検索

Windows 10を安心して利用するために

Windows10を安心して利用するために

HPならではのサポートがあります

Windows 10の導入に向けて検討しなければならない課題は少なくありません。
また、従来のOSと最も異なる点は導入後に「更新管理」が求められる事です。
私たちHPは、情報システム部門の方々の負担を軽減できるようにハードウェアとソフトウェア、そしてサービスを組み合わせた独自のソリューションをご提案します。

なぜ Windows 10にアップグレードすべきなのか?

従来OSの考え方
< 時間をかけた脅威への対策 >

Windows10の考え方
< 短サイクルで脅威への対策 >

ライセンス購入型のサービスパックモデルから、
無償アップデート型のサービス提供モデル“ Windows as a Service ”へ

高度なセキュリティ対策が実現できるようになりました

一方
検討すべき課題も
生まれています

頻繁におこる自動更新
大型アップデート(機能更新)は、年 2 回になります

  機能更新プログラム(FU) 品質更新プログラム(QU)
目的 Windows 10 の機能拡張
従来のOSアップグレードに相当
セキュリティ更新
頻度 年 2 回(3月と9月頃)
のリリースを予定
毎月
のリリースを予定

通常、上記のような更新モデルとなっています。
また、お客様のビジネスに合わせて複数のモデル
半期チャネル(SAC)と長期サービスチャネル(LTSC) が存在しており、
適切なモデルを選択する必要があります。
高頻度な更新作業は、PCの管理や検証を複雑化してしまう恐れがあります。

ネットワーク帯域を圧迫する恐れがあります

  機能更新プログラム(FU) 品質更新プログラム(QU)
容量 OS全体を更新するため 約 3.8GB
※ Windows 10 1809
累積パッチのため 1GB 超
※ Windows 10 1809
配信方法 高速インストールファイル
ピア to ピア 配信
帯域幅の制限
スケジュールされた配信
高速インストールファイル
ピア to ピア 配信
帯域幅の制限
スケジュールされた配信

機能更新プログラムと品質更新プログラムの両者において、大容量な通信を必要とします。
社内のインターネット帯域を圧迫しないように、各端末が適切なタイミングでアップデートするための制御システムやネットワークインフラの構築を検討しなければなりません。

サポート
サポート期間が切れるとサービス提供が終了します

Windows 10 のバージョン履歴 提供日 Home、Pro、および
Pro for Workstation エディションのサービスの終了
Enterprise および
Education エディションのサービスの終了
Windows 10
バージョン1703
2017 年 4 月 5 日 2018 年 10 月 9 日 2019 年 10 月 8 日
Windows 10
バージョン1709
2017 年 10 月 17 日 2019 年 4 月 9 日 2020 年 4 月 14 日
Windows 10
バージョン1803
2018 年 4 月 30 日 2019 年 11 月 12 日 2020 年 11 月 10 日
Windows 10
バージョン1809
2018 年 11 月 13 日 2020 年 5 月 12 日 2021 年 5 月 11 日

Windows 10のサポートライフサイクルはとてもユニークです。
エディションによってはバージョンごとに18ヶ月のサポート終了期間が定められているため
OSの更新作業を行わないままWindows 10を使っていると、自分が使っているOSのバージョンだけ、サポートが切れているという事態が発生しかねないのです。

2020年1月14日、Windows 7 延長サポート期限終了

様々な環境やタイミングに合わせたサポート

私たちHPはお客様の課題を解決するために、強みであるハードウェアはもちろん、ソフトウェアやサービスを組み合わせたトータルソリューションをご提案します。

  • Service
    Service
  • Software
    Software
  • Hardware
    Hardware

Windows 10の主な更新管理方法

自動更新に対するアプローチは様々です。例えば自動更新を遅延させたり、更新プログラムを社内サーバーで止めることが可能です。また、必要なプログラムを自動診断するツールなど、便利なソフトウェアを複数無償提供しています。お客様が導入したPCの数をもとに、最適なサービスを選択することが可能です。

