HP研究所

HP Labsについて

世界有数の産業研究所であるHP Labsは、研究を現実のものにすることに情熱を注ぎ、お客様と社会にとって最も重要な分野におけるテクノロジーの実用化を推進しています。

  • 採用情報
  • 拠点
  • 歴代所長
  • 賞および表彰

HP Labsでのキャリア

HP Labsは、テクノロジーに情熱を捧げる創造力豊かな人材を常に求めています。
問題解決能力に長け、顧客やビジネスに新鮮な新しいアイデアやソリューションを提供する意欲のある方は、
ぜひお問い合わせください。

全世界の求人情報を表示[英語]

研究職

研究職候補者は、学問的に優れ、また創造性や実社会における革新性において顕著な研究実績があることが求められます。

続きを読む

Mithra Vankipuram - ユーザーエクスペリエンス研究者

インドのチェンナイ出身のHP Labs研究者、Mithra Vankipuramは、科学、芸術、数学、工学のいずれの分野にも強い関心を持っていました。 HP Labsで、Vankipuramはこれらの分野を熱心に追求する日々を送っています。

コンピューターサイエンスとエンジニアリングの学位を取得し、さらにアリゾナ州立大学で生物医学情報学の博士号を取得したVankipuramは、仮想現実を活用した外傷集中治療などの医療環境での問題解決に取り組んだ後、HP Labsに加わりました。

現在、HPイマーシブ体験ラボに所属し、ユーザーエクスペリエンスの研究者として、ユーザーにとって重要なテクノロジー体験の特定に取り組んでいます。「ユーザーの環境に身を置き、ユーザーと対話し、彼らの問題を理解したうえで、特定したニーズを満たすソリューションを繰り返し構築していく必要があります。」

Vankipuramは、アーティスト、クリエイティブライター、即興演奏家としてのスキルを仕事に活かしています。 「アイデアを説明するとき、よくスケッチを使います。また、クリエイティブライティングのスキルを使ってユーザーストーリーを書くこともあります」と、彼女は説明します。 また、アイデアを表すビデオを制作したり、ユーザー調査の際に、即興のスキルを活かしています。

現在は、自宅と職場で使用するデバイス間でのシームレスな連携について研究しています。 「正式なユーザー体験調査のやり方、そしてそこからいかに迅速で機敏なテクノロジー主導型のプロセスを導き出すせるのかに関心があります。我々の業界は、この点においてもっと効率的になる必要があります。」と、Vankipuramは付け加えます。

「HP Inc.設立以来、HP Labsは、いままで以上に思考や学習を常に求められる刺激のある職場となっています。より俊敏性が求められ、活動のスピードが増し、目標を達成するための多くのサポート体制が提供されています。 とても活力を感じています。」

HP Labsは、研究者のキャリア形成を支援し、経験豊かな上級研究者の指導や、ワークライフバランスの重視、良い待遇を提供しています。 現在の研究者の求人は、こちらをご覧ください。

博士研究員

HP Labsは、学術的に優れた博士研究員に、専門分野に特化したプロジェクトを探求することで、高度な理論的知見を緊急のビジネス課題に応用する機会を提供しています。

続きを読む

Caitlin DeJong - HP Labs初の分子生物学研究者

HP Labsの博士研究員は、最先端のテクノロジーと製品に直接影響を与える実践的な研究に知識とスキルを活かすことができます。

HP Labsのこのような機会は、カリフォルニア大学バークレー校で分子生物学の博士課程を修了したCaitlin DeJongにとって魅力的でした。

「新しい研究の始まりに参加できるチャンスでした」と語るDeJongは、HPのライフサイエンス研究グループに加わり、HPがSERSセンサーテクノロジーをライフサイエンスに応用する支援に携わりました。現在は、HP Labsに採用された初の分子科学者として勤務しています。 「私たちの研究には現段階では制約がないので、創造力を十分に発揮できます」と、DeJongは付け加えます。

DeJongは、血液、尿、唾液、さらには息などのさまざまな生体液に対するHPの試験・診断用SERSチップの反応を研究しています。

これらの液の各検体には、固有の分子指標があります。 「最終的に、健康な人の検体と特定の疾患がある人の検体の間における分子指標の相違を理解することを目指しています」と、DeJongは説明します。 「その後、この情報を診断やスクリーニングツールとして利用する方法を研究します。」

