初夏割キャンペーン 実施中!

電話で購入相談
 <個人> 0120-111-238 <法人> 0120-830-130

Windows10移行・運用はHPがオススメな理由

Windows10導入後の運用管理にHPのソリューションを。Windows10移行・運用はHPがオススメな理由

Windows10移行後のITデバイス運用について

2020年1月14日、Windows7の延長サポートが終了する事が決定し、大急ぎで社内のITデバイスのWindows10移行を進めている担当者も多いのではないでしょうか?既にご存知だとは思いますが、Windows10移行後、IT担当者が運用していかなければいけないのは以下の2点です。

Windows10移行後のITデバイス運用
  運用懸念点 解決の方向性
OS
  • OSバージョン(半期チャネル)をどのサイクルで更新していくべきか?
  • 検証はどこまで通すべきか?
  • クライアントのWindows Updateに任せきりでよいか?
  • WSUSやSCCM等でControlすべきか?
Windows Update
WSUS
SCCM
等を活用し、ある程度コントロール
デバイス
  • デバイスのドライバー/BIOSの管理をどのように行うべきか?
  • バージョンに対応したドライバーが適用されているか?(常に最新か?)
  • OS Update前のドライバー更新やBIOS更新を、中央管理体制で実施するか? ユーザにさせるか?
  • 配布時期ごとに異なるメーカー、モデルに対して、適切なドライバーが探せるか?
  • 脆弱性に対するBug Fixパッチをどのように漏れなく適用させられるか?
基本的にユーザー側で
適宜メンテナンス大きな運用負担

特にデバイスの運用において、上記表の通り、大きな運用負荷が発生します。なぜなら、デバイスの入れ替えは、デバイス寿命や人の出入りにより、継続的に発生するため、モデルが定型化されることがないからです。ユーザー側のメンテナンスだけでは、サポートサイトの巡回やドライバの特定、個別のダウンロード作業が定常的に発生します。

HPならデバイス運用負荷を軽減できます!

HPなら各種ドライバーやBIOSのアップデートを集中管理するツールを無償でご提供!

HPならではの管理システムを使えば、ユーザー側での個別メンテナンスは軽減され、
恒常的なシステム更新が可能になります。

HP独自の管理ツール

  • HP Support Assistant
  • セルフサービス型のドライバー、ファームウェア更新ツール。オンデマンド更新、自動更新も選択可能。
  • HP Image Assistant
  • Tシステム管理者に対してWindows PCのOSイメージの品質とセキュリティの向上およびWindows10マイグレーションの支援を提供するツール。OSバージョンを指定すれば、 HP Image Assistantを起動したマシンに必要なドライバー・BIOSパッチなどをインターネットからまとめてダウンロード可能。インストールスクリプトも自動生成される。ダウンロード後、そのまま配布ツールを使って配布可能。
  • HP Softpaq Download Manager
  • デバイスモデルとOSバージョンを指定すれば、必要ドライバー・更新BIOSなどのソフトパックを一括ダウンロードすることができるツール。HP image Assistantと異なり、どの端末からでも、どのHP製モデルについてのソフトパックでもダウンロード可能。
  • HP System Software Manager
  • 必要なドライバ・更新BIOS等を配布・更新できるツール。HP Softpaq Download Managerで作ったドライバーなどを任意のフォルダに配置して、同じフォルダにSSM.EXEをコピーしておく。エンドユーザーはそのSSM.EXEを実行するだけで、ドライバーと更新BIOSのサイレントインストールが可能。管理者パスワード付きのBIOS更新にも対応。
HPならデバイス運用負荷を軽減できます!
各研究機関による脆弱性の発見に伴うドライバーの更新は増加傾向です。展開時のみだけではなく、今後は恒常的なシステム更新が必要になっていくことが予想されるため、こういった管理システムがあることはHPの強みです。

Windows10移行・運用についてもっと知りたいお客様は、担当営業またはHP Directplusコールセンターまでお問い合わせください。

0120-830-130

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00(土・日曜日、祝日、年末年始 お休み)

Windwos 7サポート終了までもう待ったなし!Windows 10に移行しなければならない3つの理由

~Windows10導入後の運用管理にHPのソリューションを~Windows10移行・運用はHPがオススメな理由

Windows10移行後のITデバイス運用について

2020年1月14日、Windows7の延長サポートが終了する事が決定し、
大急ぎで社内のITデバイスのWindows10移行を進めている担当者も多いのではないでしょうか?
既にご存知だとは思いますが、Windows10移行後、IT担当者が運用していかなければいけないのは以下の2点です。

