検索

HP Jet Fusion 4200 3D プリンティングソリューション

 

HP Jet Fusion 4200
産業レベルの 3D プリンティングソリューション

産業用3Dプリンティングソリューションで
生産性とコストを最適化しながら、高品質の部品を生産

産業用3Dプリンターによるプロトタイプ(試作)や最終パーツの生産

高品質で機能的なパーツ

高品質で機能的なパーツ

  • 機能的なプロトタイプ(試作)と短期生産に最適。
  • クラス最高の等方性で、予測可能な造形時間とパーツを実現。
  • 高度なカスタムプリントモードにより、製品本体、各機能、プロパティ、精度、速度の調整が可能。
最適化された生産性

最適化された生産性

  • 連続プリンティング1で一日あたりの生産量が増加。
  • 密閉空間での有害物質を含まない材料の混合を自動化し、よりクリーンな製造2を実現。
  • 世界最高クラスのHP Jet Fusion 3Dソリューションサービスで、稼働時間と生産性を最大化。
コストの最適化

コストの最適化

  • 製造コストを削減し、短期生産を可能に。
  • 価格競争力のある3Dプリンティングソリューションへの投資が、低コストなパーツ生産を実現。
  • 業界トップの再利用性3を提供するコスト効率の高い材料で、コストとパーツ品質を最適化。

HP Jet Fusion 4200 3Dプリンティングソリューション

HP Jet Fusion 4200 3Dプリンターおよび高速冷却機能付き
プロセッシングステーション

HP Jet Fusion 4200
3Dプリンティングソリューション一式

  • 6
    HP 3D High Reusability PA 11

    HP 3D High Reusability
    PA 117

    延性8のある高品質なパーツの生産に最適

  • HP 3D High Reusability PA 12

    HP 3D High Reusability
    PA 129

    低コストで剛性に優れた高品質パーツ10
    の生産に最適

  • 11
    HP 3D High Reusability PA 12 GB

    HP 3D High Reusability
    PA 12 GB12

    低コスト、高密度、高品質なパーツ

Guyson MultiBlast3D

外観部品等には染色仕上げを推奨します。
染色仕上げには専用の後処理ソリューションが必要です。

詳しくは、HP正規代理店までお問い合わせください。

業界をリードする統合ソリューション

Autodesk® Netfabb®
HP Workspace搭載の
Autodesk® Netfabb®

アディティブマニュファクチャリング(付加価値造形)をサポートする高度なソフトウェアです。 品質管理機能により、3Dプリントのエラーを防ぎ、プロセス全体の信頼性と効率性を向上します。
 

詳しくはこちら
Materialise Build Processor
HP Multi Jet Fusion対応
Materialise Build Processor

プロ仕様の3Dプリントを実現する業界標準ソフトウェア。HP Multi Jet Fusionの機能を十分に生かすため、Materialise MagicsとMaterialise Build Processorを組み合わせ、HP 3Dプリンターの可能性をフルに引き出し、造形プロセス全体を管理します。

詳しくはこちら
Siemens NX AM
HP Multi Jet Fusion対応
Siemens NX AM

HP Multi Jet Fusion対応Siemens NX AM モジュールは、HP Multi Jet Fusionのためのデザイン、造形最適化、シミュレーション、造形準備、プロセス管理を最小限のステップで可能にします。
 

詳しくはこちら
HP 3D Center
HP 3D Center

リモートのリアルタイムモニタリング、予防保全情報、過去の造形データ分析を提供するソフトウェアで、オペレーションを追跡、管理、最適化します。

詳しくはこちら
HP SmartStream 3D Build Manager
HP SmartStream 3D Build Manager

造形準備に必要なすべての要素を備えており、すばやく簡単にプリンティングジョブを準備できます。

HP Jet Fusion 3Dソリューションサービス

HP Jet Fusion 3Dプリンター ソリューションサービス

保守サービスや製品ライフサイクルサポート、
高度なトレーニングでビジネスを支援し、
高い稼働時間と高速、効率的な3Dプリンティングを実現。

詳しくは、HP正規代理店までお問い合わせください。

お客様の声

  • “Multi Jet Fusion(MJF)は、生産、パーツの造形数量、等方性の面で当社に大きな前進をもたらしました。
    当社は、MFJテクノロジーとの未来に大きな可能性を感じています。
    当社がMFJテクノロジーを採用したことで、まったく新しい可能性を切り拓くことができます。”

    Bowman International社 アディティブマニュファクチャリング責任者
    Jacob Turner

  • “中国に新設したデジタルマニュファクチャリングセンターにHPのMJFテクノロジーを導入したことで、
    お客様のもとにコスト効率の高い最終パーツを、より早く届けることができました。”

    中国3Dプリント技術産業連盟 エグゼクティブディレクター兼Guangdong Lanwan Intelligence Technology社 社長
    Luo Jun

