最短翌日発送&送料無料!最大45%オフ!月末セール

電話で購入相談
 <個人> 0120-111-238 <法人> 0120-830-130
個人のお客様向け

コスパ最強のおすすめノートパソコン 2024

コスパ最強のおすすめノートパソコン 2023 コスパ最強のおすすめノートパソコン 2023

「この性能でこの価格!?コスパ高すぎ!」このページでは、
コスパが非常に高いノートパソコンを厳選してご紹介します。

初心者の方がノートパソコンになれるため、またインターネットなどを見たい、
SNSやオンラインショッピングをするということなら、それほど性能が高くなくても
大丈夫です。
HPの低価格エントリーノートパソコンなら
ストレスフリーな使い心地でサクサク動きます!

コスパ最強ノートパソコン
おすすめポイント10選

おすすめ
ポイント
1

最新のAMD Ryzen 7000シリーズ・プロセッサー搭載

圧倒的なパフォーマンスと高いグラフィックス性能、そして省電力性を兼ね備えた最新のAMD Ryzen 7000シリーズプロセッサーを搭載。

「Zen 4」アーキテクチャーは、前世代の「Zen 3」と比較してクロックあたりの命令実行数(IPC)や動作クロックの向上、L2キャッシュの増加によるキャッシュ効率の向上、消費電力効率の向上などが行われています。製造プロセスも7nmから5nmに微細化したことで、より多くのコアを搭載することを可能にしています。

AMD Ryzen 7000 シリーズ
おすすめ
ポイント
2

快適スピード、衝撃に強い頑丈「SSD」

SSDは衝撃に強くデータが破損しにくいほか、読み書きの速度が速いという利点があります。SSDを使えば「電源のオン・オフが高速」「ソフトの起動が高速」などの恩恵があり、家庭でもビジネス使用でも非常に快適です。

快適スピード、衝撃に強い頑丈「SSD」
おすすめ
ポイント
3

モダンでスタイリッシュなデザインだから、
長く愛着が持てます

丸みを帯びたボディで低価格パソコンとは思えない高級機を思わせる細身のシルエットです。
たわみに強い堅牢なユニボディ、美しさと強さの両立を実現しました

モダンでスタイリッシュなデザイン
おすすめ
ポイント
4

「メモリ」は「8GB」以上。マルチタスクがしやすく快適

ランダムアクセスメモリー(RAM)とも呼ばれるデータなどを一時的に保管する部分ですが、容量が低いと作業効率が下がります。
ソフトをいじりながら画像を見たり、メールをしたり、一度にいくつかの作業を行う事があるため、メモリが大きい方が安心です。

「メモリ」は「8GB」以上。マルチタスクがしやすく快適
おすすめ
ポイント
5

斜めからも見やすく鮮やかなIPSパネル。
映り込みが少ない非光沢液晶

色調やコントラストの変化が少ないIPSディスプレイなので、より自然な画像や映像をお楽しみいただけます。
光の映り込みがほぼ無い非光沢液晶。写真や動画、ゲーム映像が見やすく集中できます。

>斜めからも見やすく鮮やかなIPSパネル。
おすすめ
ポイント
6

10時間以上の長時間バッテリー駆動

家の中でも好きな場所に移動してバッテリーを気にせず使える長時間バッテリー駆動。
外出先でパソコンを使用する場合でも充電切れを心配せず集中して作業に取り組めます。

10時間以上の長時間バッテリー駆動
おすすめ
ポイント
7

高精細フルHD Webカメラ、デュアルマイク

ノイズ除去機能を施したフルHD Webカメラを搭載。
マイクも内蔵なので、オンラインコミュニケーションでの印象アップ間違いなしです。

高精細フルHD Webカメラ、デュアルマイク
おすすめ
ポイント
8

セキュリティもバッチリ!素早く安全にログイン指紋認証

指紋認証センサーを標準搭載。なりすましログインを防げて、マスクをしていてもスピーディーにロック解除できます。
さらに瞬時にカメラをOFFにできるシャッタードアに、ワンタッチで音声をOFFにできるミュートボタンも搭載。

セキュリティもバッチリ!素早く安全にログイン指紋認証
おすすめ
ポイント
9

高速通信が可能、最新のWi-Fi規格 Wi-fi 6

無線LANモジュールには高速、安定、低遅延、省電力のWi-Fi 6を搭載。前世代と比べて約1.4倍も高速、1通信で複数へ同時に届くので、混雑にも強い!これまで以上に快適なインターネットライフが楽しめます。

高速通信が可能、最新のWi-Fi規格 Wi-fi 6
おすすめ
ポイント
10

なんと!Bluetoothマウス同梱

USBポートを使用することなく使える、ワイヤレスBluetoothマウスを同梱しています。
ノートパソコン+マウスで操作快適!

なんと!Bluetoothマウス同梱

コスパ最強
家庭用14型ノートパソコン

14型ノートPCは、やや大きめの14型液晶を搭載し、
15型ノートPCよりもコンパクトで扱いやすく、
13型のモバイルノートPCよりも
価格が安いという特徴があります。
宅内兼時々持ち出しても使用したい場合など、
1台を幅広く使用したい方におすすめです。

HP 14-em

HP 14-em HP 14-em

コスパ最強
家庭用15型ノートパソコン

15.6型ノートPCは、大きな画面で作業がしやすいです。ほぼ据え置きで使用する方や、
宅内でのみ移動するような使い方に適しています。

HP 15-fc

HP 15-fc HP 15-fc

HP Directplusのおすすめキャンペーン

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

購入前にご希望製品の納期の問い合わせをする際は、ご希望製品で見積を取得の上、受付番号を控えてご連絡をお願いします。
見積の取得方法については、こちらをご覧ください。

お見積・購入のご相談

個人のお客様
0120-111-238
受付時間:
月曜日~日曜日 9:00~18:00
休業日:
祝日・年末年始
法人のお客様
0120-830-130
教育/自治体/医療/研究機関(公共機関)のお客様
0120-703-203
受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~18:00
休業日:
土曜、日曜、祝日、年末年始

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ

0120-436-555

受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~18:00

(土曜、日曜、祝日、5月1日、年末年始など、日本HP指定の休業日を除く)

ご購入後のご質問と修理受付

製品・技術的なご質問や修理に関するお問い合わせ窓口

≫ よくあるご質問とサポート関連情報

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※本ページに掲載される情報は、予告や周知なく変更となる場合があります。
  • ※オーバークロックツールを使用するには、ソフトウェア使用許諾契約書(EULA)に同意する必要があります。クロック周波数ならびに電圧、その両者もしくはいずれか一方の変更は、(1) システムの安定、ならびにシステムやプロセッサー、その他システム・コンポーネントのライフサイクルの減少、(2) プロセッサーやその他システム・コンポーネントのエラー、(3) システムのパフォーマンスの低減、(4) システムやシステム・コンポーネントの高温化やその他のダメージ、(5) システムデータの統一性に影響を与える可能性があります。HPとインテル社は、仕様を超えたプロセッサーの動作についてはテストをしておらず、保証をしません。HPとインテル社は、システムやシステム・コンポーネントについて業界基準の仕様を超えた動作についてはテストをしておらず、保証をしません。HPとインテル社は、プロセッサーならびにその他のシステム・コンポーネントについて、クロック周波数と電圧、その両者もしくはいずれか一方を変更して使用した場合を含み、特定の使用用途に適合するという責任を負いません。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。