【HPビジネスPC導入事例】
日本全国に、HP。-株式会社 Olympic

株式会社Olympic 高井戸店 デリカ事業部主任 小山圭以さん
株式会社Olympic

Olympicの店舗系業務を劇的に効率化した
HP ビジネスタブレット

  • 株式会社 Olympic
  • 高井戸店 デリカ事業部主任
  • 小山 圭以さん

【会社概要】
会社名:株式会社Olympicグループ
業種:小売・サービス
設立:1962年
資本金:99億4,638万円
従業員数(連結):社員1256名、エリア社員(8h換算)3,026名
URL:http://www.olympic-corp.co.jp/
導入機種:HP ElitePad 1000 G2 タブレット

関東を中心にさまざまなスタイルの小売店をチェーン展開している株式会社 Olympicグループ。圧倒的な品揃えを誇る食品はもちろんのこと、日用品やスポーツアイテムなどのディスカウント、さらにはペットや自転車、ゴルフ、シューズなどの専門店も擁し、独自のスタンスでビジネスを推進しています。
特に大規模な店舗では1店舗の中に各種専門店群やフードコートなども備え、1日中店内にいても飽きずにショッピングを楽しめるほど、充実した品揃えを誇っています。
そのOlympicでは、これまで店舗で発注業務などに使用していたハンディターミナルと基幹系業務に活用していた端末(パソコン)をビジネスタブレット「HP ElitePad 1000 G2」に統合。店舗周り業務の全領域で劇的な効率化を実現しています。
Olympic高井戸店のデリカ事業部主任の小山圭以さんに「HP ElitePad 1000 G2」の使用感や仕事がどう変わったかをお聞きしました。

以前よりも大きくなった画面で作業効率が格段に向上しています。

―― 普段の仕事ではどのようなことをされていますか?

デリカコーナー担当として、毎朝、商品の品出しから始まり、商品の製造をしています。Olympicではサラダやお弁当をはじめ、毎日店内で製造している惣菜類が数多くあります。新鮮でおいしいとお客様にもご好評をいただいています。あとは発注業務ですね。ここにタブレットを使っています。

広大な敷地面積を擁するOlympic高井戸店

お酒コーナーは圧巻の品揃え。特にワインには力を入れており、
店舗によってはソムリエを配するほどである。

―― 「HP ElitePad 1000 G2」の使い心地はいかがですか?

以前はハンディターミナルという発注専用の端末を使っていたのですが、それに比べると画面が大きくなって、とても使いやすいです。作業効率も上がっていて、前よりも8割増しくらいで良くなったと思います。できることも増えていて、いくつ製造していくつ売れたという時間帯別の売上実績などもリアルタイムで見られるようになりました。

在庫確認や販売実績などの基幹系業務にも活用。他店の在庫もその場で確認できる

Bluetooth搭載でバーコードスキャナーなどともワイヤレス接続が可能

販売実績などのデータをタブレットからいつでも確認できるようになりました。

―― 「HP ElitePad 1000 G2」が導入されて、仕事はどのように変わりましたか?

販売実績などのデータがその場で見られるようになったのは、本当に便利です。ほぼ毎時間確認するものなのですが、以前はパソコンがある部屋に行かないと見られなかったのが、タブレットでいつでもどこでもチェックできるようになりました。特に売り場は1階なのに事務所が4階にあるような店舗の場合は、その都度行ったり来たりすることがなくなったので、かなり楽になったのではと思います。

――では、今後の抱負をお聞かせください。

今は商品を作って売り場に出してという店舗だけの仕事をしているのですが、将来的には商品自体を企画するような仕事をしてみたいなと考えています。自分から手を挙げればどんどん上に引き上げてくれる、そういう環境の職場ですから、ぜひチャレンジしてみようと思っています。

Olympicでは、グループ会社である「オー・エス・シー・フーズ」が季節感のある
和菓子の商品企画、及び、製造を担当、店舗では専用売場を作り力を入れて販売している。

