Snapfish社 海外導入事例 - HP Latexプリンター

“ HP Latexプリンティングテクノロジーにより、品質の高い製品を制作できる総合的なソリューションを獲得できました。印刷する画像はお客様にとって極めて個人的なものであるため、高品質は最も重要視されます。”

- Snapfish社、ベンダーオペレーション担当マネージャー、Bakty Motiram-Barnett氏

Snapfish社、HP Latexプリンティングテクノロジーを使用して、キャンバス印刷の大量生産を強化

課題

課題

Snapfish社ではキャンバス製品の一貫性と画質を向上させたいと考えていました。

写真印刷サービス業者である同社では、かつては別のプリンティングテクノロジーを使用するPSP(プリントサービスプロバイダー)に依頼して注文に対応していましたが、プロセスの効率化および最終製品の品質管理の向上を必要としていました。

ソリューション

ソリューション

Snapfis社は生産方法を調査し、効率的な生産スピードで高品質の印刷を一貫して提供していることから、HP Latexプリンティングテクノロジーを使用しているPSPに依頼先を限定することにしました。

詳細な調査を実施したSnapfish社は、耐久性のある素材で卓越した画像印刷と品質を実現するために、HP LatexプリンターとHP認定キャンバスを使用することにしました。

成果

Snapfish社:成果

Snapfish社はキャンバス印刷の対応量を増やし、これまでにないサイズと様式のキャンバス製品の提供を開始しました。

同社は、PSPネットワークによる生産能力を大幅に向上させました。

Snapfish社は、スタイリッシュで耐久性に優れたキャンバスを使用して、鮮明なカラーと画質を一貫させながら、キャンバス印刷のフォト製品を顧客に提供できるようになりました。

Snapfish社 導入事例の全文はこちら[英語] (PDF:266KB)

HP Latexプリンティングに関するその他の情報

多くの顧客事例

より多くの顧客事例

各地のプリントサービスプロバイダーは、HP Latexテクノロジーを活用することで新しい機能を獲得し、柔軟性を向上させ、創造力を高めてさらなる成功を収めています。

アプリケーション

HP Latexプリンター
多彩なアプリケーション

車両グラフィックから、魅力的な屋外向けディスプレイ、テキスタイルなど、HP Latexソリューションは幅広い用途に対応し、お客様のビジネスの可能性を拡大します。

HP Latexプリンターアプリケーションの詳細

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。