  • Windows Update
  • PC利用者が自身のPCアップグレードサービス管理可能
  • Windows Update for Business
  • IT管理者による更新プログラムの制御機能、グループポリシーを使った一元管理、最大365日の更新延期
  • Windows Server Update Services
  • IT管理者による広範囲な更新プログラムの制御機能、更新プログラムの延期に加え、更新プログラムの承認機能(展開制限)を追加し、特定のグループに展開可能
  • System Center Configuration Manager
  • IT管理者による大規模広範囲な更新プログラムの制御機能、更新プログラムの制御に加え、アプリケーション展開、セキュリティ対策管理等のサービス展開可能
PC管理のインフラ環境 Active Directoryなし WSUS(Windows Server Update Service)なし
OSとアプリケーション Windows10 Proを導入 自社開発したアプリケーションはない
セキュリティ対策 Bitlockerを使用 Windows Defenderを使用
HPサービス

お勧めの管理ソフトウェア

HP Image Assistant(無償)

IT管理者が対象パソコンのOSイメージを分析して、推奨するドライバーやソフトウェアのインストールスクリプトを作成。また機能更新プログラムリリースにあたってアプリケーション検証後、スクリプトをUSBメモリに保存し、ドライバ等を各パソコンにインストールもしくは管理ツールからインストール可能。

モバイルPCユーザーのLAN利用

有線LANがないノートパソコンのために、HP製ドックは有線LANのMAC Addressパススルーに対応しています。

< 有線LANポートのない2in1パソコンなどの場合 >
MAC Addressパススルー機能のあるドックを使用すると有線LANで社内ネットワークに接続が可能です。

● MAC Addressパススルー非対応のドックの場合

ホストPCに接続してもドックの MAC Addressが承認されていないため接続できない [ FF-EE-DD-CC-BB-AA ]

MAC Addressパススルー非対応のドックの場合は、社内ネットワークに接続不可

● MAC Addressパススルー対応のHPドック

ホストPCに接続時ドックの MAC AddressがホストPCのアドレスに入れ替わる [ A1-B2-C3-D4-E5-F6 ]

MAC Addressパススルー対応のドックの場合は、社内ネットワークに接続可
PC管理のインフラ環境 Active Directory あり WSUS (Windows Sever Update Service) あり
MS SCCM( System Center Configuration Manager )なし  
OSとアプリケーション Windows10 Proを導入 自社開発アプリケーションを複数使用
セキュリティソフト Bitlockerを使用 Windows Defenderを使用
HPサービス

お勧めの管理ソフトウェア

HP Image Assistant(無償)

IT管理者が対象パソコンのOSイメージを分析して、推奨するドライバーやソフトウェアのインストールスクリプトを作成。また機能更新プログラムリリースにあたってアプリケーション検証後、スクリプトをUSBメモリに保存し、ドライバ等を各パソコンにインストールもしくは管理ツールからインストール可能。

HP Manageability Integration Kit (HP MIK)

MicrosoftのSystem Center Configuration Manager (SCCM) などと連携し、リモートからBIOSやTPMのバージョン変更も含めたOSイメージ展開を可能にします。IT管理者の作業時間とユーザーのダウンタイムを最小化します。

モバイルPCユーザーのLAN利用

有線LANがないノートパソコンのために、HP製ドックは有線LANのMAC Addressパススルーに対応しています。

< 有線LANポートのない2in1パソコンなどの場合 >
MAC Addressパススルー機能のあるドックを使用すると有線LANで社内ネットワークに接続が可能です。

● MAC Addressパススルー非対応のドックの場合

ホストPCに接続してもドックの MAC Addressが承認されていないため接続できない [ FF-EE-DD-CC-BB-AA ]

MAC Addressパススルー非対応のドックの場合は、社内ネットワークに接続不可

● MAC Addressパススルー対応のHPドック

ホストPCに接続時ドックの MAC AddressがホストPCのアドレスに入れ替わる [ A1-B2-C3-D4-E5-F6 ]

