HP 大判プリンターサミット オンライン 2020 参加企業

TPホールディングス株式会社 様

TPホールディングス株式会社
  • HP大判ビジネスパートナーとして、PagewideXLシリーズ、Dignjetシリーズのハードウェア製品の販売とソリューションソフトウェアの販売に注力しております。
  • 企業URL : http://www.tphd.co.jp/index.html
  • 展示内容 : ソフトウェア

オンラインセミナー

日時:9月23日(水) 16:00~16:45

15年長期署名(タイムスタンプ)、長期保存可能なクラウドシステム『でぽっく』のご紹介

設計図書をどのように管理されていますか?
建築士法や建築士法施行規則により、設計図書および工事監理報告書は、作成した日から15年間の保存の義務が建築事務所開設者には発生しています。

また、単に保存するだけでなく、その真正性を確保しながら、必要な時にはただちに閲覧や活用できる仕組みとしていなければなりません。
設計図書を守り、活用することは、建築物やその建築物を利用する方、皆様の建築事務所、事務所で働く方々を守り、建設業をさらに発展させること。

「でぽっく」がその一助となることを約束します。

【セミナーは終了いたしました。】

アーカイブ視聴登録はこちら

15年長期署名(タイムスタンプ)、長期保存可能なクラウドシステム『でぽっく』のご紹介

設計図書をどのように管理されていますか?
建築士法や建築士法施行規則により、設計図書および工事監理報告書は、作成した日から15年間の保存の義務が建築事務所開設者には発生しています。

また、単に保存するだけでなく、その真正性を確保しながら、必要な時にはただちに閲覧や活用できる仕組みとしていなければなりません。
設計図書を守り、活用することは、建築物やその建築物を利用する方、皆様の建築事務所、事務所で働く方々を守り、建設業をさらに発展させること。

「でぽっく」がその一助となることを約束します。

【セミナーは終了いたしました。】

アーカイブ視聴登録はこちら
講師紹介

蔵野 保男 氏TPホールディングス株式会社

桐山 秀信 氏アズウェル株式会社

大判設計図面の入出力ソリューションに30数年関わって、参りました。
長年の経験から、今回 お客様の課題である、BCP対策、サーバーレス化、図面の長期保存、図面の活用を解決するソリューションをご提案させて頂きます。

製品・ソリューション紹介

  • クラウド型文書管理システム「でぽっく」Deposit Cloud

    設計図書をどのように管理されていますか?
    建築士法や建築士法施行規則により、設計図書および工事監理報告書は、作成した日から15年間の保存の義務が建築事務所開設者には発生しています。

    また、単に保存するだけでなく、その真正性を確保しながら、必要な時にはただちに閲覧や活用できる仕組みとしていなければなりません。
    設計図書を守り、活用することは、建築物やその建築物を利用する方、皆様の建築事務所、事務所で働く方々を守り、建設業をさらに発展させること。

    「でぽっく」がその一助となることを約束します。

    製品ページ:

    http://www.tphd.co.jp/solution/deposit_cloud/index.html
  • TPオーサリング 属性入力支援ツール

    紙図面と帳票の電子化でお困りではありませんか?

    例えば...
    悩む人

    • キャニングした電子データのファイル名を手入力で変換する際に膨大な時間と労力が掛かっており、電子化が進まない。
    • 1枚ごとに紙図面の表題欄の図面番号等を見ながら手入力で 図番名等を入力すると打ち間違い等の作業ミスが散見される。
    • ファイル管理システムへの登録作業で図面の表題欄(タイトルブロック)の属性情報を1図面ごとに入力しなければならず、登録作業をもっと効率化したい。
    • CSV(EXCEL)の属性情報ファイルがあるが、一括登録できない。
    • 旧図面のごみ取り、傾き補正をするのが大変。
    • 電子化後の複数電子データをパラパラめくりしたい。

    製品ページ:

    http://www.tphd.co.jp/solution/tp-authoring/index.html
  • TP-Logiport 監視フォルダー型論理ポートシステム

    TP-Logiportは PDMシステム、図面管理システム、CADシステムより、最大200個の監視フォルダーごとに複数の印刷指示が可能になります。また データフォーマット変換機能と電子スタンプ押印機能により紙図面配布と電子配布が可能になります。

    図面デリバリーコストと図面配布のリードタイムの大幅な短縮が実現できます。

    jpg