HP Labsの博士研究員として、DeJongはどのように産業研究所が機能するのかを理解することができ、学術的な分子生物学研究では知り得なかった有能な科学者やエンジニアと一緒に活動する機会を得ることができました。

「学界で研究していた時と、HP Labsでの研究のモチベーションは異なります。私達の研究は、人々の暮らしを豊かにすることができるだろうと考えられる実際の製品に活用されるような研究に集中しています。今まで以上に、人々に影響を及ぼす研究に携わることができていると感じます。」と、DeJongは語ります。

HP Labsでは、協力的で、カジュアルで、スピードが速い環境が提供されます。 博士研究員は、通常12~36か月間にわたって資金提供を受け、HPの顧客と仕事をしたり、研究所が設計したテクノロジーが世界にどのように影響を与えるかを理解したりするなど、産業研究全般に携わる機会を得られます。 HP Labsの博士研究員の多くは、最終的にHP Labsの組織内でフルタイムの従業員として雇用されています。 現在の博士研究員の求人は、こちらをご覧ください。

学生およびインターン

HP Labsでは、幅広い技術分野の学術的に優れた若手研究者にインターンシップの機会を提供しています。

続きを読む

He Luanに会う – HP研究所のインターンおよび産業システムエンジニアリングのPh.D.候補者

HP研究所は、理論上の知見、創造性、問題解決能力を実世界における技術やビジネスの問題に適用するようインターンに奨励しています。He Luanは、HPのプリント隣接関連と3D研究所でひと夏を過ごし、3Dプリンティングを向上するためにどのようにディープラーニングを活用できるかを探求しました。

Luanは、中国科学技術大学でロボット工学とインテリジェントシステムを専攻しているときに3Dプリンティングに関心を持つようになりました。彼女にとってあるクラスはとても印象深く、「物をどうやって形作っているのか、そして作った物をどのように向上していくのかという点で、3Dプリンティングが革新的な役割を果たすことが分かりました」と振り返っています。

このときの興味と関心が、Luanが南カリフォルニア大学で産業システムエンジニアリングの博士号のプログラムに入学するきっかけになりました。彼女は、3Dプリンティングの研究にデータと統計的な学習手法を適用する分野を専門としています。

HP研究室のインターン卒業生として、Luanは非常に具体的な目標に向かって自分の理論とナレッジを展開しています。HP研究所での主な研究プロジェクトは、HP 3Dプリンターのセンサーデータを分析し、印刷プロセスの最適化に役立てる方法を調査することでした。

「その取り組みの一環として、これらのデータセットにディープラーニングを適用し、さまざまなニュートラルネットワークアーキテクチャーを試行し、印刷時における素材の各層における熱挙動を予測しています」とLuanは説明しています。

これは、決して簡単な業務ではありません。画像識別のような一般的なディープラーニングでは、予測においてある程度の不正確さを許容できます。しかし、3Dプリンティングにディープラーニングを適用する場合、個々のボクセル (2D環境におけるピクセルと3D環境におけるボクセルは同義) に対する予測が正確であることが求められます。

さらに、3Dプリンターにおける熱挙動は極めて複雑です。しかし、HP研究所の他のチームは物理的な実験を繰り返し、これらの相互作用を明らかにし、そのデータをLuanと共有しています。

「このデータにディープラーニングを適用することで、熱挙動を予測し、正確な物理モデルを構築するために役立つ情報パターンを明らかにしたいと考えています」と彼女は述べています。

Luanは、3Dプリンティングの幾何的精度を向上させる新しい方法を見つけ、インターンシップの成果を学位論文に活かしたいと考えています。また、インターンシップの後も、HP研究所での勤務を継続することを希望しています。

「この夏を通じて得られたアイデアのいくつかをぜひ製品に取り込んでみたいと思っています」と彼女は述べています。

一般的に、HP研究所のインターンは、学部または大学院の学期の合間に10~12週間働きます。学生は、HP Labが認定した大学にフルタイム登録している必要があります (米国の場合、1学期あたり最低12単位)。インターンの一部はHP研究所のインターンシップに繰り返し参加し、多くは最終的にHP研究所組織内で正規雇用されています。

