ザ・ハーシー・カンパニー、HP Indigoデジタル印刷機を活用した
チョコレートバーのパッケージで女性の活躍を称賛
国際女性デーに合わせてHPとハーシーが才能ある女性を称える新しい動画を公開

プレスリリース
白山印刷、HP Indigoデジタル印刷機を導入、
Scodixとの組み合わせで高付加価値印刷を多品種小ロットでも実現

2022年4月6日

株式会社 日本HP

株式会社 日本HP(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:岡戸 伸樹)は、商業印刷分野で高付加価値印刷を強みとする白山印刷株式会社(本社:東京都台東区、取締役社長:小林 剛、以下「白山印刷」)が同社初となるデジタル印刷機として「HP Indigo 7Kデジタル印刷機」を2022年1月に導入したことを発表します。

白山印刷は、1969年に東京都江東区で「白山印刷所」として創業しました。ホログラム転写やニスを用いた擬似的なエンボス加工による特殊表面加工や箔などの高付加価値印刷に強みを持ち、印刷の後加工まで一貫した生産体制を整えています。

白山印刷は、加飾用のデジタル後加工機Scodixを2台保有し業務のデジタル化を進めています。このたび、ますます増加する多品種小ロット需要に対応するため、同社で初めてのデジタル印刷機として「HP Indigo 7Kデジタル印刷機」を導入しました。「HP Indigo 7K デジタル印刷機」は特色インキの豊富な種類や、透明シートなど印刷可能な素材の多様さが特長です。また、白山印刷が活用しているデジタル後加工機Scodixとの組み合わせにおける印刷、後加工適正の良さも評価され、今回の導入に至りました。

白山印刷が得意とする高付加価値な特殊印刷と後加工の両方をデジタルで一気通貫に生産することで、多品種小ロットへの対応と短納期を実現します。また将来的には、バリアブル印刷を活用した商品やHP PrintOSXを活用したクリエイティブなアイデアの創出で、更なる高付加価値印刷への事業拡大を見込んでいます。

参考画像:HP Indigo 7Kデジタル印刷機とScodixで制作したサンプル「DIGI・POCO(デジ・ポコ)」。オンデマンド透明厚盛ニス印刷や厚盛箔印刷によって従来の印刷物とは一線を画する表現を可能に。

白山印刷株式会社のエンドースメント
白山印刷株式会社
イノベーション推進部 部長 田辺友浩様
当社は長年オフセット印刷を主軸に邁進してまいりました。加飾や特殊印刷といった高付加価値の提供に長年取り組んできましたが、今回の「HP Indigo 7Kデジタル印刷機」の導入をきっかけに、今までのオフセットベースでは賄えなかった範囲に手が届くようになり、新たな顧客やビジネスモデルの創造に着手できるようになります。それによって社員がより前向きに仕事に取組み、お客様に必要とされる製品を世の中により多く送り出せると信じております。

白山印刷株式会社 https://hakusan-p.co.jp/

■「HP Indigoデジタル印刷機」に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/indigo

■製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/digital_pr