HP AIチャネル

HP Tech & Device TV が送る、AIやデータサイエンスに関するWebinarチャネルです。AIやデータサイエンス分野で活躍するHPのAI関連のパートナー様をお招きし、トレンドや最前線におけるAIの活用例、AI活用によるビジネスの発展などをご紹介いたします。最新情報を30分程度にまとめたコンパクトな内容となっていますので是非ご覧ください。気になる内容、ご質問、ご要望などがございましたらサイト内に設置したお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

img

データの利活用がビジネスの最重要課題となっている昨今、その鍵を握るデータサイエンティストが注目されています。
データサイエンティストは数学や統計学、機械学習やディープラーニングなどAI関連のITスキルを駆使し、ビジネスの課題解決や高度な意思決定に寄与するプロフェッショナルです。
HP AIチャネルはデータサイエンスに関わる方々に向け、AI活用をビジネスで実践している企業のナマの声を動画でお届けしています。

こんな人にオススメ

  • データサイエンティストとして知識を深めたい
  • 他社事例からビジネスのヒントを得たい
  • AI、データサイエンスの最前線を知りたい

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

MOBILOUS 紙文書DX スマ箋 AI戦略 モビラスとスマ箋のご紹介

モビラス株式会社 代表取締役 宮田明氏

紙書類の電子化を推進するスマ箋。音声認識、ストローク認識、手書きOCR認識の3つの機能を用い、紙文書のデジタル化を推進するための技術を紹介いたします。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

製造現場で外観検査をAIで自動化するポイント

株式会社アラヤ 事業戦略室 リーダー 大江謙太郎氏

外観検査の自動化が進みつつありますが、一方でどうしても機械化・自動化ができずに、人の目による目視の検査が残っている工程もあるのではないでしょうか。今回は外観検査をAIで自動化するポイントを3つご紹介いたします。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

MMEye Box 外観検査(分類)を行う判別モデル作成デモ

株式会社YE DIGITAL

MMEye Boxを用いた外観検査システムの導入イメージについて説明いたします。こちらの動画では、クッキーの5種類の判別モデルを作成するデモンストレーションを行います。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

すぐに導入可能なAI・データサイエンスソリューションのご紹介

株式会社 日本HP ビジネスデベロップメントマネージャー 新井 信勝

AI用途の学習やエッジ推論用によくお使いいただく、HP製品のラインナップと特長をご紹介します。また、昨今高まっているテレワークのニーズにも最適な、リモートソリューションについてご説明します。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

gLupe(ジールーペ)製品説明資料

株式会社システム計画研究所 事業本部 第2セグメント マネージャ 井上 忠治氏

製造業における、製品の外観検査に特化したソフトウェア「gLupe」をご紹介します。独自の高性能エンジンにより少量データの学習で不良検出が可能となり、Deep Learningの知識があまりない方でも使用できる、簡単操作を実現しております。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

ニューノーマルが加速するAIとHPの取り組み

株式会社 日本HP 専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括 九嶋 俊一

未来を形作るメガトレンドを理解しイノベーションをリードするために、AI活用あたってニューノーマル時代に安心して生産性を高めるための取り組みをご紹介いたします。
(2021年1月THE AI Webinarにて配信)

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

AI・データサイエンスを効率化するHPワークステーション

株式会社 日本HP ビジネスデベロップメントマネージャー 新井 信勝
 

HPワークステーションの特徴と活用事例から、AIで活用するメリットとどんな効率化が可能か、活用シーンごとの推奨構成などをご紹介いたします。
(2021年1月THE AI Webinarにて配信)

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

HP ZワークステーションとNVIDIA GPU でデータ サイエンスをレベルアップ

Rist/Kaggle GrandMaster 大越拓実氏/Kaggle GrandMaster 哈启燊氏/エヌビディア 田中秀明氏/エヌビディア 佐々木邦暢氏/日本HP 新井信勝

Kaggle Grandmasterの大越拓実氏、哈启燊氏をお迎えして、データサイエンティスト向けてのヒントとなるお話しいただきます。
(2020年12月10日NVIDIA Webinarにて配信)

