Dundon Motorsports、HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションでカーレース用パーツの製造を加速化

Dundon Motorsports

お客様の概要

Dundon Motorsportsは、単なる輸送手段としての自動車の概念を超えて、お客様を喜ばせ、お客様の心を動かす満足度の高い要素を重視しています。

創業当時は、ポルシェGTシリーズのエキゾーストの製造を行った他、サスペンションやエンジンを担当して、レースに適した車両にすることに取り組んでいました。

Dundon MotorsportsのJamie Bopp氏は、次のように述べています。「この車の特徴は、自由さ、感情の発散、そして楽しさです。Dundonの仕事は、楽しい車をさらに楽しいものにすることなのです。」

課題

Dundon Motorsportsには、すぐに運転できる状態のレーシングカーのエンジンの性能と馬力を向上し、必要な要素が他の部品と共にエアコン、パワーステアリングポンプ、ボンネットなどの中に一緒にに収まるようにする、というプロジェクトがありました。

「1つのものにすべてのパーツがおさまるようにする革新的な方法を見つけることが第一で、ビジネス面は二の次です。これらのパーツを射出成形あるいはCNC加工で製造していたら、コストは桁違いになっていたでしょう。」

プロジェクト遂行のため、同社は3Dプリントなどの代替的な製造方法を検討することになりました。

所定のフォームに記入後、導入事例をダウンロードして、Dundon MotorsportsがHP Jet Fusion 5200シリーズ3Dプリンティングを活用し、どのように生産時間を短縮させ、ポルシェGTシリーズのレーシングカーのパーツ性能を向上させたかをご覧ください。

画像データ提供: Dundon Motorsports

資料(英語)をダウンロードする