HP SmartStream Designer - HP Latexプリンター

制作、カスタマイズ、
融合をもたらすソリューション

閲覧者の細分化が進むにつれ、アプローチする戦略もそれに合わせる必要があります。HP SmartStream Designerを使用すれば、制作物にパーソナル要素を加えることができます。これはAdobe® InDesignのプラグインであり、既存のデータリストとジョブ資産に融合させるだけで、パーソナライズ対応キャンペーンをお使いのHP Latexプリンターで制作できるようになります。

特長を知る[英語] (PDF:885KB)

HP SmartStreamを今すぐ入手
(無償のトライアル版をダウンロード)

HP SmartStream Designer:メイン画像
デザインおよびパーソナライズ

デザインおよびパーソナライズ

HP SmartStream Designerプラグインには、お客様の印刷ワークフローを自動化して
パーソナライズするのに必要な機能が搭載されています。

  • 使いやすいインターフェイスとデザインのフル機能へのアクセス
  • 複数レイアウトの面付け、およびサイズが異なるページの自動面付け
  • HP Photo Smart FitおよびHP Photo Enhancementソフトウェアで画像修正を自動化
  • 融合可能なサードパーティ製ソリューション: DirectSmile、Adobe Photoshop®、MindFire、TEC-IT Barcode Studio/ID Automation、Adobe Illustrator、Chartz、UtilityWarrior Chart Creator
  • 最適化されたPDFおよびPDF/VT出力フォーマットをサポート

HP Latexプリンティングに関するその他の情報

HPワークフローソリューション

HPワークフローソリューション

HPは、あらゆる用途に対応するエンド to エンドのワークフローソリューションを構築するために、業界をリードする数百社ものプロバイダーと連携しています。

ソリューションをすべて見る

アプリケーション

HP Latexプリンター
多彩なアプリケーション

車両グラフィックから、魅力的な屋外向けディスプレイ、テキスタイルなど、HP Latexソリューションは幅広い用途に対応し、お客様のビジネスの可能性を拡大します。

HP Latexプリンターアプリケーションの詳細

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。