HP Indigo デジタル印刷機 - HP Indigo エレクトロインキホワイトポートフォリオ

HP Indigo エレクトロインキホワイトポートフォリオ

あらゆる用途に最適なホワイトインキ

ニーズにかかわらず、常に最高の品質で卓越した印刷物を作成できる、お客様の用途に最適なホワイトインキが見つかります。
特にラベル、シュリンクスリーブ、軟包装パッケージ、紙器、および商用印刷での利用を目的に調合された、
バラエティ豊かな HP Indigo エレクトロインキホワイトの中から最適なものをお選びください。

さまざまなホワイトインキから最適なものを選択可能

HP Indigo のホワイトインキポートフォリオを選択すれば、HP Indigo で卓越した品質を実現し、さらに用途を広げることができます。

  • スタンダードホワイト:改良が加えられたインキで印刷品質が向上し、生産性も向上します。
  • プレミアムホワイト:1 回の印刷工程で非常に広範な不透明度をカバーします。
  • スリーブ用ホワイト:特にスリーブ向けに調合されたスリップ性の高いホワイトインキです。
  • 商業印刷用ホワイト:商用印刷で他社との差別化を図ることができます。

“製造所の全員が、優れた不透明度と品質を実現できることから、新しいスタンダード ホワイトを非常に気に入っています。こうした社内の反応が見られることはそれほどありません。”

― All4Labels Global Packaging Group デジタル印刷部門マネージャ兼責任者、Roger Gehrke 氏

“HP Indigo エレクトロインキ スリーブ用ホワイトにより、ビジネスの生産性が 25~30% 向上しました。スリップ性の高いニスを加える必要がなくなったことで、市場投入に必要なコストと時間が自然と減っています。”

― Eurostampa 社デジタル部門マネージャ、Francesco Lorusso 氏

HP Indigo デジタル印刷機に関するその他の情報

最適な印刷機を探す

最適な印刷機を探す

あらゆる用紙や用途に対応した HP Indigo ファミリーのデジタル印刷機を活用すれば、最高品質の印刷物を作成できます。

インキおよびメディア

インキおよびメディア

HP Indigo エレクトロインキと 3,000 種類を超える認定用紙は、HP Indigo デジタル印刷機を最大限に活用できるよう特別に設計されています。

詳しくはこちら
  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。