• Z by HP
  • OMEN
  • Hyper X
  • Poly

HP WOLF PRO SECURITY

HP WOLF PRO SECURITY HP WOLF PRO SECURITY

HP WOLF PRO
SECURITY

管理と脅威解析ができる
次世代ウイルス対策ソフト

特集:Emotet(エモテット)対策にお悩みの方に、“HP WOLF PRO SECURITY”

詳しくはこちら
ウイルス侵入の有無を確認する
HP WOLF SECURITY

ウイルス侵入の有無を確認する

今なら、あなたの組織のサイバー攻撃リスクを無料で確認できます

お申込み

多くの企業がマルウェアの感染に
気が付かないまま事業を運営しています

90%

セキュリティ侵害の96%は
数カ月発見されない※1

90%以上

PC感染の90%以上は
添付ファイルが発端※2

70%以上

感染原因の70%以上は
従業員によるミス※3

セキュリティ侵害の96%は数か月発見されず、感染に気付かない企業が多いと言われています。
その中でもPC感染の90%以上が電子メールの添付ファイルが発端と言われています。
また、70%以上のセキュリティインシデントは、従業員がセキュリティトレーニングを受けているにも関わらず、フィッシング詐欺にあったことが原因という調査結果もあり、企業におけるセキュリティの重要性がますます高まっています。

IT部門と従業員の負担を大幅に削減。
未知のウイルスからPCとデータを保護

HP Wolf Pro Securityは、次世代のウイルス対策機能に加え、フィッシング 対策、マイクロ仮想マシンを使用した
脅威の封じ込めを含む包括的なエンドポイントセキュリティです。
IT担当者のセキュリティ関連業務に携わる時間を削減し、かつ従業員の生産性を低下させることなく、
安心してどこからでも業務をおこなうことができます。

  • 脅威の封じ込め

    脅威の封じ込め

  • ユーザー資格情報の保護

    ユーザー資格情報の保護

  • 次世代のウイルス対策

    次世代のウイルス対策

  • クラウドベースの管理

    クラウドベースの管理
    (HP Wolf Security Controller)

HP Wolf Pro Securityの機能詳細

脅威の封じ込め

脅威の封じ込め

マルウェアの攻撃を隔離し、封じ込めることで、
PCへの感染を防ぎます

  • 検知に依存しない「隔離と封じ込め」技術で、ゼロデイ攻撃に対応し、クリーンアップも不要です
  • Microsoft OfficeやPDFのファイル操作およびWebアクセスをユーザーが制約を意識することなく利用可能です
  • 新種のウイルスが侵入した場合でも安心して作業を継続でき、また「HP Wolf Security Controller」により、隔離済みの脅威の動的分析が可能となります
脅威の封じ込め 脅威の封じ込め
ユーザー資格情報の保護

ユーザー資格情報の保護

フィッシングサイトでパスワードを入力するユーザーに対して警告し、ブロックします

  • 既知の悪意のあるWebサイトは、HP Wolf Pro Securityがユーザー資格情報の入力をブロックします
  • 低評価のWebサイトは、ユーザー資格情報を入力しないように警告を表示。またURLを指定し、ホワイトリスト、ブラックリストに登録が可能です
  • Webサイトアクセスに関するアラートは、すべてHP Wolf Security Controllerに記録されます
ユーザー資格情報の保護 ユーザー資格情報の保護
次世代のウイルス対策

次世代のウイルス対策

既知のマルウェアの阻止に加えて、
ディープラーニングAIで未知の脅威を検出します

  • 既知のウイルスに加え、新たに出現した未知の脅威を検出するディープラーニングAIを提供します
  • 従来型アンチウイルスソフトが不要となります
  • HP Wolf Security Controllerを使用して、脅威の動的分析が可能です
次世代のウイルス対策 次世代のウイルス対策

専門知識がなくても
把握できるダッシュボード

HP Wolf Security Controllerは、簡単なポリシー管理、容易なメンテナンスおよび継続的なアラート管理を提供します

クラウドベースコントローラ
管理用のサーバーを用意する必要はありません。クラウドベースのコントローラのため、管理対象PCをいつでもどこからでも一元管理することができます
“すぐに使える” ポリシー
あらゆる環境で継続的な調整がほとんど必要ない、簡単で「すぐに使える」ポリシーを提供します
セキュリティアラート
管理者がプロアクティブに常時監視する必要はありません。PC上の不審な動作が発生した場合、セキュリティアラートによって通知され、必要な分だけを簡単に特定することができます。また、必要に応じて、脅威に関する分析結果を確認することができます
HP Wolf Pro Security をさらに詳しく知る

