幅 580 ~ 1625mm)
重量 55 kg 55 kg
ロール直径 250 mm 250 mm
素材厚 最大 0.5 mm 最大 0.5 mm
用途

バナー、ディスプレイ、両面バナー、展示会やイベントのディスプレイ、屋外看板、屋内ポスター、
インテリア、電飾‐フィルム、電飾‐紙、壁、POP/POS、ポスター、テキスタイル、車両ラッピング

接続 インター
フェイス
(標準)
Gigabit Ethernet (1000Base-T) Gigabit Ethernet (1000Base-T)
外径寸法
(幅/奥行/高さ)
プリンター 2,583x866x1,402 mm 2,583×866×1,402 mm
出荷梱包外寸 2,753×1,100×1,666 mm 2,753×1,100×1,666 mm
動作領域 2,793×2,100 mm 2,793×2,100 mm
重量 プリンター本体 292 kg 300 kg
出荷梱包重量 430 kg 437 kg
梱包内容 HP Latex 800プリンター、プリントヘッド、メンテナンスカートリッジ、プリンタースタンド、巻き取りリール、ユーザーメンテナンスキット、エッジホルダー、クイックリファレンスガイド、ドキュメンテーションソフトウェア、電源コード、エアパージャー、2インチスピンドルアダプター HP Latex 800Wプリンター、プリントヘッド、メンテナンスカートリッジ、プリンタースタンド、巻取りリール、ユーザーメンテナンスキット、エッジホルダー、クイックリファレンスガイド、ドキュメンテーションソフトウェア、電源コード、エアパージャー、2インチスピンドルアダプター
環境条件 動作時温度

15 ~ 30℃

動作時湿度

20 ~ 80% 相対湿度(結露しないこと)

音響 音圧

60dB(A)(プリント時)、38dB(A)(待機時)、20dB(A)(スリープ時)

音響出力

7.8B(A)(プリント時)、5.5B(A)(待機時)、3.5B(A)(スリープ時)

電力 消費

1.8~2.8kW(プリント時)(ピーク時5kW)、105W(待機時)

条件

入力電圧(自動調整)200~240V(±10%)ワイヤー2本とPE、50/60Hz(±3Hz)、
電源コード2本、コードあたり最大16A

適合規格 安全性

IEC 60950-1+A1+A2準拠。IEC 62368-1準拠。米国およびカナダ(CSA認証取得)、
EU(LVD、EN 60950-1/EN 62368-1準拠)、ロシア・ベラルーシ・カザフスタン(EAC)、中国(CCC)

電磁特性

以下を含むクラスA要求事項に準拠:米国(FCC規則)、カナダ(ICES)、EU(EMC指令)、
オーストラリアおよびニュージーランド(RCM)、日本(VCCI)、韓国(KCC)、中国(CCC)

環境規格

ENERGY STAR®、RoHS(WEEE、EU、EAEU、中国、韓国、インド、ウクライナ、トルコ)、
REACH、EPEAT Silver、OSHA、CEマーキング準拠、AgBB基準適合、フランスVOC A+、
Greenguard Gold、UL Ecologo、ZDHC - レベル1

保証

ハードウェア保証(1年)

※をクリックしていただくと内容を表示します。

※スワイプで左右に移動します。

HP Latexプリンティングに関するその他の情報

HP Latexシリーズのすべてを体感

HP Latexシリーズのすべてを体感

専任のスペシャリストの説明により、新世代Latexテクノロジーを実感できます。またデモルームへの来場が難しいお客様にはサンプル郵送サービスをご提供させていただいております。

デモルームの詳細はこちら

お客様事例

お客様事例

各地のプリントサービスプロバイダーは、HP Latexテクノロジーを活用することで新しい機能を獲得し、柔軟な発想と創造力を高めてさらなる成功を収めています。

お客様事例を見る

メディアソリューションロケーター

メディアソリューションロケーター

HPでは、Latexプリンターに適正な素材、およびカラープロファイルとプリンター設定に関する情報をまとめた総合的なリストを提供しています。

最適なメディアソリューションを見つける

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。