掲載日:2021/11/29

実践サイバーハイジーン:HP Image Assistantのご紹介

実践サイバーハイジーン

サイバー攻撃の多くは脆弱性を悪用して行われます。パッチや修正プログラムを適用して脆弱性を解消することは、サイバーセキュリティの基本ですが、リモートワークやハイブリッドワークを前提とした分散されたワークプレイスにおいて、インターネット経由してデバイスに対しOS、ドライバー、BIOSの修正プログラムの適用、各種設定を行うことは容易ではありません。“実践サイバーハイジーン”シリーズでは、このような環境下でHPのビジネスPCに対して効果的にパッチや修正プログラムを適用するノウハウを解説します。

 

HP Image Assistantとは?

HP Image Assistant(HPIA)はITシステム管理者に対して、HPのビジネスPCのOSイメージの品質とセキュリティの向上を提供するアプリケーションです。無償でダウンロードしてPCにインストールしてお使いいただけます。

PCでHPIAを実行すると、そのPCのOSイメージ(BIOS、ドライバー、HPソフトウェアなど)をHPの工場イメージの良い構成と比較し、推奨するドライバーやソフトウェアをHP.COMからダウンロードしてインストールすることができます。また、それを単一のコマンドラインで実行することができるため、Microsoft Endpoint Manager(Intune)などを利用してリモートから実行する事も可能です。

 

ソフトウェアの入手方法とユーザーガイド

HPIAは以下のURLからダウンロードできます。

http://ftp.hp.com/pub/caps-softpaq/cmit/HPIA.html

 

HPIAのユーザーガイドはこちらから参照またはダウンロードできます。

https://ftp.ext.hp.com/pub/caps-softpaq/cmit/whitepapers/HPIAUserGuide.pdf

 

サポートプラットフォームはこちらから確認できます。

https://ftp.ext.hp.com/pub/caps-softpaq/cmit/imagepal/ref/platformList.html

 

HPIAの起動方法と機能の概要

HPIAのSoftPaq(spXXXXXX.exe)を実行してインストールウィザードを進めると、デフォルトではC:\SWSetup\spXXXXXXフォルダに展開されます。このフォルダ内の「HPImageAssistant.exe」を管理者権限で実行するとHPIAが起動します。

HIPAには以下の3つのメニュー項目があります。

イメージの分析

対象PCのOSイメージを分析して、問題の特定および推奨するドライバーやソフトウェアを提供します。

SoftPaqのダウンロード

OSの種類と機種を指定して、利用可能なドライバーやソフトウェアを提供します。自動インストールに対応しているものは自動インストール可能な状態に展開され、自動インストールのためのスクリプトも提供されます。

ドライバーパックの作成

OSの種類と機種を指定して、利用可能なドライバーのSoftPaqを提供します。INFによるインストールに対応しているものは、INF形式のドライバーパックを作成する事ができます。

 

イメージの分析の実行例

HPIAのメニューから「イメージの分析」を選択します。

ターゲットイメージを「このコンピュータ」、参照イメージを「HP.com」としてイメージの分析を行うと、HP推奨の参照イメージと比較して、分析した結果が表示されます。

図1.イメージの分析 - 概要 図1.イメージの分析 - 概要

 

推奨事項のタブから適用を推奨するドライバーやBIOSのSoftpaqをダウンロードできます。

図2.イメージの分析 - 推奨事項 図2.イメージの分析 - 推奨事項

 

操作に「SoftPaqのダウンロード、ファイルの展開、およびインストール」を選択して、ダウンロードしたドライバーやソフトウェアを自動インストールすることができます。

※サイレントインストールをサポートしているSoftpaqのみがインストールされます。

図3.イメージの分析 - ソリューションのダウンロード 図3.イメージの分析 - ソリューションのダウンロード

 

 

SoftPaqのダウンロードの実行例

HPIAのメニューから「Softpaqのダウンロード」を選択します。

[自分の製品の一覧]の作成の、「作成」または「編集」をクリックして、オペレーティングシステムと製品を選択します。

※この例では、OSに「Microsoft Windows 10 21H1(64ビット)を、製品に「HP EliteDesk 800 G8 Small Form Factor PC」を選択しています。

「分析」をクリックします。

利用可能なSoftPaqの中からダウンロードするドライバーやソフトウェアを選択して「ダウンロード」をクリックします。

図4.SoftPaqのダウンロード 図4.SoftPaqのダウンロード

 

操作に「SoftPaqのダウンロードおよび展開」を選択して、ダウンロードしたドライバーやソフトウェアのSoftpaqをフォルダに展開することができます。

図5.SoftPaqのダウンロード - 操作 図5.SoftPaqのダウンロード - 操作

 

ダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダ(ここではC:\HPIADownloads)に作成されたReadmeXXXX(XXXXは日時).HTMLファイルが表示されて、ダウンロードしたSoftPaqの情報を確認できます。

 

図6.SoftPaqのダウンロード - Readme 図6.SoftPaqのダウンロード - Readme

 

Softpaqが展開されたフォルダ(ここではC:\HPIADownloads¥spXXXXX)にはインストールのためのスクリプト(install.cmd)が含まれます。このinstall.cmdを実行すればそのSoftpaqのドライバーやソフトウェアをインストールできます。