MAC Addressパススルー対応のドックの場合は、社内ネットワークに接続可
PC管理のインフラ環境 Active Directory あり WSUS (Windows Sever Update Service) あり
MS SCCM(System Center Configuration Manager) あり  
OSとアプリケーション Windows10 Enterpriseを導入 自社開発アプリケーションを複数使用
セキュリティソフト Bitlockerを使用 Windows Defenderを使用
HPサービス
マスター展開サービス
BIOSパスワード設定 /
HP Sure Click設定サービス

・データ移行サービス
・データ消去サービス
・マスター作成支援サービス

お勧めの管理ソフトウェア

HP Image Assistant(無償)

IT管理者が対象パソコンのOSイメージを分析して、推奨するドライバーやソフトウェアのインストールスクリプトを作成。また機能更新プログラムリリースにあたってアプリケーション検証後、スクリプトをUSBメモリに保存し、ドライバ等を各パソコンにインストールもしくは管理ツールからインストール可能。

HP Manageability Integration Kit (HP MIK)

MicrosoftのSystem Center Configuration Manager (SCCM) などと連携し、リモートからBIOSやTPMのバージョン変更も含めたOSイメージ展開を可能にします。IT管理者の作業時間とユーザーのダウンタイムを最小化します。

モバイルPCユーザーのLAN利用

有線LANがないノートパソコンのために、HP製ドックは有線LANのMAC Addressパススルーに対応しています。

< 有線LANポートのない2in1パソコンなどの場合 >
MAC Addressパススルー機能のあるドックを使用すると有線LANで社内ネットワークに接続が可能です。

● MAC Addressパススルー非対応のドックの場合

ホストPCに接続してもドックの MAC Addressが承認されていないため接続できない

MAC Addressパススルー非対応のドックの場合は、社内ネットワークに接続不可

● MAC Addressパススルー対応のHPドック

ホストPCに接続時ドックの MAC AddressがホストPCのアドレスに入れ替わる

MAC Addressパススルー対応のドックの場合は、社内ネットワークに接続可

参考

端末数100台未満の企業・団体が使用すると便利な管理ソフトウェア

“ Support Assistant ”

計画から廃棄まで寄り添い続けます

計画

導入計画アドバイザリーサービス

Windows 10をスムーズに導入するために、HPの知見を活かしたアドバイザリーを行います。
 

環境構築サービス

Active Directory、WSUS、Intune、Azure ADなどの構築サービス、およびWaaSの運用設計サービスを提供します。

生産

コンフィグレーションサービス

お客様仕様のパソコンをHP工場で生産し、お届けします。お客様のカスタムイメージをPCの構成型番に含めることができ、都度、単一の型番の発注のみでイメージの展開作業をHPに依頼することができます。

デプロイメントサービス

HP製品導入時に必要なさまざまな作業を提供します。HPの日野工場内にて行われるため、キッティング場所の確保が不要であり、そこまでの送料の負担、発送にかかる日数分、納期の短縮が可能です。

 
  
  
 

保守

CarePack

標準保証では補いきれないトラブルなどに備えて、個別のサポートを追加できるサービス、それがHP Care Packです。標準保証の延長から拡張保守、ヘルプデスクなど、サポート種類も豊富。お客様の利用状況に合わせて選択でき、より大きな安心を提供します。

販売保証

長期利用が前提となるお客様のために、同一仕様のビジネスPCを18ヶ月以上販売し続けることを保証します。また、rPOSに関しては60ヶ月の販売継続と5年の保守延長も可能です。これにより、いつ故障が起きてもすぐに修理・交換することができるため、安心してビジネスを行うことができます。

廃棄

デバイスリフレッシュサービス(買取サービス)

不要になった法人のお客様のPCを、HPが責任をもって買取させていただくサービ スです。HPは、安全かつ法と環境規制に準拠した形で廃棄を実行し、お客様の新たなPC導入を支援いたします。なお、買取対象のパソコンはHPパソコンである必要はなく、1台からでも利用することができます。

マンガで解説
Windows 10 移行ガイド
 

中堅商社 窓十商事で繰り広げられる
総務部長 大島ヤスシと
システム担当 住吉凜子による
ドタバタWindows 10 移行物語!