管理と脅威解析ができる次世代ウイルス対策ソフト
HP Wolf Pro Security をさらに詳しく知る場合はこちら

HP Wolf Pro Security の
隔離技術は多くの企業で採用されています

金融系A社の場合

導入メリット: 業務効率が向上

  • 無害化されることで業務において支障あり
  • インターネット分離は、インフラコストが高い
  • アンチウイルス製品の更新頻度、ウイルスチェックが重く業務に支障がでていた

HP Sure Click Proの技術を採用

  • ネイティブと同様にブラウザを使用することができるようになり、業務効率が向上
  • Windowsやアンチウイルス製品の更新をまとめて実施できるようになった

金融系B社の場合

導入メリット: パフォーマンスの劣化を防ぐことができた

  • VDIを検討するもコストが高く、パフォーマンスも懸念された
  • 分離すると内部と外部のファイルの受け渡しが煩雑になる

HP Sure Click Proの技術を採用

  • パフォーマンスの劣化なく、インターネット分離を実現
  • 外部とのファイルのやり取りやwebサイトのアクセスが従来通り対応可能
  • 安心して業務ができるようになった

国内企業C社の場合

導入メリット: 社内でも社外でも安心してインターネットを利用できる

  • EDRで攻撃を検知できたとしても結局はマルウェアに感染したあと
  • 社員教育しても人は間違いを犯す(標的型攻撃)
  • 自宅や公共の場でフリーwifiに接続することへのリスクがある

HP Sure Click Proの技術を採用

  • どこでも安心して外部とのやり取りができるようになった
  • 社内ネットワークに接続していないPCも保護できる
  • うっかり怪しいURLをクリックしても心配なし
  • 感染してしまった時、誤検知への対応工数の削減

隔離型のセキュリティソリューションで
最新の脅威から顧客情報を守る

顧客情報の厳重な管理は企業の最重要課題です。とはいえ、常に進化を続ける脅威に対抗し続けるのは多大な努力が必要となります。特に従来のパターンファイルによる検知型のアンチウイルスソフトで検閲しきれない、未知の脅威が猛威を振るっている昨今、これに対応するセキュリティの導入が必須となっています。ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルは、主要な外部から攻撃経路に対しアプリケーションを隔離実行することでエンドポイントを保護する「HP Sure Click Enterprise」を導入、大きな安心を得ることができた事例をご紹介します。

※HP Sure Click Enterpriseは、 HP Sure Click Proの上位サービスです。詳しくはこちら ≫

事例の詳細はこちら
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

資料ダウンロード

資料

グローバルでリモートワークを展開するHPのサイバーセキュリティ実践例をはじめ、ゼロトラストの概要とエンドポイントにおいて、HPがこのコンセプトをどのように推進しているか説明した資料を無料でダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら(無料)

よくあるご質問

HP以外のPCも保護できますか?
保護できます。必要なスペックは「システム要件はこちら」をご参照ください。
既存のシグネチャベースのアンチウイルスやEDRソリューションと共存できますか?
はい、できます。 ソリューションによっては、競合を防ぐためにポリシーに特定のホワイトリストエントリが必要な場合があります。 HPでは、一般的に見られるサードパーティの設定の詳細を提供しています。
どんなOSに対応していますか?
Windows 10 Pro、Windows 11 Proをサポートしています。
HP Wolf Pro Security をさらに詳しく知る

管理と脅威解析ができる次世代ウイルス対策ソフト
HP Wolf Pro Security をさらに詳しく知る場合はこちら

免責事項

本書の内容は、将来予告なく変更されることがあります。HP製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています。本書のいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。本書の内容につきましては万全を期しておりますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、省略に対しては責任を負いかねますのでご了承ください。

  • ※1 ESGグローバルIT調査2018~2019年( https://www.esg-global.com/blog/the-cybersecurity-skills-shortage-is-getting-worse
  • ※2 Ponemon InstituteのBarkeyスポンサーによる調査「2018 State of Endpoint Security Risk(2018年エンドポイントセキュリティリスクの状況)」、2018年10月。
  • ※3 Foundry formerly IDG Communications: Security Priorities Study 2021 (R-ES_SecurityPriorities_02.17.22.pdf (hubspotusercontent40.net))
HP WOLF SECURITY

Emotetにお悩みの方
(無料試用キャンペーン)