PCをサービスとして提供する「HP Device as a Service」を発表

2016年8月19日

株式会社 日本HP


株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史)は、PC本体ならびにPCライフサイクル管理を一元化し、月額固定制のサービスとして提供する「HP Device as a Service(エイチピー・デバイス・アズ・ア・サービス)」を発表します。本サービスにより、企業は最新のハードウェアを活用しながら、PCに関わる総所有コストを計画的に管理でき、IT部門におけるハードウェアの管理やサポートなどの業務負担を軽減することが可能となります。

「HP Device as a Service」は、業務に必要なPCテクノロジーとサポートを効率的に導入し、PCをサービスとして利用するという新しいコンセプトによるサービスです。「HP Device as a Service」では、主に以下のサービスを提供します。
・計画/設計:現状調査、ソリューションの設計立案、導入計画の策定
・設定:OSおよびアプリケーション設定、組み込み、ラベル/タグ付け
・展開:データ移行、インストール、配送
・最適化:IMAC(設置、移設、増設、変更)、ヘルプデスク、セキュリティ対応、IT資産管理
・保守:常駐エンジニア、マルチベンダー対応、専用コールセンター、保証拡張
・廃棄:データ消去、デバイスの廃棄、買い取り

PC本体ならびにPCライフサイクル管理全般を単一の契約として提供することで、企業は年間コストの予測が可能になり、ビジネス成長に必要なプロジェクトに予算を柔軟に振り向けられるようになります。また、拡張性を備えているため、組織の変更にあわせてPC環境を容易に調整できます。さらに、従業員に最新のPC端末を提供することで、生産性のさらなる向上に貢献します。

「HP Device as a Service」では、PCの使用料を月額固定制で提供します。契約期間中は、PCの設定やインストール、データ移行、保守、廃棄など、お客様にそれぞれ最適化されたサービスならびにサポートが提供されます。

「HP Device as a Service」は、8月19日より提供を開始します。


「HP Device as a Service」に関する情報は、以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/DaaS