TRIPLE EIGHT RACE ENGINEERINGは、MULTI JET FUSIONテクノロジーで製造を加速化

Triple Eight Race Engineering

お客様の概要

Red Bull Holden Racing Team としても知られるTriple Eight Race Engineeringは、オーストラリアのプレミアモータースポーツに分類されるヴァージン・オーストラリア・スーパーカー・チャンピオンシップに出場するオーストラリアのモーターレーシングチームです。

英国で1996年にチームが結成され、2003年9月にオーストラリアV8スーパーカーシリーズに参戦し、Briggs Motor Sportを買収するまでは、イギリスツーリングカー選手権でボクスホールモータースのプログラムを実施していました。

Triple Eightは自社で使用する車の製造だけでなく、他のチーム用の車も製造し、他のレーシングチームの車両コンポーネントの技術サポートや製造も行っています。

課題

モータースポーツのパーツは、摂氏60度以上にもなる車内部の高温に耐えられる必要があります。レース中の車のスピードは時速300kmを上回り、重力の2.5倍もの重力加速度が生まれます。そのため、パーツも構造的に目的に沿ったものでなければならず、オートレース中の振動に耐えるだけの構造と耐久性を備えている必要があります。

時間や予算面の制約により、Triple Eightには質の高いパーツを製造する選択肢がほとんどありませんでした。HP Multi Jet Fusion (MJF)テクノロジーを知る前は、CNC加工でステアリングホイールのグリップの成形にアルミニウムツーリングを作るという選択肢しかありませんでしたが、このテクノロジーはレベルでは要件が満たせず、後処理の工程も多いことから、別のソリューションを探していました。

フォームに記入後、導入事例完全版をダウンロードして、Triple Eight Race Engineeringが3Dプリンティングソリューション企業とHPのパートナーEVOK3Dとの協働で、どのようにHP Multi Jet Fusionテクノロジーを活用して、レーシングカーのステアリングホイールの3つの主要ピースを製造したかをご覧ください。

資料(英語)をダウンロードする