電話で購入相談
0120-830-130

モニター利用シーン オフィスユース

オフィスユース

オフィスユース

すべてのスタッフに快適さと利便性を

一口にオフィスワーカーといっても、その仕事内容や働き方はさまざま。
職種や働くスタイルによってパフォーマンスを発揮しやすいディスプレイを選びましょう。

  • スタンダードユーザー
    (内勤営業・一般事務など)
  • ヘビーユーザー
    (設計・経理など)
  • スクエアモニター利用者
    (コールセンターなど)
  • ノートパソコン利用者
    (外勤営業など)

「基本性能とプライスパフォーマンス」でチョイス

スタンダードユーザー(内勤営業・一般事務など)向けモニター

選定ポイント1 選定ポイント1

ビジネスに必要な基本性能

鮮明な画質と見やすさ、高速応答に加え、ブルーライト軽減機能・フリッカーフリー(ちらつき防止)機能で、長時間の業務をサポートします。

選定ポイント2 選定ポイント2

プライスパフォーマンス

必要十分な機能が揃って、1台1万円台からという導入しやすい価格でお求めいただけます。

スタンダードユーザーにおすすめのディスプレイはこちら

HP 23.8インチワイド
IPSモニター N246v

さらにコストパフォーマンスを追求した
エントリー向けディスプレイ・モニターNシリーズ登場

接続ポート

製品情報はこちら

HP ProDisplay 23.8インチワイド
P244

様々なビジネススタイルに柔軟に対応する
最もフレキシブルな23.8インチモニター

接続ポート

製品情報はこちら

HP ProDisplay 21.5インチワイド
P224

様々なビジネススタイルに柔軟に対応する
最もフレキシブルな21.5インチモニター

接続ポート

製品情報はこちら

長時間利用と作業効率を最大限に考慮した
ハイパフォーマンスモニターを

ヘビーユーザー(設計・経理など)向けモニター

選定ポイント1 選定ポイント1

大型ワイド画面

作業エリアを広く見渡せる大型ワイド画面なら、スプレッドシートの編集もらくらく。

選定ポイント2 選定ポイント2

マルチモニター対応

モニターを2枚並べてもシームレスに閲覧できる狭額縁タイプがおすすめです。

選定ポイント3 選定ポイント3

長時間作業でも疲れにくい

無理のない姿勢で作業ができる高さ調節機能に加え、ブルーライト軽減機能・フリッカーフリー(ちらつき防止)機能で、長時間の業務をサポートします。

共有スペースにおすすめのディスプレイはこちら

HP EliteDisplay 23.8インチワイド
ドッキングモニター E243d

USB-C™ 接続でノートPCや超小型PCに給電可能な
ハイエンド23.8インチモニター

接続ポート

製品情報はこちら

HP EliteDisplay 23インチワイド
IPSモニター E233

人間工学に基づく設計により長時間利用における
生産性を最大化するパフォーマンス ディスプレイ・モニター

接続ポート

製品情報はこちら

HP EliteDisplay 21.5インチワイド
IPSモニター E223

各種調節機能で誰にでもFitし、主要なポートとケーブルを
全てサポートする最も使いやすい21.5インチモニター

接続ポート

製品情報はこちら

限られた空間を有効利用するために
「省スペース」にこだわって

スクエアモニター利用者(コールセンターなど)向けモニター

選定ポイント 選定ポイント

スクエア画面

幅をとらないスクエア型モニターなら、コールセンターなどのコンパクトな作業スペースにもフィット。

スクエアモニター利用者におすすめのディスプレイはこちら

HP EliteDisplay 18.9インチ
IPSモニター E190i

IPSパネルを搭載したビジネスニーズの高い
スクエア ディスプレイ・モニター

接続ポート

製品情報はこちら

HP ProDisplay
19インチモニター P19A

白色LED採用の省電力設計、高いコストパフォーマンスを
実現した19インチ ディスプレイ・モニター

接続ポート

製品情報はこちら

HP ProDisplay
17インチスクエアモニター P174

高いコストパフォーマンスと省電力性を追求した
17インチスクエアモニターが新しくなって登場

接続ポート

製品情報はこちら

ノートパソコンに必須のサブモニターを選ぶポイントは?

ノートパソコン利用者(外勤営業など)向けモニター

選定ポイント 選定ポイント

ノートパソコンと接続できるポートがあるか

従来型のノートパソコンにはUSBやHDMIが、薄型ノートPCにはUSB-C、DisplayPortなどの小さなポートが採用されています。
「購入したのに接続できなかった」ということのないよう、使用しているノートパソコンと同じ規格のポートのあるディスプレイを選びましょう。

現在使用されている主なポート(端子)の種類

  • USB 3.0
    USB3.0

    従来のUSB2.0よりもデータ転送速度が速く、電力供給量が多い。接続口は青色の場合がほとんど

  • USB-C

    スマートフォンや薄型ノートパソコンで採用されている。データの高速転送や電力供給も可能

  • DisplayPort

    ビジネス・プロフェッショナル用液晶ディスプレイモニターなどで採用。複数モニターの直列接続や、HDMI変換などが可能

  • HDMI

    デジタル放送対応テレビなど家電に多く採用されている。デジタルで映像と音声の信号を転送する
     

ノートパソコン利用者におすすめのディスプレイはこちら

HP EliteDisplay 23.8インチワイド
ドッキングモニター E243d

USB-C™ 接続でノートPCや超小型PCに給電可能な
ハイエンド23.8インチモニター

接続ポート

製品情報はこちら

HP Value 27インチワイド
IPSモニター V270

大画面で生産性が高く、広角での色再現性の高い
27インチIPS ディスプレイ・モニター

接続ポート

製品情報はこちら

HP EliteDisplay 14インチ
モバイルディスプレイ S14

電源不要で持ち運べるディスプレイ
対面業務や在宅勤務の効率化に貢献

接続ポート

製品情報はこちら

お知らせ・キャンペーン

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

購入前にご希望製品の納期の問い合わせをする際は、ご希望製品で見積を取得の上、受付番号を控えてご連絡をお願いします。
見積の取得方法については、こちらをご覧ください。

お見積・購入のご相談

法人のお客様
0120-830-130
官公庁、教育/研究機関、医療機関のお客様
0120-703-203

≫ 個人(フリーランス)のお客様はこちら

受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00
(土・日曜日、祝日、年末年始 お休み)

複数台をご検討中のお客様は是非ご連絡下さい。担当のスタッフが対応させて頂きます。

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ

0120-436-555

受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00
土曜日 10:00~17:00
(日曜日、祝日、年末年始 お休み)

ご購入後のご質問と修理受付

法人向け製品:お電話でのお問い合わせ/修理保証のご案内窓口

≫ よくあるご質問とサポート関連情報

販売店モデル:
全国のHP 販売店にてお取扱いしております。HP販売店検索はこちら
ダイレクトモデル:
オンラインストアコールセンターKIOSK (店舗リスト) でのお取り扱いです。
  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料、消費税は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。