HPの3DプリンティングがCUPRAのレーシングカーLéon Competiciónの開発に貢献

CUPRA

お客様の概要

スペイン・バルセロナ郊外に拠点を置くSEAT社は、1950年の創業以来、スペインで自動車の設計、開発、製造、販売を行う唯一の企業です。CUPRAはSEAT社内の独立ブランドであり、2018年から魅力的なデザインと性能を誇る自動車やレースカーを製造しています。

HP Multi Jet Fusionで試作と最終製品の製造を実現

新たなレーシングカー、CUPRA Léon Competiciónのコンセプトの段階で、CUPRAはサイドミラーやエアーベント、ステアリングホイールの中央制御モジュールといった軽量部品のプロトタイプを迅速に製造するという課題に直面していました。そこでCUPRAはHP Multi Jet Fusionテクノロジーを搭載したHP Jet Fusion 5200シリーズ3Dプリンティングソリューションを導入し、設計のイテレーションを迅速に行い、設計のテストを実施し、短期間で最終製品まで製造ずることができました。CUPRA Racingの技術開発部門を率いるXavi Serra氏によれば、HP Multi Jet Fusionテクノロジーのおかげで、CUPRAは複数の部品をオンデマンドで製造し、設計テストを行えたとのことです。「このテクノロジーのおかげで車両開発を並行して行えるため、設計工程での変更に迅速に対応できるようになりました。」