自転車売場。高井戸店では敷地内の別棟で展開している

ゴルフコーナーも専門量販店に遜色のない品揃えを誇る

オリジナル商品のペットフードは原材料に徹底的にこだわったという

店舗業務のすべての領域で、業務効率が格段に向上。
HPビジネスタブレットの導入は大成功だと考えています。

店舗で受発注業務に使っていたハンディターミナルが老朽化し代替機を検討したおり、Windowsタブレットなら受発注業務だけでなく、基幹系や情報系などの業務にも活用できると考え、HPのビジネスタブレット「HP ElitePad 1000 G2 タブレット」を採用しました。

Olympicでは独自開発した「OLYON」という基幹システム上で、商品マスタ、発注・仕入、売上実績管理、単品在庫管理等、様々な業務が稼働しています。従来は、1店舗につき405台配備したパソコンからしか確認や操作ができませんでした。また、多層階の店舗では、売り場と事務所を何度も往復するのは負荷が大きいとの声も上がっていました。

これらを勘案して、Olympic全体で800台のタブレットを導入し、各店舗の各売り場に数台ずつという単位で展開しています。これまでは、パソコン台数分の人数しか基幹システムにアクセスできなかったものが、必要とするスタッフが何時でも何処でもタブレットから基幹システムにアクセスし業務ができるようになりました。

また、タブレットの展開に合わせグループウェアも導入し、連絡や情報共有に活用しています。たとえば本部から売り場作成指示を送付し、それを元に各店舗で作った売り場を写真撮影して全店舗で共有することで、優れた陳列のアイデアや工夫を全店展開するなど、売り場のクオリティ向上にも貢献しています。これらもかつては紙の文書やメールの添付ファイルでやりとりしていたので、相当なスピードアップと業務効率化を達成していると考えています。

受発注業務も画面が大きくなり、見やすく使いやすくなったので、特に年齢の高いエリア社員の方から好評です。彼、彼女たちは貴重な戦力なので、その満足度が上がっているのはなによりですね。

「HP ElitePad 1000 G2 タブレット」自体としては、米軍の調達基準を満たすほどの堅牢性を高く評価しています。ハンディターミナルは落としたりぶつけたりすることが多く、故障率も高かったのですが、このタブレットは同じように使っていても想定していた以上に壊れにくいです。

セキュリティ面ではモバイルデバイスの盗難・紛失時の情報漏洩防止と資産保護にも対応しているData&Device Security(DDS)でリモートからデータを削除して情報漏洩を防止したり、ロックして悪用を防ぐことが出来るので万が一の時でも安心です。また導入時も大量のタブレットのセットアップを1台ずつ行ったのではなく、HPのサービスを活用して、納品されるタブレットに事前にシステムイメージを展開することができたので、セットアップ作業などの工数も大幅に削減することができました。「HP ElitePad 1000 G2 タブレット」導入は大成功だったと考えています。

株式会社スコア グループIT企画部
取締役 本郷進氏

※株式会社スコア様は株式会社Olympic様をはじめとする株式会社Olympicグループ様をIT面から支えるグループ企業の一員です。

HPビジネスPCラインアップ

  • 法人ノート

    法人ノート

    長期利用に求められる高い耐久性に加え、メンテナンス性、セキュリティ性、拡張性、互換性など、ビジネスにおける様々な厳しい要求にお答えします。

    詳しくはこちら

  • 法人タブレット

    法人タブレット

    様々なビジネス用途に合わせて拡張性も備えた、ビジネスのために設計されたタブレットシリーズです。

    詳しくはこちら

  • 法人デスクトップ

    法人デスクトップ

    運用コスト削減するパフォーマンスシリーズ、初期導入コスト削減するスタンダードシリーズ、プライスパフォーマンスを追求したエントリーシリーズをご用意。豊富なラインアップから選択いただけます。

    詳しくはこちら

  • HP ワークステーション

    HP ワークステーション

    ニーズに合わせて選べる豊富なプラットフォーム

    詳しくはこちら

  • HP シンクライアント

    HP シンクライアント

    優れた処理性能と、快適利用を実現するソフトウェアで高いユーザー満足を実現すると共に、便利なツールでIT管理者の負担を減らします。デスクトップタイプからモバイルまで充実のラインナップ。

    詳しくはこちら

※本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。

  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。