大阪印刷、HP Indigoデジタル印刷機を増設し、成長する同人誌印刷事業を拡大

2021年12月6日

株式会社 日本HP

株式会社 日本HP(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:岡戸 伸樹)は、漫画やアニメの同人誌および関連グッズ印刷において業界をリードする大阪印刷株式会社(本社:大阪府大阪市、代表:根田 貴裕、以下「大阪印刷」)が「HP Indigo 7CPOデジタル印刷機」を導入したことを発表します。

大阪印刷株式会社は、2012年に同人誌の漫画喫茶として「合同会社いこい」を創業しました。その後、印刷業に参入し、2018年に最初のHP Indigoデジタル印刷機を導入しました。最新鋭の技術を揃え、RGB色域の再現を強みとして同人誌、関連グッズ印刷事業を拡大しています。今後、さらに法人向け事業への拡大に備え、2021年7月に社名を大阪印刷株式会社と改め、11月にはスペース拡張のため本社を移転しました。

現在、大阪印刷では2台の「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」が稼働しています。「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」は7色構成で、RGB色域の再現に最適な特殊インキであるビビッドピンクとビビッドグリーンを装備しています。同人誌のクリエイターが好む鮮やかなカラーでの印刷に加え、HP Indigoの特長である様々な用紙対応が好評となり、コロナ禍にも関わらず受注を大幅に伸ばしています。大阪印刷では、高まる需要への対応と今後の事業成長を見据え、既存製品と同じくビビッドインキや多様な用紙に対応する「HP Indigo 7CPOデジタル印刷機」を増設することを決定しました。

「HP Indigo 7CPOデジタル印刷機」はHP Indigoデジタル印刷機をより手頃な価格で提供するHP認定中古機販売プログラムに対応した製品です。HP認定中古機販売プログラムは、HP Indigoデジタル印刷機の品質や先進的なアプリケーションのメリットと印刷の信頼性を確保するために、厳しい再生プロセスを経て認定した印刷機を認定中古機として再販するものです。このプログラムを通じて環境に対する印刷の影響を低減し循環型経済に貢献します。

〈大阪印刷株式会社のエンドースメント〉
大阪印刷株式会社
代表 根田 貴裕 様
弊社はHP Indigo用のビビッドインクを国内で先駆けて導入しました。コロナ禍でも多くの受注をいただいております。需要にお応えするために、このたび「HP Indigo 7CPOデジタル印刷機」を増設することとなりました。オフセットライクな印刷品質に、RGBデータの色域再現性を活かした技術は、HP Indigo独自の強みと捉えています。今後も、HP Indigoを主軸とした弊社の印刷品質を、お客様に提供出来るように努めてまいります。

大阪印刷株式会社  https://otaclub.jp/

■過去の関連プレスリリース
 合同会社いこい、HP Indigoデジタル印刷機で更なる顧客満足度の向上へ
 https://jp.ext.hp.com/info/newsroom/2020/3174652/

 日本HP、HP Indigoデジタル印刷機の認定中古機販売プログラムを開始
 https://jp.ext.hp.com/info/newsroom/2021/20210310/

■「HP Indigoデジタル印刷機」に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/indigo

■製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/digital_pr