HP Labsの拠点

  • パロアルト
  • ブリストル

サイトの概要

1966年に創立されたパロアルトにあるHP Labsの本部は、
シリコンバレー発祥の地として知られる有名なHPガレージからわずか数キロの場所にあります。

アクセス

研究プログラム

パロアルトにあるHP Labsには研究者の多くが在籍し、多くの研究を担っています。

ラボ

パロアルトには、プリント隣接関連&3Dラボ、先端的コンピーティンラボ、イマーシブ体験ラボ、およびセキュリティラボの4つのラボがあります。

サイトディレクター

Shane Wallは、CTOとHP Labsのグローバル責任者を兼務しています。 Wallはその職務を通じて、HPのテクノロジーのビジョンや戦略の推進、新規事業の育成、テクノロジーやイノベーションコミュニティ全体を支援しています。

続きを読む[英語]

サイトの概要

1985年に設立されたHPブリストル研究所は、現在はHPのSecurity Labの中心拠点として、
新たなセキュリティの問題に総体的なアプローチで取り組んでいます。

アクセス

ラボ

HPのSecurity Labは、安全で確実な製品、サービス、およびエクスペリエンスを提供し、サイバーセキュリティの強化のために業界をリードするために、独自のシステムセキュリティ研究を推進しています。 そのために、 デバイスセキュリティ研究、 インフラストラクチャセキュリティ研究 (エンドポイントエコシステムに関する研究)、 セキュリティ管理研究 (エンドポイントエコシステム全体にわたる攻撃検出と管理可能な修復に関する研究) という3つの研究テーマを中核として焦点を絞っています。 HPのセキュリティ研究は、将来のブレンドリアリティの推進に重要な役割を担い、また製造革命をもたらすとされる3Dエコシステムなどの主要テクノロジーの革新を後押しします。

研究プログラム

物理とデジタルの境界があいまいになるにつれて、コンピューターセキュリティの課題は変化・拡大の一途をたどっています。
HP研究所のセキュリティ研究は、変化するこの脅威環境でビジネスと消費者のITの保護を支援しています。

サイトディレクター

Simon Shiuは、HP研究所Security Labのディレクターです。 Shiuのチームは、組織化されたサイバー犯罪の拡大や、ソーシャルネットワーキングツールやクラウドベースのサービスの急速な導入などの難題に直面する状況における、信頼性の高い情報システム環境の構築に注力しています。

続きを読む[英語]

歴代の所長

初代所長のBarney Oliverをはじめとして、著名な研究者がHP Labsの歴代の所長を務めてきました。
HPの研究者が最初のポケット関数電卓として知られる「HP-35」を発明した時期にHP Labsの所長を務めたのが、
20世紀が生んだ最も偉大な応用科学者の1人として知られるBarney Oliverです。
2名の所長は、RISC (縮小命令セットコンピューター) アーキテクチャーの先駆者として知られる研究者です。
さらに、超音波イメージング、高速コンピュータープリンター、
分散コンピューターアーキテクチャーなどのテクノロジーの開発者も歴代の所長を務めてきました。

シェーン・ウォール

2015-2020年

詳細を見る

Martin Fink

2012-2015年

詳細を見る

Chandrakant Patel

2012-2012年

詳細を見る

プリス・バナージー

2007-2012年

詳細を見る

Dick Lampman

1999-2007年

詳細を見る

Ed KarrerおよびDick Lampman

1999年

詳細を見る

Joel Birnbaum

1991-1999年、1984-1986年

詳細を見る

Frank Carrubba

1987-1991年

詳細を見る

Don Hammond

1986-1987年

詳細を見る

John Doyle

1981-1984年

詳細を見る

Barney Oliver

初代所長、1961-1981年

詳細を見る

賞および表彰

HP Labsが生み出している革新的進歩を支えているのは、
世界中から結集した多様な経験とスキルを持つ優れた技術者です。
HP Labsは、それぞれの分野で著名な研究者を抱えており、
これは研究所の成果にも表れています。
応用物理学分野のユリウス・シュプリンガー賞、ナノテクノロジー分野のファインマン賞といった
科学分野における最高の栄誉を受けています。
HP Labsのチームには、HPシニアフェロー1名、HPフェロー4名、IEEEフェロー2名、
およびSociety for Imaging Science and Technology (IS&T) など多くの専門団体のフェローが参加しています。

HPシニアフェロー

Chandrakant Patel

エネルギー効率コンピューティングの先駆的研究で知られ、未来のマイクロプロセッサ、ワークステーション、サーバー、データセンターの熱機械研究への戦略的取り組みの責任者を担っています。 現在は、電力、冷却、システムアーキテクチャーを統合したスマートデータセンターの開発に焦点を当てています。

