Reade Signs社 海外導入事例 - HP Latexプリンター

“ HP Latexインクは、当社で使用している3M製メディアの表面に完全に定着して、耐久性および品質に優れた車両ラッピングを実現します。お客様からは非常に高い評価を受けています。”

- Reade Signs社、運用担当マネージャー、Mick Chalkley氏

Reade Signs社、車両ラッピングにHP Latexプリンティングテクノロジーを採用

課題

課題

Reade Signs社では、車両ラッピング市場で勝ち抜くために、耐久性および品質に優れながら、色に一貫性があり、環境への影響が少ない商品を提供する必要がありました。

同社ではまた、生産プロセスにおいてエコソルベントインクや有害ガスを使用しないで、総合的な商品保証を提供する必要もありました。

ソリューション

ソリューション

HP Latex 260プリンターでHP Latexインクと3M™製メディアを使用して、車両ラッピングを制作しました。これは3M Performance Guaranteeプログラムで総合的に保証されます。

成果

Reade Signs社:成果

HP Latexインクは、プリンターから出力される時点で乾燥しているため脱ガスが不要であり、数日かかっていたシーリングや最終加工が数時間に短縮され、Reade Signs社の生産性が向上しました。

HP Latex 260で3M製メディアとHP Latexインクを使用しているため、3M車両ラッピングの認定パートナーであるReade Signs社は総合的な保証をお客様に提供できます。

特別な換気装置を必要としないHP Latexインクを使用することで、Reade Signs社の環境への取り組みが継続できています。

Reade Signs社 導入事例の全文はこちら[英語] (PDF:297KB)

HP Latexプリンティングに関するその他の情報

多くの顧客事例

より多くの顧客事例

各地のプリントサービスプロバイダーは、HP Latexテクノロジーを活用することで新しい機能を獲得し、柔軟性を向上させ、創造力を高めてさらなる成功を収めています。

アプリケーション

HP Latexプリンター
多彩なアプリケーション

車両グラフィックから、魅力的な屋外向けディスプレイ、テキスタイルなど、HP Latexソリューションは幅広い用途に対応し、お客様のビジネスの可能性を拡大します。

HP Latexプリンターアプリケーションの詳細

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。