日本HP、建築、建設、製造業や個人事務所に最適なテクニカル市場向け大判プリンターを発売
世界最小クラスの大判プリンター「HP DesignJet」新製品は、美しいデザイン、シンプルな操作、持続可能な設計を実現

2020年10月1日

株式会社 日本HP

株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史、以下「日本HP」)は、建築家、エンジニア、建設現場向けに操作が簡単かつ手頃な価格で高品質と高速プリントを実現するテクニカル市場向け大判プリンター「HP DesignJet」シリーズの新製品の販売を開始しました。

新製品は、コンパクトなA1対応大判プリンター「HP DesignJet T200」シリーズ、製造業向けに設計された高速でシンプルなA1とA0サイズ対応大判プリンター「HP DesignJet T600」シリーズ、クリエイティブのプロフェッショナル向けに外観の美しさも重視したA1とA0サイズ対応「HP DesignJet Studio」シリーズです。

〈「HP DesignJet T200」シリーズ〉
「HP DesignJet T200」シリーズは、A1サイズに対応する世界最小の大判プリンター(*1)で、狭いスペースにも設置できるよう設計されています。HP Clickソフトウェアを使用するとワンクリックで複数のファイルを同時にプリントできます(*2)。A3/A4カット紙・ロール紙自動切換えシートフィーダー(オプション)により、手動で用紙を変更しなくてもさまざまなサイズをプリントでき、ワークフローを効率化します。

「HP DesignJet T200」シリーズの特長は以下の通りです。

 

● 高速プリント:A1サイズをわずか30秒でプリント(*3)。

● スマートプリント:A3/A4とA1などを組み合わせたファイルに対して、自動で適切な用紙を選択する機能をもつHP Clickを使用して様々なサイズのファイルをワンクリックでプリント。

● モビリティの向上:スマホやタブレットからHP Smartアプリを使用してどこからでもプリント可能。

● 持続可能な設計:再生プラスチックを30%使用(*4)。

コンパクトで使いやすく、高品質のプリントを実現する「HP DesignJet T200」シリーズは、世界で最も持続可能な大判プリンターで、再生プラスチックを最大30%使用することによってCO2を削減しています(*5)。

〈「HP DesignJet T600」シリーズ〉

 

汎用性と持続可能性に優れたインテリジェントな「HP DesignJet T600」シリーズは、A1とA0の2モデルを提供します。A3/A4カット紙・ロール紙自動切換えシートフィーダーを標準付属し、ワークフローを効率化します。また、スタンド標準搭載のほか、メモリの増加とHP-GL/2ネイティブサポートによって複雑なCAD図面などでも正確にプリントができます。

● 卓越したシンプルさ:A3トレイを標準付属し、用紙サイズによってロール紙・カット紙を手動で切り替えることなく、「HP Click」によるワンクリックプリントを実現。

● 働き方にマッチ:A1サイズ25秒の高速プリントで、プリントの待ち時間を大幅に削減(*6)。

● モビリティの向上:スマホやタブレットからHP Smartアプリを使用してどこからでもプリント可能。

コンパクトな「HP DesignJet T200」シリーズと同様に、「HP DesignJet T600」シリーズも再生プラスチックを30%使用しており(*4)、2025年までにプリンティングとパーソナルシステムズの製品で使用する再生プラスチックの使用量を30%までに増やすというHPの目標達成に寄与し、前倒しで目標に達成しています。

〈「HP DesignJet Studio」シリーズ〉

 

デザイナーにとって、ワークプレイスのスタイルは自分の個性を表すものです。スタイリッシュなホワイトのボディーに木目調の仕上げを施した「HP DesignJet Studio」シリーズは、上級のプリント体験を提供し、速度や品質、使いやすさを損なわないように設計されています。

性能とデザインを両立した「HP DesignJet Studio」は、顧客ごとに異なる要求への対応を可能にすると同時に、顧客と接するワークプレイスに適したデザイン性の高い大判プリンターを求めるクリエイティブのプロフェッショナル向けです。

