掲載日:2022/07/28

HP Sure ClickのIntel / AMD RetBleed脆弱性対策について

IntelおよびAMDのRetBleed脆弱性

2022年7月12日、IntelとAMDは、両社の特定のCPUの設計上の脆弱性を開示しました。 これらの脆弱性は「RetBleed」と名付けられました。 HPは両方のベンダーと協力して、下記のリリースのHP Sure Clickに両方のCPUタイプに推奨される緩和策が含まれていることを確認しました。

このリリースで緩和された公開脆弱性のCVEおよびCVSスコアは下記のリンクのHPセキュリティ情報はをご参照ください。

https://support.hp.com/us-en/document/ish_6545619-6545663-16

 

影響のある製品

製品名

緩和されたバージョン

ステータス

HP Wolf Security for Business

 4.3.11.45 以降

 2022年7月13日から利用可能

HP Wolf Pro Security

 4.3.11.45 以降

 2022年7月13日から利用可能

HP Sure Click Enterprise

 4.3.11.45 以降 

 2022年7月13日から利用可能

HP Sure Access Enterprise

 8.0.125 および 4.3.11.45 以降

 2022年7月13日から利用可能

 

 

解決策

HPは、潜在的な脆弱性を軽減するために、IntelおよびAMDからの規範的なガイダンスを実装しました。

 

HP Wolf Security for Business (HP Sure Click) および HP Wolf Pro Security

  • ソフトウェアは、2022年7月13日にエンドポイントへの展開を自動的に開始します。

 

HP Sure Click Enterprise および HP Sure Access Enterprise

  • クラウドホスティングおよびソフトウェアアップデートサービスを選択したお客様は、2022年7月13日から自動アップデートの受信を開始します。
  • ソフトウェアアップデートをオプトインしていないお客様は、2022年7月12日以降、カスタマーポータルからアップデートされたソフトウェアをダウンロードできます。

 

HPはシステムを最新のファームウェアおよびソフトウェアで最新の状態に保つことをお勧めします。