日本HP、CES 2021出展の5G対応ビジネスコンバーチブルと14インチ型クリエイターPCを発表

2021年1月14日

株式会社 日本HP

株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史)は、重量1kgを切る薄型軽量の13インチ型ビジネスコンバーチブル「HP Elite Dragonfly G2」(*1)と個人向け14インチ型クリエイターPC「HP ENVY 14」を発表します。PCが暮らしの中で欠かせないツールとなる中、HPは、CES 2021においてこれからの働き方やライフスタイルに最適なコンピューティングイノベーションを発表しました。本日発表の新製品はCES 2021で発表、出展した製品の国内展開の第一弾となります。

〈HP Elite Dragonfly G2:最新CPUや5Gへの対応で機能強化〉

「HP Elite Dragonfly G2」は、パワフルな性能と接続性に、多彩なセキュリティ機能を兼ね備えた薄型軽量デザイン。世界で最も持続可能なPCプラットフォームの一部です。

最小重量1kgを切る軽量コンパクトなビジネスコンバーチブルPCである「HP Elite Dragonfly G2」は、ユーザーに自宅やオフィスの中など自由な移動を可能にします。「ドラゴンフライブルー」カラーを採用したシャーシに、上質で洗練された仕上げとアクセントを特徴とするこのPCは、オーシャンバウンド・プラスチックを使用するなど、世界で最も持続可能なPCポートフォリオに含まれます(*2、*3)。「HP Elite Dragonfly G2」は、第11世代インテル® Core™プロセッサーと新たなインテル内蔵グラフィックスによって圧倒的なパワーを発揮します。また、高速5G(*4)またはギガビットクラスの4G LTE(*5)で常にインターネット接続を保つことができ、PCを紛失した場合などに音を鳴らして見つけることが可能な、忘れ物防止タグ Tile™も内蔵されました(*6)。さらに、Bang & Olufsenによるクリアなサウンドをはじめとした機能が強化されており、音声、音楽、映画などのオーディオ体験を最大化するためにAIを採用しています。HPの新たな侵入検知機能である「HP Tamper Lock」は、本体のカバーが開けられたり不正アクセスされた場合にはPCをロックしてユーザーに通知します(*7)。

製品名 HP Directplus価格(税抜) 販売開始日
HP Elite Dragonfly G2 214,800円~ 2月下旬

〈HP ENVY 14:個人向けクリエイターPCに14インチ型を追加〉

「HP ENVY 14」は、HP初となるアスペクト比16:10の14インチディスプレイを採用しました。コンテンツの表示領域が11%広くなり、生産性の向上を実現します。

「HP ENVY 14」は、クリエイティブな用途に最適な14インチ型の個人向けモバイルPCです。アスペクト比16:10のWUXGA(1,920 × 1,200)のマルチタッチ対応IPSディスプレイによって、アスペクト比16:9の従来のノートPCよりも表示領域が11%広くなりました(*8)。さらに、HP Display Controlで、用途に応じてディスプレイの設定を容易にカスタマイズできます。

第11世代インテル Coreプロセッサーと最大NVIDIA® GeForce® GTX 1650 Ti Max-Q Designまでのグラフィックスを搭載します。HP Commande Center の一部機能であるHP System Controlで4つの異なる設定でカスタマイズでき、使用状況に応じて最適なエアフロ―を選択できます。HP Performance ControlのIRサーモパイルセンサーを使用した高度なサーマルソリューションは、クリエイティブなフローで負荷が高まっても熱を抑えます。また、HP Dynamic Powerによって、クリエイターのワークフローにおいてパワーを究極までCPUとGPUに配分します。最大15時間のバッテリー駆動により、長時間の作業も安心して行うことが可能です。

「HP ENVY 14」には、Webカメラ用の物理シャッター、キーボード上の専用ミュートマイクキーを搭載します。また、ビデオチャット/音声通話/録音の間にスピーカー、ヘッドフォン、マイクを使用する際に周囲のノイズをインテリジェントにミュートするAIノイズ除去機能を搭載しました。写真、動画、文書などは、HP QuickDropによってワイヤレスで簡単にPCとモバイルデバイス間で転送できます(*9)。

製品名 HP Directplus価格(税抜) 販売開始日
HP ENVY 14 149,800円~ 1月下旬

*1:構成により重量は異なります。

*2:2019年1月以後に製造されたHPのPC、ワークステーション、ディスプレイに適用。IEEE 1680.1-2018 EPEAT®に基づき、すべての必須基準を満たし、EPEAT Silverの場合はオプションのポイントの50~74%、EPEAT Goldの場合はオプションのポイントの75~100%をそれぞれ満たしていることで、ほとんどのEPEAT GoldとSliverの登録を保持しています。このステータスは国によって異なります。詳細は、www.epeat.netを参照してください。

*3:ノートPCのスピーカーエンクロージャーおよびディスプレイベゼルの素材の5%にオーシャンバウンド・プラスチック(海岸や海沿いの地域で、海に流入する前に回収されたプラスチックごみ)を使用しています。

*4:5Gモジュールはオプションです。出荷時に選択する必要があります。4G LTEおよび3G HSPAとの下位互換性があります。5Gサービスは、通信キャリアが提供する対象エリアで利用が可能です。

*5: 4G LTEモジュールはオプションです。出荷時に選択する必要があります。4G LTEサービスは、通信キャリアが提供する対象エリアで利用が可能です。

*6:Tileを使用するにはWindows 10に対応しているデバイスが必要です。一部の機能はオプションでTile Premiumに加入する必要があります。Windows 10に対応しているTileアプリケーションは、Windows Storeからダウンロード可能です。スマートフォンアプリは、App StoreおよびGoogle Playからダウンロード可能です。iOS 11以降またはAndroid 6.0以降を搭載しているデバイスが必要です。HP Tileは、PCのバッテリー残量がある場合に使用可能です。

*7:HP Tamper Lockは、お客様または管理者によって有効にする必要があります。

*8:アスペクト比16:9の14インチ(幅×高さ)のノートPCと比較したピクセル数に基づいています。

*9:HP QuickDropの利用には、インターネット接続、Windows 10およびHP QuickDropアプリを搭載しているPC、Android 7以降およびAndroid HP QuickDropアプリを搭載しているAndroidデバイス(スマートフォンもしくはタブレット)またはiOS 12以降およびiOS HP QuickDropアプリを搭載しているiOSデバイス(スマートフォンもしくはタブレット)のいずれかが必要です。

製品に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 HP Elite Dragonfly G2:https://jp.ext.hp.com/notebooks/business/elite_dragonfly_G2/
 HP ENVY 14:https://jp.ext.hp.com/notebooks/personal/envy_14_eb0000/

製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 HP Elite Dragonfly G2:http://www.hp.com/jp/business_notebook_pr
 HP ENVY 14:http://www.hp.com/jp/consumer_notebook_pr