持続可能性の課題に対応した「HP DesignJet Studio」シリーズは、The CarbonNeutral Protocolに準拠し、CarbonNeutral®認証を取得しています。原材料の抽出から、製造、輸送、HPプリンター/HP純正の消耗品/プリント用紙の使用、保守の終了日まで、ライフサイクル全体にわたるCO2排出量に対処しています(*7)。

「HP DesignJet Studio」シリーズはさまざまな用紙サイズのワークフローに対応しています。さらに、ワンクリックでプリント可能なHP Clickプリンティングソフトウェアが無償で提供されており、HP Smartアプリであらゆるスマートデバイスからジョブを開始できます。

〈2020年度グッドデザイン賞受賞〉
「HP DesignJet Studio」は、2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
《審査委員の評価》
大型の出力装置が必要なオフィスが、必ずしもオフィス然とした味気ない空間であるとは限らない。建築事務所やデザインスタジオ等、美しい空間を創り出そうとしている現場において、いかにも効率とコストを優先した無機質な事務機器が置かれる事にうんざりするのもうなずける。この大型プリンターはそんな不満に対し、吟味されたCMFと細部への作り込みによって、装置というより家具に近い存在感で見事に答えている。

製品名希望小売価格(税抜)
HP DesignJet T230 A1モデル¥158,000(税抜)
HP DesignJet T250 A1モデル¥168,000(税抜)
HP DesignJet T650 A1モデル¥178,000(税抜)
HP DesignJet T650 A0 モデルス¥278,000(税抜)
HP DesignJet Studio A1 24インチモデル¥258,000(税抜)
HP DesignJet Studio A0 36インチモデル¥358,000(税抜)

※HP DesignJet T230 A1モデルはHP Directplus専用モデルです。

*1:「HP DesignJet T200」シリーズは同等のサイズと機能の他社製品と比べフットプリントが最大40%小型(2020年1月時点)。

*2:HP Clickソフトウェアによるワンクリックプリント。PDF、JPEG、TIFF、DWF、HP-GL/2形式のファイルに対応。

*3:「HP DesignJet T230プリンター」はA1サイズを35秒でプリント可能。「HP DesignJet T250プリンター」はA1サイズを30秒でプリント可能。

*4:「HP DesignJet Studio」はシリーズ初のカーボンニュートラルな大判プリンター。「HP DesignJet T200/600」は再生プラスチックを30%使用。

*5:前世代モデル(「HP DesignJet T100プリンター」シリーズ、現行モデルは「HP DesignJet T200プリンター」シリーズ)よりも設計における持続可能性が向上。GaBi 8.5(2018年)ソフトウェアでReCiPe (H) v. 1.1(2016年)を使用してISO 14040/14044ライフサイクルアセスメントに従った算出に基づき、年間予想売上高を反映。PCB、ラベル、ケーブル、コネクター、電子部品、光学部品、ESD部品、EMI部品は再生プラスチック使用量の算出から除外。「HP DesignJet T200/T600プリンター」シリーズは総製品重量で9%以上の再生プラスチック使用量を含む。

*6:「HP DesignJet T600プリンター」シリーズのA1モデルはA1サイズを26秒でプリント可能、A0モデルはA1サイズを25秒でプリント可能。

*7:HPは、エネルギー効率、パッケージ削減、再生プラスチックの使用など様々な取り組みを通じてカーボンフットプリントの発生を可能なかぎり削減しています。「HP DesignJet Studio」は、原材料の抽出および加工、プリンターの製造および輸送、電気/プリント用紙/カートリッジの使用によってやむをえず排出されてしまったCO2をすべてThe CarbonNeutral Protocol( https://www.carbonneutral.com/how/carbonneutral-protocol )に準拠した形で相殺した最初のHP DesignJetです。

「HP Designjet」プリンターに関する情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/designjet

製品写真ライブラリ(画像データは以下のURLからご覧になれます。)
 http://www.hp.com/jp/designjet_pr