日本HP、開発者と企業に向けて新時代のVRを発表
最先端のセンサーシステムを搭載したインテリジェントなVRヘッドセットで、人の生理反応を把握しユーザーに最適な体験を提供

2021年12月2日

株式会社 日本HP

株式会社 日本HP(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:岡戸 伸樹)は、インテリジェントなVRヘッドセット「HP Reverb G2 Omnicept Edition(エイチピー リバーブ ジーツー オムニセプト エディション)」と、開発者向けのソフトウェア開発キット(SDK)を単一プラットフォームに統合したソリューション「HP Omnicept Solution」を発表します。このソリューションにより、VRソフトウェアの開発者は、企業向けに最適化され適応性に優れた新しいVR体験を創出するためのエコシステムを提供できるようなります。また、VRヘッドセット「HP Reverb G2 Omnicept Edition」は、人間の生理反応データ等を収集することが可能なため、トレーニングや教育の成果を向上させるとともに、コラボレーションの強化につながります。

「HP Reverb G2 Omnicept Edition」は、筋肉の動き、視線、瞳孔の大きさ、脈拍を測定する最先端のセンサーシステムを搭載した、インテリジェントなVRヘッドセットで、ユーザーの動きにあわせたVR体験を創出する機能を開発者に提供します。

「HP Omnicept SDK」は、ヘッドセットからのデータを機械学習モデルを活用して解析し、ユーザーがVR体験でどれほど知力を働かせているかといった認知的負荷など、リアルタイムのユーザーの生理反応データ等を提供します。

VR環境は、人々がテクノロジーや周辺の世界と関わり、つながりを維持していく方法に合わせ進化を遂げています。オフィスと在宅勤務を最適に活用するハイブリッドワークが進む中、リモート環境でのコラボレーションを向上させるために新たな没入型ツールが必要となります。「HP Reverb G2 Omnicept Edition」と「HP Omnicept SDK」は、テクノロジーを活用し人間の生理反応データを収集するよう設計されています。HPが米国で行った調査によれば、新型コロナウイルス感染症が発生する前から、トレーニングにおけるテクノロジーの活用は35%増加しており(*1)、VRによって学習やトレーニングの定着率が大幅に高まることが明らかになりました。「HP Omnicept Solution」は、個々によって異なる生理的反応の分析を実現するために分析の元となるデータを収集可能とし、開発者が企業においてVR環境の変化を促進し効率性を高める方法に変革をもたらします。

「HPは、VRの使用方法や社会にもたらす変革の可能性、そしてテクノロジーとのインタラクションの方法を飛躍的に発展させる、パワフルで適応性に優れたVRソリューションを設計しました。『HP Omnicept Solution』は、VRの開発と、VRが企業のトレーニングやリモート教育、コラボレーション、研究開発、特定のウェルビーイングに与える影響に関して、新たな可能性を切り開くソリューションです。このデータ主導のアプローチは、将来的により優れたVRを実現するためにユーザー中心の体験を創出する上での基盤となるでしょう」と、株式会社 日本HP専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括 九嶋 俊一は述べています。

「HP Reverb G2 Omnicept Edition」は、エンドユーザーのプライバシーを保護するために、極めて安全なプロセスで構築されています。このヘッドセットのファームウェアは、データ収集のあらゆる瞬間にセンサーデータを保護し、データをヘッドセットに保存しません。

HP Omniceptを活用したアプリケーションは、データの収集と転送が一般データ保護規則(GDPR)の要件に準拠し、ユーザーデータの機密を保持します。

〈最適なVR体験を創出〉
VR体験者の生理反応データを収集し解析することで、トレーニングや学習の定着率を論理的に判定することが可能となり、体験者毎に個別の指針を提供することが容易になります。「HP Reverb G2 Omnicept Edition」は、アイトラッキング、心拍数、瞳孔測定、フェイスカメラなどのヘッドセットに搭載されたセンサーで生理反応を把握します。次に、内蔵されている「HP Omnicept SDK」が、高度な機械学習アルゴリズムを活用してデータを解析し、体験中のエンドユーザーのエンゲージメントや反応に関する実用的な解析情報を提供することで、開発者がユーザーに最適なVR体験を創出できるようにします。

このインテリジェントなプラットフォームによって、VR体験者からの主観的な意見だけでなく、収集された生理反応データに基づく客観的なフィードバックが得られ、VR体験を製品開発や研究により有効に活用できます。またフィードバックされたデータを基にリアルタイムにコンテンツを調整しVR体験者から更なるフィードバックをその場で得ることも可能になります。「HP Reverb Omnicept Edition」の特長は以下のとおりです。

  • Reverb G2のDNA:「HP Reverb G2 Omnicept Edition」は、高い解像度を持つVRヘッドセットである「HP Reverb G2」をベースとして構築されており、最先端の光学技術、インサイドアウトトラッキング、空間3Dオーディオ、自然なジェスチャーによる改良型コントローラーを提供します。
  • 目の動きと視線:ユーザーが目の焦点の先にあるコンテンツにどのように反応しているかを把握します。
  • 表情:自然な表現力があるアバターの制作を実現し、より自然で興味をひく会話を可能にする3Dデザインとのコラボレーションを図ることで、横断的な開発プロセスでも迅速かつ効率的な成果を得られます。
  • 心拍数:心拍数に基づいて、ユーザーが体験やトレーニングにどのように反応しているかを把握します。例えば施術者は、お客様の反応を見ながら、施術を調整することも可能になります。
  • フォービエイテッドレンダリング:このヘッドマウントディスプレイは、内蔵されている視線追跡機能によって、ユーザーの視線の方向を把握しリアルタイムに視点の中心の画質を向上させ、それ以外の周辺の画質を落とすことで、VRのリアリズムを強化しながらGPUへの負荷を低減することができます(*2)。

「HP Reverb G2 Omnicept Edition」の提供開始時期
「HP Reverb G2 Omnicept Edition」は、2021年末に提供開始予定です。「HP Omnicept SDK」は、2021年12月現在、国内においては「Core」ライセンスのみの提供となります。その他のライセンスについては順次、提供を開始します。詳細は製品ページ( https://jp.ext.hp.com/immersive/reverb_g2_omnicept/ )より「HP Omniceptの最新情報を受け取る」に登録することで確認できます。

*1:米国HP Inc.、HPプロプライエタリー調査、2020年

*2:フォービエイテッドレンダリングには、NVIDIA VR Ready QuadroまたはGeForce TuringベースのGPUが必要です。開発者は、Unityのフォービエイテッドレンダリングのプラグインおよびランタイムが必要です。これらはUnity StoreまたはHP Developers Portal(https://developers.hp.com/omnicept/downloads )から入手できます。

■製品に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 https://jp.ext.hp.com/immersive/reverb_g2_omnicept/

■製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/workstation_pr