PDFを見る
ITmedia 抜き刷り
Windows 10への移行でセキュリティを高め「働き方」を変える

2020年1月にWindows 7のサポートが終了するのに伴い、
Windows 10への移行が迫られている。なぜ移行が不可欠なのか?
スムーズな移行と運用のためのヒントとは?
その理由について、詳しくひもといていこう。

PDFを見る

豊富なラインアップ

HPはノートパソコンやデスクトップパソコンだけでなく、OA 機器やワークステーション、そしてrPOS(ロングライフPC)などバラエティに富んだ製品群を誇っています。お客様のニーズに合ったデバイスが見つかります。

まずはお気軽に私達HPにご相談ください

お見積り・ご注文のご依頼

法人のお客様

0120-830-130

官公庁、教育/研究機関、医療機関のお客様

0120-703-203

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜19:00 (土・日曜日、祝日、年末年始 お休み)

●コールバックをご希望のお客様

ご都合のよいお時間にお電話差し上げます。
<携帯電話からも無料!>
コールバックご希望のお客様はこちら

●Eメールでのお問い合わせ

ご意見・ご要望および製品に関するご質問を
申込フォームにてお伺いいたします。
弊社からのご返答はEメールとなります。
お問い合わせフォームこちら

製品仕様についてのお問い合わせ

●製品仕様について

0120-436-555

携帯電話・PHS 03-5749-8291

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜19:00、
土曜日 10:00〜17:00
(日曜日、祝日、年末年始 お休み)

ご購入後のご質問と修理受け付け

●ビジネスデスクトップ、ビジネスノートPC
操作や技術的なお問い合わせ

0120-566-589

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜21:00、
土曜日 9:00〜17:00

修理受付や修理状況のお問い合わせ

0120-206-042

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜19:00、土曜日9:00〜17:00

●その他の製品

製品・技術的なご質問や修理に関するお問い合わせは こちら から

お知らせ・キャンペーン

LTE通信モジュールを内蔵で快適な通信環境をサポートするスタンダード・モバイルPC。HP ProBook 430 G6登場。(New!)

ワークスタイルの多様化にも対応するスタンダード薄型A4ノートパソコン。HP ProBook 450 G6登場。(New!)

AI、VR市場向けワークステーションHP ZBook 15 G6/HP ZBook 17 G6/HP VR Backpack G2を発表。(New!)

新登場!HP Reverb Virtual Reality Headsetプロフェッショナルエディション。(New!)

G20大阪サミット開催に伴う納品スケジュールのお知らせ(New!)

次世代Smartプリンター登場!HP OfficeJet Pro 9020/9010/8020/8028

高度なセキュリティ機能と高速印刷性能を盛り込んだLaserJet Enterprise新機種登場。

パフォーマンス性の高さに疑いの余地なし!AMD搭載パソコンが今アツい!

USB-C™ 接続でノートPCや超小型PCに給電可能なハイエンド23.8インチドッキングモニター E243d登場。

AMD Ryzen™ Pro 搭載、マルチメディア・マルチタスクに強いエントリーデスクトップHP Desktop Pro A G2登場。

担当者厳選のラインアップが最大61%オフ!初夏割キャンペーン実施中

Windows 10を安心して利用するために - HPが情報システム部門の皆様にお伝えしたいこと

HP 255 G6における特定のWindows Updateによる障害回避方法についてのお知らせ

日本ヒューレット・パッカードの売れ筋の省スペースサーバーが、遂に日本HPで販売開始!

HPE OfficeConnectを使用した小規模向けネットワーク取扱い開始

 close  
  
  
 
 close  
  
  
 
close