運用フロー
  運用懸念点 解決の方向性
OS
  • OSバージョン(半期チャネル)をどのサイクルで更新していくべきか?
  • 検証はどこまで通すべきか?
  • クライアントのWindows Updateに任せきりでよいか?
  • WSUSやSCCM等でControlすべきか?
Windows Update
WSUS
SCCM
等を活用し、ある程度コントロール
デバイス
  • デバイスのドライバー/BIOSの管理をどのように行うべきか?
  • バージョンに対応したドライバーが適用されているか?(常に最新か?)
  • OS Update前のドライバー更新やBIOS更新を、中央管理体制で実施するか? ユーザにさせるか?
  • 配布時期ごとに異なるメーカー、モデルに対して、適切なドライバーが探せるか?
  • 脆弱性に対するBug Fixパッチをどのように漏れなく適用させられるか?
基本的にユーザー側で
適宜メンテナンス
特にデバイスの運用において、上記表の通り、大きな運用負荷が発生します。
なぜなら、デバイスの入れ替えは、デバイス寿命や人の出入りにより、継続的に発生するため、モデルが定型化されることがないからです。
ユーザー側のメンテナンスだけでは、サポートサイトの巡回やドライバの特定、個別のダウンロード作業が定常的に発生します。

HPならデバイス運用負荷を軽減できます!

HPなら各種ドライバーや
BIOSのアップデートを集中管理するツールを無償でご提供!
HPならではの管理システムを使えば、ユーザー側での個別メンテナンスは軽減され、
恒常的なシステム更新が可能になります。

HP独自の管理ツール

  • HP Support Assistant
  • セルフサービス型のドライバー、ファームウェア更新ツール。オンデマンド更新、自動更新も選択可能。
  • HP Image Assistant
  • ITシステム管理者に対してWindows PCのOSイメージの品質とセキュリティの向上およびWindows10マイグレーションの支援を提供するツール。OSバージョンを指定すれば、 HP Image Assistantを起動したマシンに必要なドライバー・BIOSパッチなどをインターネットからまとめてダウンロード可能。インストールスクリプトも自動生成される。ダウンロード後、そのまま配布ツールを使って配布可能。
  • HP Softpaq Download Manager
  • デバイスモデルとOSバージョンを指定すれば、必要ドライバー・更新BIOSなどのソフトパックを一括ダウンロードすることができるツール。HP image Assistantと異なり、どの端末からでも、どのHP製モデルについてのソフトパックでもダウンロード可能。
  • HP System Software Manager
  • 必要なドライバ・更新BIOS等を配布・更新できるツール。HP Softpaq Download Managerで作ったドライバーなどを任意のフォルダに配置して、同じフォルダにSSM.EXEをコピーしておく。エンドユーザーはそのSSM.EXEを実行するだけで、ドライバーと更新BIOSのサイレントインストールが可能。管理者パスワード付きのBIOS更新にも対応。
各研究機関による脆弱性の発見に伴うドライバーの更新は増加傾向です。
展開時のみだけではなく、今後は恒常的なシステム更新が必要になっていくことが予想されるため、
こういった管理システムがあることはHPの強みです。

Windows10移行・運用についてもっと知りたいお客様は、
担当営業またはHP Directplusコールセンターまでお問い合わせください。

0120-830-130

受付時間 : 月曜日~金曜日 9:00~18:00(土・日曜日、祝日、年末年始 お休み)

Windwos 7サポート終了までもう待ったなし!Windows 10に移行しなければならない3つの理由

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

購入前にご希望製品の納期の問い合わせをする際は、ご希望製品で見積を取得の上、受付番号を控えてご連絡をお願いします。
見積の取得方法については、こちらをご覧ください。

お見積・購入のご相談

受付時間:
9:00~18:00
休業日:
祝日・年末年始
法人のお客様
0120-830-130
≫ 専用オンラインストアはこちら
教育/自治体/医療/研究機関(公共機関)のお客様
0120-703-203
≫ 専用オンラインストアはこちら
受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~18:00
休業日:
土曜、日曜、祝日、年末年始

見積・資料請求等のお問い合わせはこちらのフォームでも承っております。
ご入力後、2営業日以内にHPよりご連絡させていただきます。

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ

0120-436-555

受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~18:00

(土曜、日曜、祝日、5月1日、年末年始など、日本HP指定の休業日を除く)

ご購入後のご質問と修理受付

製品・技術的なご質問や修理に関するお問い合わせ窓口

≫ よくあるご質問とサポート関連情報

  • ※Arc、Arria、Celeron、セレロン、Cyclone、eASIC、Intel Ethernet、インテル イーサネット、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Agilex、Intel Atom、インテルアトム、Intel Core、インテルコア、Intel Evo、インテル Evo、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Optane、インテル Optane、Intel vPro、インテルヴィープロ、Iris、Killer、MAX、Movidius、Pentium、ペンティアム、Intel Select Solutions、インテル Select ソリューション、Intel Si Photonics、インテル Si Photonics、Stratix、Stratix ロゴ、Tofino、Ultrabook、Xeon、ジーオンは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。