HP Indigoのサステナブルインパクト

真のインパクトと変化をもたらす
HP Indigoの
サステナブルインパクト

サーキュラーエコノミーの実現に向けた、
新たな方法での印刷ビジネス

  • ブランドとの協業で、印刷業界における
    サステナビリティ目標を達成

    HP Indigo のエンドトゥエンドソリューションは、「グローバルサステナビリティチャンピオン」を目指して、印刷発注者であるブランドにも包括的なサポートを提供します。

  • 印刷の生産性の最大化と
    環境負荷の最小化を両立

    HP Indigoユーザーは、HP Indigoデジタル印刷機での印刷により、サステナビリティの観点で優位性を享受できます。

  • イノベーションを活用し、
    サーキュラーエコノミーへ適合

    HP Indigoが印刷業界において、10年以上に渡り世界をリードしてきたイノベーションはサーキュラーエコノミーの経済モデル「Make(作って)」「Use(使って)「Return(かえす)」の実現に貢献します。

リサイクルと環境における認証

HP Indigoは業界標準に準拠し、環境認証を満たす印刷機とインキを開発しています。

  • Intertek
  • LEED
  • TUV AUSTRIA INDUSTRIAL S0948
  • FSC
  • ISO
  • CO2 neutral
  • PEFC
  • TUV AUSTRIA HOME S0948

「一部の企業はサステナビリティの長期的なメリットに気付いていないかもしれませんが、私たちはそれをよく理解しており、今よりさらに高いレベルでBe Greenを目指したいと考えています。
そのため、私たちのビジネスはサステナブルなHPIndigoデジタル印刷機とHP Indigoテクノロジーを中心に据えて構築しています」

CEO of Benson
Integrated Marketing Solutions

「私たちは、パッケージにおけるライフサイクル全体の観点で取り組み、
パッケージにおける環境への配慮を最優先事項とすることを業界で約束しました。
HP Indigo 20000デジタル印刷機を使用して、従来のパッケージ製造方法よりも廃棄物を最大75%削減し、
100%コンポスト化可能なフィルムで作られたコンポスタブルなパッケージを製造しています」

Philippe St-Cyr
Rootree General Manager

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • ※Apple、Mac、Mac OS、iPhone、Safari、iPad、iPod、iPod touch、iTunes、AppStore はApple Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。