Amazonギフト券5000円キャンペーン

電話で購入相談
 <個人> 0120-111-238 <法人> 0120-830-130

デスクトップパソコン長期保証セット特集

デスクトップパソコンでも長期保証は必要?仕事用途だからこそ万が一の備えを!

デスクトップパソコンに長期保証を付けるのは正解か?

デスクトップパソコンであろうと
使用頻度の高い仕事用途であれば、
必ず長期保証をオプションで付けることをおススメします。

持ち運びを前提としたノートパソコンでは故障リスクが高いことから長期保証をオプションで付ける方も多いです。逆にデスクトップパソコンは「持ち運ぶ」という物理的な故障リスクが低いことからも、最初から長期保証を検討されない方も多いですが、パソコンの故障リスクは使用頻度、使用時間とも密接に関わってきます。毎日使用する仕事用パソコンだからこそ、万が一の故障は取り返しがつかないことに繋がりかねません。
デスクトップパソコンであろうとも長期保証はセットでご購入いただくことをおススメします。

デスクトップパソコンには何年の長期保証を付けるのが正解か?

パソコンの使用予定年月にもよりますが、
予算に余裕があるならば
5年保証を付けることをおススメします。

HPのデスクトップパソコンは、Eliteシリーズは標準保証3年、HPとProシリーズは標準保証1年となっています。
ただパソコンというのは購入してから複数年使用するのが当たり前です。HP独自調査でもパソコンの買い替えサイクルは5年以上の割合が65.2%という結果が出ており、標準保証期間ではパソコンの使用期間すべてを賄うことが出来ないのです。
そのため、HPとしては出来るだけ長期の保証をおススメしています。

長期保証は都度修理よりお得か?

ご安心ください。
都度修理よりも長期保証の方が
はるかにコストパフォーマンスは高く、
お買い得なオプション製品となっています。

一般的に無料保証期間を終えた有償修理の対応は高額になりがちです。ハードディスクドライブの故障やシステムボードの故障など、1回あたり6万円を請求されることもあります。 その点、長期保証を付けていれば、有償修理と異なり、交換パーツや交換回数に関わらず、定額で修理を受けることができます。

長期保証セット
ラインアップ

お知らせ・キャンペーン

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

購入前にご希望製品の納期の問い合わせをする際は、ご希望製品で見積を取得の上、受付番号を控えてご連絡をお願いします。
見積の取得方法については、こちらをご覧ください。

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ

0120-436-555

受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~18:00、土曜日 10:00~17:00
(日曜日、祝日、年末年始 お休み)

ご購入後のご質問と修理受付

法人向け製品:お電話でのお問い合わせ/修理保証のご案内窓口

≫ よくあるご質問とサポート関連情報

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。