掲載日:2021/02/10

HP EliteOne 800 G6 All-in-One

HP EliteBook x360 1040 G7

画面を折り返せる2-in-1コンバーチブル

 x360は閉じた状態からキーボード裏と画面の背部がくっつくまで360度折り返せるコンバーチブル機構を意味します。通常のノートパソコンとして使うほか、折り返してタブレットのように使ったり、モニター画面だけを露出させて画面への没入感を高めるなど、そのときの作業に応じて柔軟なセッティングができます。






パソコンとの対話に欠かせないタッチ対応

 もちろんスクリーンはタッチ対応です。スマホと同様に、タッチ操作で各種の作業を進めることができます。ノートパソコンにタッチ操作は不要という論調もありますが、タブレットとして使うとき以外にも、ちょっと表示を拡大したいといったときにも、直感的に画面をさわってピンチ操作ができることで、大きなアドバンテージが得られます。

 

 

 

 

 

14型スクリーンだから隣のモバイルノートよりもひとまわり大きな画面

 フットプリントが6.4%コンパクトになったのに画面サイズは前世代機よりも大きな14インチを採用しています。13.3型のモバイルノートパソコンが多い中で、ゆったりと大きな文字サイズで文書等を表示できるので、作業の効率が上がります。

 

 

 

 

 

非光沢で明るいスクリーンは使う場所を選ばない

 非光沢で明るい表示は使う場所を選びません。ノートブック、テント、メディア、タブレットといったどんなスタイルでの使用時にも、快適なスクリーン表示をもたらします。その明るさも1,000nitsを実現、屋外などの明るいスペースでも優れた視認性を確保します。






自動ロックと解除でPCがセキュリティを確保HP Presence Aware

 PCの前にいるのは誰かを常に見守っています。席を離れれば自動でロック、戻れば顔認証でロック解除と、HP Presence Awareの近接センサーは、PCの前に正当な権限で操作ができるユーザーとしてあなたがいるかどうかを把握しています。だから、PCの電源を入れたままロックせずに不用意に席を離れても、自動ロックされることで、重要な機密が第三者に漏洩するリスクを最小限に抑えます。






バッテリが空っぽでも急いで充電

 急いででかけたいときに限ってPCのバッテリが不安。そんな経験はありませんか。でも30分で半分の容量を充電できるから心配はいりません。

 4セル54.5Whの大容量バッテリを内蔵し、JEITA測定法で21時間駆動を確保しています。Fast Chargeでバッテリの残り容量を50%まで復活させれば、でかける準備をしているわずか30分の間に半日程度の駆動時間分のバッテリ容量を調達できます。

わずか30分で50%を充電するFast Chargeがあるから充電し忘れでも安心。 わずか30分で50%を充電するFast Chargeがあるから充電し忘れでも安心。





生活音をかき消しオンライン会議を快適に

 オフィスやテレワーク、在宅勤務などでのオンライン会議で気になるのが日常空間の生活音です。AIベースのノイズキャンセル機能はサイレンやドアの開閉音、動物の鳴き声などのノイズを検知し、そのノイズを学習して抑制します。だから、多少騒がしい場所でも快適にオンライン会議にのぞめます。

 

 

 

 

 

使わないカメラはオフにしておけるHP Sure Shutter

 電子制御のプライバシーシャッターをWebカメラに装備、キー操作ひとつでカメラのオンオフを切り替えます。ノートPCのWebカメラが常にオンの状態では、いつも誰に覗かれているようで心配になる方も少なくありません。付箋紙やテープを貼り付けている方は多いと思います。Sure Shutterはさらにスマートにセキュリティを確保します。使うときだけカメラをオンにすることで、いきなりのオンラインミーティングでも意図しない背景が映り込んでしまうことがありません。

電源ボタンの左側にプライバシーシャッターのためのキーを装備。Webカメラのオンオフをキー操作ひとつで切り替え。 電源ボタンの左側にプライバシーシャッターのためのキーを装備。Webカメラのオンオフをキー操作ひとつで切り替え。





HP EliteBook史上、もっとも狭い額縁

 一般的なモバイルノートパソコンのスクリーンサイズである13.3インチよりもひとまわり大きな14インチスクリーンは、前世代に比べて、ベゼルの幅を上部で44%、左右で18%、下部で21%狭額化しています。液晶を開いたときに目に飛び込んでくるスクリーンは、天板サイズの実に89%という画面占有率を誇ります。






豊富なポートで拡張性を確保

 USB3.1ポート×2(パワーオフUSB充電対応)、USB Type-Cポート(Thunderbolt™ ) x2、コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック×1をもち、あらゆる外部機器の接続に備えます。Type-CポートはUSBより高速なデータ伝送規格としてのThunderbolt 3に対応、もちろん、過去のUSBとの互換性も保たれています。

 

 

 

 

 

最新のワイヤレス装備でいつでもどこでもインターネット

 最新のWi-Fi規格に対応、以前のWi-Fi5(IEEE802.11ac)に対して、理論上約3倍のスピードでのデータ転送が可能です。多くのデバイスと同時に通信するためのテクノロジーや省電力への配慮により、混雑に左右されず、つながりにくさとは無縁で、バッテリへの負担を最小限に抑えたインターネット接続をかなえます(Wi-Fi6の機能を活かすにはアクセスポイントもWi-Fi6に対応している必要があります)。

 

 

 

 

 

LTEで大手通信事業者のモバイルネットワークを使ったセキュアな通信

 4G LTE搭載機では、各通信事業者のSIMカードをスロットに装着することでその通信サービスを使ったインターネット接続ができ、使うのが不安なパブリックスペースのWi-Fiに頼らないインターネット接続が可能です。

 

 

 

 

 

世界でもっとも安全なPC

 ハードウェアによる保護、ソフトウェアによる保護、その他の機能の組み合わせによって、サイバー攻撃のような脅威に備え、その被害を予防、検知し、復旧に至るまでのプロセスを担保します。


 HPの独自開発によるチップ「HP Endpoint Security Controller」が、PCの理想的な状態を原点とし、現在の状態と比較して安全を確保します。悪意による改ざんが発見されればただちに復旧を開始します。この機能によって、たとえPCのBIOSが攻撃によって改ざんされたとしても自動的に正常な状態に回復するHP Sure Startや、セキュリティ機能をオフにさせないHP Sure Run、ウィルス感染によってOSが起動しなくなってしまっても自動的にネットワークから必要なイメージをダウンロードしてリカバリーするHP Sure Recoverといった機能が装備されています。

 また、アンチウィルス対策のためのHP Sure Sense、ウェブ閲覧やメールの添付ファイルでの感染をなかったことにするHP Sure Clickなど、ソフトウェアによる対策などにより、HPのPCは、世界でもっとも安全なPCの座を守り続けています。






IT用語の豆知識

関連記事