株式会社ケン工業 - HP Latexプリンター

創業50年、いつの時代にもお客様のニーズに答えてきた
歴史ある企業が先を見据えて選択したのは
HP Latexプリンター

- 株式会社ケン工業

下記は、現在HP Latexプリンターを使用されている株式会社 ケン工業様から頂いたレビューです。

Latexプリンターを導入したことで従来のお仕事以外にも近々商業施設内で壁紙装飾をするお話も進んでいるそうで、さらに忙しくアクティブに活動されていく未来を感じさせていただけました。

取材にご協力いただきました阿部社長

取材にご協力いただきました阿部社長

施工したイルミネーション前で記念撮影された社員の皆様

施工したイルミネーション前で記念撮影された社員の皆様

仕事内容について

創業50年と歴史があり、道路・交通関係から車体ラッピングや商業看板、オリジナル商品を含めて顧客ニーズに対して柔軟に対応してきたことが今の信頼へと繋がっています。
最近はUR関連の仕事も多く頂いておりお蔭様で多忙を極めています。

株式会社 ケン工業
株式会社 ケン工業
株式会社 ケン工業
株式会社 ケン工業

導入背景と購入の決め手

すでにサイン出力用に国内溶剤プリンターを使用していましたが保守が切れたタイミングで次のプリンターを同じ溶剤プリンターを買うべきか検討している中でHP Latexプリンターを知りました。

デモセンターで様々な素材を持ち込みテスト印刷した結果、予想以上のメディア対応の幅広さや取り扱いやすさ、メンテナンスの容易さに感動し導入を決めました。

導入背景と購入の決め手

活躍中のHP Latexプリンター

プリンター導入後1番良いと感じた機能

オペレーション画面の扱いやすさとメディアの取り扱いが女性オペレーターでも楽に出来る点です。また速乾なのに擦過性も強いところです。

最近出力した中でこれからUR様向けに施工をする前のレイアウト図やシルバーの塩ビ粘着シートに出力された小さなステッカーを作成しましたが、文字の滲みもなく擦過性も良かったです。

プリンター導入後1番良いと感じた機能 プリンター導入後1番良いと感じた機能

塩ビ粘着シートに出力された小さなステッカー。
文字の滲みもなく擦過性も良かったです。

Latexプリンターで今後チャレンジしたいこと

まだLatexプリンターは使い始めの為、様々な素材に印刷してみたいですし、壁紙を含めたオリジナル商品も増やしていきたいですね。

Latexプリンターで今後チャレンジしたいこと

社屋内のガレージに沢山のアメリカンアイテムや製作したネオンが無数に並んでいました。

Latexプリンターで今後チャレンジしたいこと

すでに自社内スペースの壁1面に
Latexプリンターで出力した壁紙が施工してありました。

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。