世界中のあらゆる場所ですべての人々が革新を続けることを支援する「新生HP Inc.」へ

2015年11月19日

株式会社 日本HP

本リリースは、HP Inc.(本社:米国カリフォルニア州パロアルト)が、2015年11月2日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。

HP Inc.はこのたび、フォーチュン100社に入る規模の新たな公開企業としてグローバルで事業を開始しました。プリンティングとパーソナルシステムズ分野においてグローバルリーダーであるHP Inc.は、世界中のあらゆる場所ですべての人々の生活を向上させるためのテクノロジーの創出に注力しています。

約5万人の従業員と、76年間のイノベーションの歴史を礎とする新生HP Inc.は、社会に必要とされるテクノロジーを創造し、そのテクノロジーがすべての企業や個人に、またそれぞれの状況や環境に適応することで、人々が容易かつ自然にアイデアを形にできる世界を目指しています。

HP Inc.の社長兼CEO、ディオン・ワイズラー(Dion Weisler)は、次のように述べています。「絶えず変化し、互いにつながり合う社会において、HP Inc.は、テクノロジーや将来に向け革新を続けることで、それぞれの業界や地域社会、個人が、それぞれにおいて最も重要と考えることを実行し、発想し、また形にするための変革を支援します。我々はこの難しい課題に、ベンチャー精神と活力、ならびにフォーチュン100社の規模を持つ企業としての知力と体力、決意をもって取り組んでまいります。」

HP Inc.は、プリンティングならびにPC市場におけるリーダーという地位を生かして、お客様にとってプリントをより手軽で楽しいものにするとともに、パーソナルシステムズ事業においては高価値を持つ優れたデザインとユーザー体験を提供します。また、コピー機やグラフィクス印刷、企業向けモビリティなどの隣接市場においても成長を追求します。さらに、3Dプリンティングおよびイマーシブ(没入型)コンピューティング・プラットフォームを通じて現実の世界とデジタルを融合させた新たな市場を創造します。

ディオン・ワイズラーはさらに、次のように述べています。「我々は採用する人材や生み出すテクノロジー、実現する体験、お客様への接し方や従業員同士のやりとりを通じて、人々に驚きを与えることを目指しています。我々は世界を変えることのできる、とても貴重な機会を手にしています。全力でこの機会を捉え、永きにわたり革新を継続してまいります。」

HP Inc. について
HP Inc.は、世界中のあらゆる場所のすべての人々の生活を向上させるためのテクノロジーを創出しています。プリンターやPC、モバイル端末、ソリューションやサービスなどの幅広いポートフォリオを通じて、驚きの体験を提供します。HP(NYSE:HPQ)に関する詳細は、http://www.hp.com を参照ください。

将来の見通しに対する記述
このニュースリリースには、1995年米国民事訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の「セーフハーバー」規定に定義する「将来の見通しに関する記述」に該当する記述を含んでいます。これらの記述には、リスク、不確実性および仮定が含まれています。このようなリスクや不確実性が実際に起こる場合や、仮定が誤っていると判明した場合には、HP Inc.および連結子会社の業績は、これらの将来の見通しや仮定に関する記述で明示または暗示されていた業績予想と大きく異なることがあります。過去の事実に基づく記述を除くすべての記述は、将来の見通しに関する記述と見なされる可能性があります。これには、期待もしくは確信に基づく記述や、仮定に基づいた将来の見通しに関する記述を含みます。これらのリスクや不確実性、仮定には、業績が予測通りに推移せず、分社化の戦略が成功裏に遂行されない可能性や、2014年10月31日に終了した会計年度のHP Inc.の年次報告書(フォーム10-K)、2015年4月30日ならびに7月31日に終了した四半期の四半期報告書(フォーム10-Q)、HP Inc.が証券取引委員会に提出したその他の提出物に記載されたその他のリスクなどが含まれます。HP Inc.は、これらの将来の見通しに関する記述を更新する責任を負わず、また更新もいたしません。