HP Indigo 6r デジタル印刷機

HP Indigoデジタル印刷
への入門機

HP Indigo 6000シリーズのリファービッシュ製品で、デジタルでのラベル&パッケージ生産を目的とした、市場最先端の狭幅サイズ印刷ソリューションを基盤として設計されています。HP Indigo 6rデジタル印刷機では、印刷量を問わず、シンプルかつ生産的な、利益率の高い方法で、デジタル生産により様々なラベルおよびパッケージ(L&P)アプリケーションの印刷が可能になります。

データ シートをダウンロード

HP Indigo 6r デジタル印刷機

お問い合わせ
  • 最大 30m/分(4色モード)

  • 5色をサポート

  • 厚さ 12~450 ミクロン(0.5~18 ポイント)の用紙をサポート

技術仕様
印刷速度
片面印刷、最大30 m/分(4色モード)、最大40 m/分(生産強化モード)、
最大60 m/分(1色/2色モード)
用紙ハンドリング
メディアの厚さ
12~450ミクロン
用紙サイズ
最大ウェブ幅:340mm、最小ウェブ幅:200mm
寸法および重量
印刷機サイズ
本体 長さ:5,780 mm、幅:3,940 mm、高さ:2,108 mm 、 インラインプライミングユニット 長さ:1,410 mm、幅:1,560 mm、高さ:1,760 mm
重量
本体:5,400 kg、インラインプライミングユニット:1,800 kg
 

カラーオートメーション

補正と調整を手動で行うことなく、これまでより短時間でカラーを決定できるうえ、現在のプロセスと比較して、カラープロファイルの作成や PANTONE® カラーとのマッチングを効率的に行うことが可能です。クローズドループ制御を使用するインライン分光光度計が、カラーマッチングと色の一貫性の確保を大幅に簡素化します。

無限の可能性の用途

クラス最高の品質を誇る HP Indigo の製品群により、
合成紙、キャンバス、金属化紙、黒い用紙、カラー用紙など、幅広い商用印刷が可能です。

用途を見る

HP Indigo デジタル印刷機に関するその他の情報

最適な印刷機を探す

最適な印刷機を探す

あらゆる用紙や用途に対応した HP Indigo ファミリーのデジタル印刷機を活用すれば、最高品質の印刷物を作成できます。

HP PrintOS

HP PrintOS

PrintOS は、印刷機の生産性を向上させ、生産工程を簡素化および自動化するのに役立つ、Webアプリケーションとモバイルアプリケーションを備えた印刷生産用のオペレーティングシステムです。

詳しくはこちら
  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。