OPG社 - HP Latexプリンター

“ 他のレストランとはまったく違う魅力的な内装です。これは、私ではなく当店を訪れたお客様の評価です。”

- Cafe Eataliano社、オーナー、Manio Loia氏

OPG社:メインイメージ

OPG社、HP Latexプリンティングテクノロジーを使用して、レストランの内装に魅力的なグラフィックスを提供

課題

課題

2008年の経済不況の中、OPG社はサービスを強化するソリューションを模索していました。

ソリューション

ソリューション

HP Latex 260プリンターを追加することでHP Latexプリンティングテクノロジーを利用できるようになったOPG社は、内装グラフィックスをサービスに追加して収益を増加させることができました。

さらに、HP 水糊付きディスプレイペーパーを利用してサービスを拡大させたOPG社は、最短の納期でカスタマイズ可能なウォールペーパーを実現できました。

OPG社のスタッフはHP EcoSolutionsトレーニングプログラムに参加することにより、HP Latexプリンティングテクノロジーの機能をフル活用できるようになりました。

成果

OPG社:成果

OPG社はHP Latex水性インクとHP 水糊付きディスプレイペーパーを利用し、短納期で優れた内装をクライアントのCafe Eataliano社に提供しました。

OPG社のスタッフは、環境マネジメントシステムのIS014001認証を受け、環境にやさしいサービスプロバイダーとしての企業のステータスをさらに堅固なものにしています。

OPG社 導入事例の全文はこちら[英語] (PDF:1.03MB)

HP Latexプリンティングに関するその他の情報

多くの顧客事例

より多くの顧客事例

各地のプリントサービスプロバイダーは、HP Latexテクノロジーを活用することで新しい機能を獲得し、柔軟性を向上させ、創造力を高めてさらなる成功を収めています。

アプリケーション

HP Latexプリンター
多彩なアプリケーション

車両グラフィックから、魅力的な屋外向けディスプレイ、テキスタイルなど、HP Latexソリューションは幅広い用途に対応し、お客様のビジネスの可能性を拡大します。

HP Latexプリンターアプリケーションの詳細

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※「Google」、「Android」および「Android ロゴ」は、Google Inc.の商標または登録商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。ご購入の際には別途配送料がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には消費税は含まれておりません。ご購入の際には別途消費税がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。