略歴を読む
HPフェロー

Boris Balacheff

HPラボにおいてシステムセキュリティの研究およびイノベーションを担当するチーフテクノロジストであり、セキュリティ研究戦略を主導しています。 プラットフォームとインフラストラクチャーセキュリティ分野における実績のある科学技術者およびソートリーダーとして、サイバーセキュリティの将来と脅威環境の変化についてHPの事業部、顧客、パートナーと緊密に協力しています。

略歴を読む

Keith Moore

大規模分散システムの専門家であり、共同制作の一人として複数の国際標準に携わっています。また、インタラクティブペーパーやブレンドリアリティ、ネットワーキングプロトコルなどの分野で30以上の特許を保有しています。

略歴を読む
栄誉

シリコンバレー工学殿堂 (Silicon Valley Engineering Hall of Fame)

シリコンバレー工学殿堂は、シリコンバレーで優れた専門的業績を残し、シリコンバレーコミュニティに大きく貢献したエンジニアおよびテクニカルリーダーの業績を称えるものです。

Chandrakant Patel

ITインフラストラクチャの設計と社会問題解決のためのITアプリケーションにおける、先駆的な貢献が認められました。 (2013)

略歴を読む

Robert F. Reed Technology Medal

1974年に設立されたRobert F. Reed Technology Medalは、リソグラフィのプロセスと材料における研究で当時多大な貢献を残した「リソグラフィの長老」、Robert F. Reed (1905-1973) の功績を記念して設けられました。 この栄誉は、グラフィックコミュニケーション業界の優れた技術者、科学者、発明家、研究者を表彰するものです。

Steve Simske

多岐にわたる分野において卓越した研究活動および科学的業績が認められました。 (2016)

略歴を読む
専門団体のフェローシップ

米国電気電子技術者協会 (IEEE)

フェロー

エンジニアリングや科学、技術の進歩や発展に大きく貢献をした卓越した業績が認められました。

Chandrakant Patel

データセンターの熱およびエネルギー管理におけるリーダーシップが認められました。

略歴を読む

画像科学技術協会 (IS&T)

フェロー

イメージングサイエンスまたはエンジニアリングにおける卓越した業績を称えています。

Steve Simske

セキュリティプリンテックおよびイメージングにおける世界的なソートリーダーとして、この分野の研究を主導しています。 セキュリティやプリンティングテクノロジー、イメージベースの読み取り技術を融合して、サプライチェーン、製品/顧客インタラクション、データホスティングおよび分析における新しいビジネスを創造してきました。

略歴を読む

Nathan Moroney

科学的実験や、革新的なカラーイメージングテクノロジーの実用化と標準化への貢献が認められました。 (2008)

Jim Stasiak

インクジェット印刷技術および最新の3D印刷分野での貢献が認められました。(2019年)

米国機械学会 (ASME)

フェロー

エンジニアリングにおける優れた業績を称えています。

Chandrakant Patel

エンジニアリング製品への応用、研究開発、および業界への貢献が認められました。

略歴を読む
専門団体 – アワード
  • 映画芸術科学アカデミー

    アカデミー科学技術賞 (「技術オスカー」)

    Bill Holland

    映画産業におけるモーションコントロール技術分野での貢献が認められました (1988年)

  • 画像科学技術協会 (IS&T)

    Johann Gutenberg Prize

    Jim Stasiak

    広範な印刷技術において科学的および技術的なリーダーシップを発揮したことが評価されました (2012年)。

  • 第25回International World Wide Web Conference (LILEワークショップ)

    最優秀論文賞

    Lei Liu

    学習および教育分野における優れたデータマイニング研究が評価されました (2016年)

  • 機械学習とデータマイニングに関する欧州国際会議 (ECML-PKDD 2016)

    データ発見課題において第1位

    Lei Liu

  • Semi-Therm

    THERMI Award

    Chandrakant Patel

    半導体部品の性能に影響を及ぼす重大な熱問題に対する大きな貢献が認められました (2017)

    略歴を読む
メディア

求人情報

HP Labsは、テクノロジーに情熱を持ち、当社の市場やビジネスを理解し、
新鮮なアイデアやソリューションを創出できる独創的な人材を求めています。

全世界の求人情報を表示[英語]

全世界の求人情報を表示[英語]