  • “HPの3Dプリンティングテクノロジーは、従来の製造プロセスと競争力のあるスピードと品質レベルで
    パーツを生産できる世界有数の技術です。
    この技術は、Jabil社と製造業全体のどちらにも多大な変革をもたらしました。”

    Jabil社 デジタルマニュファクチャリング担当バイスプレジデント
    John Dulchinos

  • “HPのMulti Jet Fusion(MJF)テクノロジーにより、需要に応じたスピードでパーツを造形できます。
    他社の技術では1個のパーツを造形するのに12時間かかるところを、
    MJFだと同じ造形時間で100個のパーツを生産できます。”

    FICEP S3社 CEO
    Nuno Neves

  • 1. 連続プリントには、追加のHP Jet Fusion 3D Build Unit(標準のプリンター構成には、HP Jet Fusion 3D Build Unitが1台含まれています)が必要です。
  • 2. 他のパウダーベースのテクノロジーによって使用された手動の造形準備プロセスと比較しました。「cleaner(クリーン)」という意味は、屋内の空気品質要件を示すものではなく、適用される空気品質規制やテストを考慮したものではありません。 HPのパウダーおよびエージェントは、規制(EC)1272/2008(改正を含む)に準じた有害物質の分類基準に適合しません。
  • 3.「HP 3D High Reusability PA11/PA 12」を使用して推奨パッキング密度で製造した場合、粉末焼結積層造形法(SLS)テクノロジーと比較し、業界トップの余剰粉末再使用率を達成。機械的性能を損なうことなく、優れた再利用率を実現。ASTM D638、ASTM D256、ASTM D790、ASTM D648に従い、3Dスキャナを用いてテスト。テストのモニタリングには、統計的プロセス制御を使用。
  • 4. 高度なデータ機能については将来的に料金が発生する可能性があります。
  • 5. 連続プリントには、追加のHP Jet Fusion 3D Build Unit(標準のプリンター構成には、HP Jet Fusion 3D Build Unitが1台含まれています)が必要です。
  • 6. HP 3D High Reusability PA 11の画像データ提供:NACAR
  • 7. HP 3D High Reusability PA 11を使用したHP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションは、造形後の余剰パウダー再利用性が最大70%で、バッチ単位で機能的なパーツを生産します。テストのため、材料は実際のプリント条件で使用回数が計測され、パウダーは型ごとに追跡されます (リサイクル可能性が最悪の場合)。その後、パーツはそれぞれの型から作成され、機械的特性と精度がテストされます。
  • 8. 3Dスキャナーで異なる負荷をかけ、HDTを使用してASTM D638、ASTM D256およびASTM D648に従って寸法の安定性をテストしています。テストは、統計プロセス制御を使用して監視されました。
  • 9. HP 3D High Reusability CB PA 12を使用したHP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションは、造形後の余剰パウダー再利用性が最大80%で、バッチ単位で機能的なパーツを生産します。テストのため、材料は実際の造形条件で使用回数が計測され、パウダーは型ごとに追跡されます (リサイクル可能性が最悪の場合)。その後、パーツはそれぞれの型から作成され、機械的特性と精度がテストされます。
  • 10. 消耗品の価格とメンテナンスコストはメーカー推奨。コスト基準: HP 3D High Reusability PA 12材料とともに、メーカー推奨のパウダー再利用率を使用し、高速プリントモードで、10%の充填密度で、30cm3のパーツを1年間にわたり、1日あたり1.4造形チャンバー/週5日を、特定のビルド条件とパーツ形状で造形。
  • 11. HP 3D High Reusability PA 12 GBの画像データ提供:NACAR
  • 12. HP 3D High Reusability PA 12 Glass Beadsを使用したHP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションは、造形後の余剰パウダー再利用性が最大70%で、バッチ単位で機能的なパーツを生産します。テストのため、材料は実際の造形条件で使用回数が計測され、パウダーは型ごとに追跡されます (リサイクル可能性が最悪の場合)。その後、パーツはそれぞれの型から作成され、機械的特性と精度がテストされます。
  • 13. ESTANE R 3D TPU M95Aの画像データ提供:HP-Lubrizol
  • 14. 一般向け販売は2020年開始予定。
  • 15. HP 3Dプリンターソリューションの販売を規定する取引条件は、書面の販売契約書に規定された条件のみです。HP製品およびサービスの保証は、該当する製品およびサービスの明示的な保証書に規定されているもののみです。本書の内容は、追加の保証および追加の拘束力のある取引条件を構成するものとして解釈されるものではありません。HPは、本書に含まれる技術的または編集上の誤りまたは脱落について一切責任を負いません。本書の情報は予告なく変更されることがあります。HP Jet Fusion 3D素材の認定は、法的な要件を準拠することを目的に、HPによって設計、製造またはテストされていません。ユーザーは、直接または間接的に食品と接触する用途を含め、それらに限定されず、目的に対するVESTOSINTR 3D Z2773の適合性に関しては、各自で判断を下す責任があります。
  • 16. 詳細は、hp.com/go/biocompatibilitycertificate/PA11およびhp.com/go/biocompatibilitycertificate/PA12をご覧ください。

close
  • ※動画は海外仕様のものです。
close

生体適合性16

HP 3D High Reusability PA 11は、HP 3D600/3D700/3D710フュージングおよびディテーリングエージェントとともに、USP Class I-VIおよびIntact Skin Surface DevicesのUS FDAのガイドラインの要件を満たしています。
この結論は、使用された以下のテストとガイドラインに基づいています。