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

産学連携のデータ活用プロジェクトから見る、データサイエンスの課題と解決策

滋賀大学教授 田中勝也氏/ドコモ・インサイトマーケティング 田村隆太郎氏/レッジ 高橋忠弥氏/日本HP 新井信勝

滋賀大学のデータサイエンスの知見と、ドコモ・インサイトマーケティングのビッグデータを活用した産学連携プロジェクトの実際とデータサイエンスの環境についてお話します。
(2020年11月13日Ledge.ai Webinarにて配信)

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

AI開発まるわかり!開発現場の悲鳴とソリューション

システム計画研究所 久野祐輔氏/システム計画研究所 渡瀬智史氏/レッジ 高橋忠弥氏/日本HP 新井信勝

自社のAI開発環境の課題から開発したツール「Maison」を提供するISPがAI開発環境の課題の解決策についてお話します。
(2020年11月11日Ledge.ai Webinarにて配信)

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

アフターコロナに向けてAI診断の課題と解決できること

株式会社AIメディカルサービス 代表取締役 CEO 多田智裕氏
 

COVID-19によって大きなインパクトを受けている「医療業界」で、株式会社AIメディカルサービスの事業戦略と、アフターコロナへ向けた今後の展望について、同社の代表取締役CEOがお話ししております。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

画像・動画を用いたAIシステム開発プロジェクトのご紹介

株式会社システム計画研究所 事業本部 第2セグメント マネージャ 井上 忠治氏

カメラから取得した画像や映像をAIで解析することで、業務を自動化した実績をご紹介します。製品の外観検査、監視カメラからの異常検知、ロボットの目の役割、スポーツ映像解析など、様々な実績がございます。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

AIシステム構築におけるハードウェア選定のポイント

株式会社 日本HP ソリューションビジネス部 ビジネスデベロップメントマネージャ 新井 信勝

AIシステムを構築し導入を成功させるために大事なハードウエアの選定。用途に合わせてコストパフォーマンスに優れた選択を行うための、チェックポイントをご説明いたします。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

OPTiM「世界一AIを実用化する企業、OPTiMが目指すwithコロナ時代のDX」

株式会社オプティム 経営企画本部 ディレクター 山本大佑氏

東証一部を超えたGAFAM時価総額、レイオフに踏み切るUber/Airbnb。コロナ影響に伴い、ITに求められることが何なのか?テレワーク・3密回避・初診解禁オンライン診療の観点からwithコロナ時代のDX事業の在り方についてお届けします。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

NVIDIA「AI革命を次のステージへ導くNVIDIAの最新GPU戦略」
 

NVIDIA シニア ソリューション アーキテクト 佐々木邦暢氏

AI活用にあたって、データサイエンスの重要性はさらに高まっています。エヌビディアの最新のGPUアーキテクチャと、データサイエンス ワークステーションの優れた特徴と活用事例を紹介します。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

Skylink「産業分野におけるUAV利活用と3D地理情報プラットフォーム」

WorldLink & Company 小西英明氏/京都大学連携准教授 渡辺一生氏

社会課題に対してAIやDXが推進にあたるデータ収集の手段としてドローンが注目を浴びています。高度なデータ収集の事例と、その活用のためのデータマネジメントに最適なソリューションをご紹介いたします。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

ASK「データサイエンティストの生産性を劇的に向上させるデータサイエンスソルーション」

株式会社アスクエンタープライズ営業部  鈴木信雄氏

データサイエンティストがビッグデータから分析と解析を行い有効な考察を得るまでには、膨大な試行錯誤と時間が必要です。データをリアルタイムに可視化し自在に扱うためのソリューションをご紹介いたします。

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

VINX 「機械学習プロジェクトを立ち上げてぶち当たった3つの壁」

株式会社ヴィンクス プロダクト企画部 能登一樹氏

何も知らないところから機械学習をはじめた実体験を元に、小売業向けの機械学習アプリケーション開発のリアルをお伝えします。これから機械学習を初めてみようと思っている方、これから機械学習を使ったシステムを導入しようとしている方々は必見です。

img
画期的なパフォーマンスとスケーラビリティを提供するAI・データサイエンス
開発ソリューションの詳細情報はこちらからご確認いただけます。