別のPCにインストールしたい場合は、spXXXXXXフォルダごとコピーしてinstall.cmdを実行すればそのSoftpaqのドライバーやソフトウェアをインストールできます。

図7.SoftPaqが展開されたフォルダ 図7.SoftPaqが展開されたフォルダ

 

 

トライバーパックの作成の実行例

HPIAのメニューから「ドライバーパックの作成」を選択します。

オペレーティングシステムと製品を選択し、「分析」をクリックします。

※この例では、OSに「Microsoft Windows 10 21H1(64ビット)を、製品に「HP EliteDesk 800 G8 Small Form Factor PC」を選択しています。

図8.ドライバーパックの作成 図8.ドライバーパックの作成

 

利用可能なSfotPaqの中からダウンロードするドライバーを選択して「ダウンロード」をクリックします。

図9.ドライバーパックの作成 - 利用可能なSoftPaq 図9.ドライバーパックの作成 - 利用可能なSoftPaq

 

操作に「ドライバーパックの作成およびドライバーインストール実行可能ファイルのダウンロード」を選択して、ファイルの種類を、ZIP、CAB、WIMから選択して「開始」をクリックします。

ダウンロードフォルダー(ここではC:\HPIADownloads)にドライバーパック名(ここではHP EliteDesk 800 G8 Small Form Factor PC-Drivers)のフォルダが作成されてその中に保存されます。

図10.ドライバーパックの作成 - SoftPaqのダウンロード 図10.ドライバーパックの作成 - SoftPaqのダウンロード

 

ダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダー(ここではC:\HPIADownloads)内のドライバーパック名(ここではHP EliteDesk 800 G8 Small Form Factor PC-Drivers)のフォルダに作成された「ドライバーパック名(xxxx)Readme.HTMLファイル(XXXXは日時)が表示されて、カスタムドライバーパックの情報を確認できます。

図11.ドライバーパックの作成 - Readme 図11.ドライバーパックの作成 - Readme

 

ドライバーパック名のフォルダー(ここではC:\HPIADownloads\HP EliteDesk 800 G8 Small Form Factor PC-Drivers)内には、ドライバーSoftpaq、ドライバーSoftpaqを展開したフォルダ、ビルドしたドライバーパック、ドライバーパックの説明のHTMLファイルが含まれます。

図12.ドライバーパックが作成されたフォルダ 図12.ドライバーパックが作成されたフォルダ

 

 

HPIAのコマンドラインオプションの例

HPIAは、コマンドラインからのイメージの分析の実行をサポートしています。 IT管​​理者は、推奨事項の分析とダウンロードおよびインストールを自動化できます。コマンドラインオプションの詳細はHPIAのユーザガイドを参照してください。

https://ftp.ext.hp.com/pub/caps-softpaq/cmit/whitepapers/HPIAUserGuide.pdf

 

このコマンドは、推奨されるBIOS、ドライバー、ソフトウェア、ファームウェアなどのすべてのカテゴリのSoftPaqを特定のフォルダーにサイレントにダウンロードし、指定したフォルダーにレポートを作成します。

HPImageAssistant.exe /Operation:Analyze /Category:All /selection:All /action:download /silent /reportFolder:c:\HPIA\Report /softpaqdownloadfolder:c:\HPIA\download

 

推奨されるすべてのカテゴリのSoftPaqをサイレントにダウンロードして展開し、クライアントシステムのディレクトリまたはフォルダにレポートを作成するには、次のコマンドを使用します。

HPImageAssistant.exe /Operation:Analyze /Category:All /selection:All /action:extract /silent /reportFolder:c:\HPIA\Report /softpaqdownloadfolder:c:\HPIA\download

 

推奨事項のリストを取得またはC:\HPIAOut\Recommendationsフォルダーに保存するには、次のコマンドを使用します。

HPImageAssistant.exe /Operation:Analyze /Action:List /Silent /ReportFolder:C:\HPIAOut\Recommendations

 

推奨されるクリティカルドライバーSoftPaqsをダウンロードするには、次のコマンドを使用します。

HPImageAssistant.exe /Operation:Analyze /Category:Drivers /Selection:Critical /Action:Download /Silent

 

推奨されるすべてのドライバーSoftPaqsをダウンロードして自動インストールするには、次のコマンドを使用します。

HPImageAssistant.exe /Operation:Analyze /Category:Drivers /Selection:All /Action:Install /Silent



セキュリティに関連するページ

HP Wolf Security 各製品ページ
HP Wolf Securityにご興味をお持ちいただいた方は
下記セクションよりハードウェア、ソフトウェア、サービスの詳細をご確認ください。

HPのパソコンやプリンターに組み込まれているセキュアな基盤により、ますます巧妙になるサイバー攻撃からエンドポイントを堅牢に保護。
HP WOLF SECURITY FOR BUSINESS
HP WOLF PRINT PRO SECURITY
HPのセキュリティソフトは、マルウェアの“攻撃対象領域”を狭め、エンドポイントを保護。また、万が一、攻撃を受けても遠隔から復旧。
HP WOLF PRO SECURITY EDITION
HP SURE CLICK ENTERPRISE
IT部門のリソース不足や専任のIT担当がいない組織に、業界認定のセキュリティエキスパートによるマネージドサービスを提供。
HP WOLF PRO SECURITY SERVICE
HP WOLF PRINT ENTERPRISE SECURITY

関連記事