【HPビジネスPC導入事例】
株式会社エー・ジー総合設計

株式会社エー・ジー総合設計 江本 真紀さん

AG総合設計の業務をスマートに
変えていくHP “2 in 1” タブレット

  • 株式会社エー・ジー総合設計
  • 江本 真紀さん

【企業概要】
会社名:株式会社エー・ジー総合設計
業種:建築設計
業務内容:建築設計・監理、事業計画 及び コンサルタント・ 建設マネジメント(CM)、店舗開発及び企画(調査・研究)
URL:http://www.agson.jp/
導入機種:HP Elite x2 1012 G1

鉄橋をモチーフにした「U-STAGE」

北海道は札幌市・中央区。市の中心部に位置する札幌市中島公園から西に向かうと、鉄橋のようなユニークな建物が見えてきます。そこは住宅から商業施設まで、幅広い設計活動を展開するAG総合設計の拠点「U-STAGE」です。 北海道の気候・風土を知り尽くした同社が手がける建築は、各方面から高い評価を得ています。 そんなAG総合設計では、このほど“3 in 1”で使えるビジネスタブレット「HP Elite x2 1012 G1」を導入し、業務の効率化やワークスタイルの変革にどのような貢献ができるのか、検証を始めています。実際に「HP Elite x2 1012 G1」を日々の業務に使っている江本真紀さんにお話をお聞きしました。

建築設計事務所の設計補助として さまざまな業務に携わっています。

―― 普段はどのような仕事をしているのですか。

私は設計補助を担当しています。設計や作図、事務など、建築設計事務所の業務全般に関して、上長や建築士を補佐する役割です。
具体的には図面をもとに建築模型を作ったり、施主様にご提案する資料や工事用の図面を作成したりしています。工事が始まったら建築現場に出向いて進捗を監理するようなこともしています。

―― 「HP Elite x2 1012 G1」をどの様に活用されますか?

建築の仕事は大勢の人が関わっているので、プロジェクトをスムーズに進めるためには情報共有がとても大切です。しかも、言葉や文字だけでは説明が難しいデザインなどのやり取りも発生します。
そこで画像や動画などで補足することができたら、より円滑に業務が回るのではないかと考えました。そのときに、タブレットとしても、ノートパソコンやデスクトップパソコンのように使える「HP Elite x2 1012 G1」であれば、場所を選ばずに活躍してくれそうだと考えました。

「U-STAGE」内のオフィスエリアは白基調のさわやかな空間だ

建築のイメージを正確に伝えるには図面や模型が必須とのこと

画面に直接書きこめるスタイラスペンは強力なツールになりそうです

―― 「HP Elite x2 1012 G1」を使われた感想はいかがですか?

以前は打ち合わせなどに紙の資料や図面を大量に持ち歩いていましたが、それらもデータ化することで、このコンパクトなタブレットに収まってしまうので、とても楽になりました。
また、付属のスタイラスペンで画面上で直接手書き入力できるのは本当にいいですね。施主様や協力会社と打ち合わせをしているときに、修正したり検討が必要なところがある場合には、その場で画面に映した図面に書き込むことができます。「Skype for Business」などのアプリケーションを使えば、現場に行けない建築士などともリアルタイムでやりとりできますし、視覚的に最新の情報を共有できることで、プロジェクト進行のスピードと精度の向上におおいに貢献するのではと思います。
社に戻れば無線ドッキングステーションでワイヤレスで大きなモニターにつながるので、図面を修正したり提案資料を作る際の作業効率も上がると思います。これは一般的な事務作業にも有効ですね。

「U-スタッフとの情報共有にも「HP Elite x2 1012 G1」は欠かせない

大量の資料の整理も江本さんの日常業務だ

―― では、今後の抱負を教えてください。

タブレットとして出先でのプレゼンテーションや情報共有に使え、オフィスに戻ればノートパソコン、あるいはデスクトップパソコンのように事務作業や資料作成に使えるのは、さまざまな業務をこの1台に統合できて、とても便利になりそうだと予感しています。リモートデスクトップ機能を活用して、外出先からオフィスのワークステーションの操作ができるようになれば、外出先でもタブレット上でCADの操作ができるようになり、簡単な図面修正などもその場でできるようになると思います。このように最新のデジタルデバイスを使いこなすことで、仕事の効率化、スピード化を追求していきたいと考えています。

「どこに行くにも手放さずに持ち歩いています」と江本さん

“内と外をつなぐ”という私の設計コンセプトと
場を選ばずに使えるこのタブレットは価値観が似ています。

株式会社エー・ジー総合設計 JIA登録建築家 一級建築士 宮崎 正之氏

株式会社エー・ジー総合設計
JIA登録建築家
一級建築士
宮崎 正之氏

当社は1981年に創業した北海道の建築設計事務所です。1996年に今の社名に改称し、2000年には現在の所在地である札幌市中央区に移転。2006年にはオフィスとギャラリーなどを併設する活動拠点として「U-STAGE」を開設しました。鉄橋をモチーフにしたこの建物は公益社団法人日本建築家協会のJIA優秀建築選2008に入選しています。

戸建住宅から商業施設、企業や組織の研修施設など、幅広くさまざまな案件を手がけていますが、共通することとして「建築は建主のアイデンティティを表わすものであり文化と歴史の集積場所」としてとらえています。さらに、人間が関わるものである以上、どこかに空間を設け、内と外をつなぐ心地良い中間領域を設けることを設計のコンセプトとしています。

今回、「HP Elite x2 1012 G1」を導入したのは、使う場所を選ばないパソコンという点で、“内と外をつなぐ”というところに共感し、興味を抱いたからです。 建築設計の仕事は、図面を描く仕事が大部分と思われるかもしれませんが、私にとっては建物が立つ場所に何度でも出向き、自分の目や耳でその場所を感じ、どのような建物が望ましいのかをイメージすることが非常に重要なのです。また、実務として建築現場に行き、工事を監理することも業務のひとつ。オフィスの中でも外でも分け隔てなく使えるパソコンには大きな可能性があると考えています。

実際に江本さんからはさまざまな業務をこのタブレットに統合できる可能性についての報告を受けており、「HP Elite x2 1012 G1」が当社の設計活動にどのような貢献を果たしてくれるのか楽しみにしているところです。

HPビジネスPCラインアップ

  • 法人ノート

    法人ノート

    長期利用に求められる高い耐久性に加え、メンテナンス性、セキュリティ性、拡張性、互換性など、ビジネスにおける様々な厳しい要求にお答えします。

    詳しくはこちら

  • 法人タブレット

    法人タブレット

    様々なビジネス用途に合わせて拡張性も備えた、ビジネスのために設計されたタブレットシリーズです。

    詳しくはこちら

  • 法人デスクトップ

    法人デスクトップ

    運用コスト削減するパフォーマンスシリーズ、初期導入コスト削減するスタンダードシリーズ、プライスパフォーマンスを追求したエントリーシリーズをご用意。豊富なラインアップから選択いただけます。

    詳しくはこちら

  • HP ワークステーション

    HP ワークステーション

    ニーズに合わせて選べる豊富なプラットフォーム

    詳しくはこちら

  • HP シンクライアント

    HP シンクライアント

    優れた処理性能と、快適利用を実現するソフトウェアで高いユーザー満足を実現すると共に、便利なツールでIT管理者の負担を減らします。デスクトップタイプからモバイルまで充実のラインナップ。

    詳しくはこちら

※本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。

  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。