  • 1.細胞毒性 ISO 10993-5、Biological evaluation of medical devices-part 5: Tests for in vitro cytotoxicity
  • 2.刺激性および感作性 ― ISO 10993-10、Biological evaluation of medical devices-part 10: Tests for irritation and skin sensitization
  • 3.急性全身毒性― ISO 10993-11、Biological evaluation of medical devices-Part 11: Testsfor systemic toxicity
  • 4.筋肉内埋植 ― USP、General Chapter<88>、Biological Reactivity Tests、In vivo-Muscle implantation
close

認証による安心感の提供

HP 3D High Reusability PA 12は、数多くの重要な認証に準拠しています。健康と安全性に関する規制に従った熱可塑性プラスチックでパーツを製造できることから、安心感をご提供します。

  • 生体適合性16
    HP 3D High Reusability PA 12 は、HP 3D600/3D700フュージングおよびディテーリングエージェントとともに、USP Class I-VIおよびIntact Skin Surface DevicesのUS FDAのガイドラインの要件を満たしています。この結論は、使用された以下のテストとガイドラインに基づいています。1. USP Class I-VI、刺激性、急性全身毒性、埋植を含む2. 細胞毒性 ISO 10993-5、 Biological evaluation of medical devices-part 5: Tests for in vitro cytotoxicity、および3. 感作 ISO 10993-10、 Biological evaluation of medical devices-part 10: Tests for irritation and skin sensitization
  • REACH
    HP 3D High Reusability PA 12はREACH準拠です。REACH (Registration, Evaluation, Authorization, and Restriction of Chemicals)は、欧州連合の規制で、化学物質によるリスクに対し人体の健康と環境の保護を改善するために導入されました。
  • RoHS
    HP 3D High Reusability PA 12 は、RoHS準拠です。RoHS指令は、電子および電気機器で一般に使用されている特定の危険物質を制限することを目的としています。RoHS準拠のコンポーネントはすべて、鉛 (Pb)、カドミウム (Cd)、水銀 (Hg)、六価クロム(Hex-Cr)、ポリ臭化ビフェニル (PBB) およびポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE) の存在がテストされています。
  • PAHs(EU REACH)
    HP 3D600/700エージェントとHP 3D HR PA 12を使用してHP 3Dプリンターで造形されたパーツは、PAHについてテスト済みです。以下に示すPAHは、GC/MSを使用した分析で、検出制限の1ppb未満でした。
    ・ナフタレン、アセナフレチン、アセナフテン、フルオレン、フェナントレン、アントラセン、フルオランテン、ピレン、ベンゾ[c]フェナントレン、ベンゾ[a]アントラセン、クリセン、ベンゾ[b]フルオランテン、ベンゾ[k]フルオランテン、ベンゾ[j]フルオランテン、ベンゾ[a]ピレン、ベンゾ[e]ピレン、3-メチルコラントレン、ベンゾ[a,h]アントラセン、インデノ[1,2,3-cd]ピレン、ベンゾ[g,h,i]ペリレン
  • UL 94およびUL 746A認証
    HP 3D High Reusability PA 12 Glass Beadsは、HP 3D600/3D700/3D710フュージング および ディテーリングエージェントとともに、UL 94規格(Standard for Safety of Flammability of Plastic Materials for Parts in Devices and Appliances testing)およびUL 746A規格(Standard for Polymeric Materials to measure Short Term Property Evaluations)に基づきULにより認証され、それに対応してUL Plastics for Additive Manufacturing 認証(ブルーカード)がUL IQ™ データベース上に登録されています。
  • Statement of Composition for Toy Applications
    HP 3D High Reusability PA 12 は、HP 3D600/3D700/3D710 フュージング および ディテーリングエージェントとともに、Statement of Composition for Toy Applications に適合しています。
close

UL 94 and UL 746A ertification

HP 3D High Reusability PA 12 Glass Beads with HP 3D600/3D700/3D710 Fusing and Detailing Agents has been certified by UL according to the UL 94 Standard for Safety of Flammability of Plastic Materials for Parts in Devices and Appliances testing and the UL 746A Standard for Polymeric Materials to measure Short Term Property Evaluations、and has obtained the corresponding UL Plastics for Additive Manufacturing Certificate (Blue Card)、currently published on the UL IQ™ database.

close