• OMEN

ザ・ハーシー・カンパニー、HP Indigoデジタル印刷機を活用した
チョコレートバーのパッケージで女性の活躍を称賛
国際女性デーに合わせてHPとハーシーが才能ある女性を称える新しい動画を公開

プレスリリース
トヨタ自動車がさらなる3Dプリンターの活用を視野に、HPの3Dプリンティングソリューションを導入

2022年6月15日

株式会社 日本HP

SOLIZE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:宮藤 康聡、以下SOLIZE)と株式会社 日本HP(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:岡戸 伸樹、以下日本HP)は、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ自動車)が、3Dプリンターでの試作品製作および最終製品適用の検証活用のため、HPの3Dプリンティングソリューションを導入したことを発表します。

2021年、トヨタ自動車はお客様の要望に応えるため、廃版となった補給部品を3Dプリンティングにより復刻し、純正部品として再販売する取り組みを開始しました。このプロジェクトでは、SOLIZEが「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を活用して部品を製造しています。このたび、より柔軟な製造プロセスを検討する中で、トヨタ自動車は試作品製作および小ロットの最終製品への3Dプリンターの活用適用を視野に、HPの3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 5200シリーズ」を導入しました。

SOLIZEとHPは、長年のパートナーシップを継続し、デジタルマニュファクチャリングを推進しています。SOLIZEは、HPの販売パートナーであり、「HP Jet Fusion」を自社でも5台活用していることから、3Dプリンターに関する豊富な経験とノウハウを有しています。今回のトヨタ自動車への3Dプリンターの販売にあたっては、スムーズな3Dプリンターの導入を支援しました。

「HP Jet Fusion 5200シリーズ 3Dプリンティングソリューション」は、HP独自の3Dプリンティング技術であるMulti Jet Fusionプラットフォームが提供する高度な機能を活用して、部品の設計と高品質の商用部品の製造を可能とします。クラス最高の等方性を備えた機能的な部品を生産することで、生産効率と経済効率の両立を実現し、幅広い用途の最終部品を製造します。HPは、世界の主要な自動車メーカーをはじめとする製造業との取り組みを基に、お客様の求める性能および機能条件に対応するソリューションの提供を続けています。

株式会社 日本HP
代表取締役 社長執行役員 岡戸 伸樹
世界では日々、様々な業界、特に自動車メーカーで、HPの3Dプリンティングの活用が拡がっています。トヨタ自動車のような業界をリードする企業が、柔軟なデザイン設計、製品の市場投入のスピードの加速、そして持続可能な製造に3Dプリンティングの力を活用しています。HPはSOLIZEと協力して、国内の企業がより革新的でパーソナライズされた、持続可能な製造の実現を支援してまいります。

英文リリース
Toyota Motor Corporation installs HP 3D Printing Solution to Further Utilize 3D Print Technology

SOLIZEについて
SOLIZEは、1990年代の3D CADの黎明期から3Dプリンターによるラピッドプロトタイピングや3次元モデリング事業、さらに3D CADエンジニア教育事業および3D CADエンジニアリングサービス事業を開始し、デジタルエンジニアリング技術を牽引してきました。現在、SOLIZEは、自動車産業を中心にさまざまな産業において、製品設計・解析を行う3D CAD/CAEエンジニアリングサービス、モデルベース開発を行うMBDエンジニアリングサービス、積層造形(金属・樹脂)による試作や少量量産製品の製作や工業用積層造形装置販売を行う3Dプリンティングエンジニアリングサービス、さらに、暗黙知を形式知化する技術をコアに開発や業務プロセスの変革の実行から定着までを担う変革エンジニアリングサービスの4つの事業を展開し、お客さまに価値あるサービスを提供しています。

SOLIZEの3Dプリンティングサービスに関する情報はこちら
https://www.solize.com/service-solution/3dprinting/

HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションに関する情報はこちら
http://jp.ext.hp.com/printers/3d-printers/