電話で購入相談
 <個人> 0120-111-238 <法人> 0120-830-130

CADに最適な HP Workstation

HP Workstationで
エンジニアリング環境を加速

高性能デスクトップとモバイルワークステーションにより新たなCAD・CAMの環境を構築できます。
HP Workstationは幅広いアプリケーションで認定され安定した環境を提供します。

◎ こんな方は、HP Workstation への移行をおすすめします。

  • ソリッドモデリングでのCAD設計を行いたい
  • 2Dから3D設計への移行を考えている
  • 3Dでの操作がサクサク・快適に行えるマシンが欲しい
  • データ容量が大きくなり現在のマシンではパワー不足を感じている

ワークステーションを知り尽くしたHP独自のソフトウェア

Performance Advisor

Performance Advisor

全てのHP Workstationにバンドルされているこのツールを活用すれば、メンテナンス時間を最小化できます。
ワークステーションの構成情報やアプリケーション情報をワンクリックで入手でき、ワークステーションをアプリケーションに最適化できます。

ZCentral Remote Boost

ZCentral Remote Boost

ワークステーションの性能と信頼性にどこからでもアクセスできます。
工場の現場から役員室までZCentral Remote Boostがあればワークステーションにリモートアクセスできます。
異なる国やオフィスのメンバーとリアルタイムにコラボレーションできます。このZCentral Remote Boostは全てのZシリーズワークステーションにバンドルされています。

HP Workstationのハードウェア構成のポイント

  • クロックの高いCPUほどCAD操作性が向上します。3.4GHz以上/4コアのCPUをお勧めします。
  • インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーは3D CADの高負荷作業に効果的です。
  • 解析・シミュレーションと併用する場合は6コア以上のマルチコアCPUおよびデュアルCPUも有利です。
  • インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーはレンダリングに効果的です。
  • SSD搭載モデルは高速起動とレスポンスのよさに加え、バックグラウンドでの自動データ保存でも操作に影響が出にくくなります。
  • データ保存に容量が必要な場合は、500GB以上のHDDを選択してください。
  • メモリは8GBを標準、大きめのデータを取り扱う場合は16GB以上を搭載してください。
  • ソリッドモデルを軽快に扱うには、Quadro P2200グラフィックス以上を選択してください。
    特に複雑な画像となる場合はQuadro RTX4000クラスも検討ください
ISV認証

ISVとの連携から生まれる高信頼性

HPは、主要ソフトウェアベンダーとの密接なパートナーシップを構築。それによってワークステーションの設計・開発段階から、アプリケーションの徹底的な動作確認や検証を通じて、積極的に関与。ワークステーションの性能とアプリケーションの機能を最大限に活用するためのプロセスを得て、初めて製品を送りだしています。

アプリケーション
Autdesk Civil3D / Autodesk InfraWorks / AutoCAD / ArchiCAD / Autodesk Revit / Vectorworks / Inventor / 3ds max / SolidWorks /Pro/ENGINEER / CATIA 等々

HP Workstation 海外事例

Morgan Motors Accelerates with Autodesk, HP, and NVIDIA (日本語字幕付)

推奨モデル

HP Z2 Mini G4

HP Z2 Mini G4

わずか2.7リットルの
ミニサイズワークステーション

詳しくはこちら
HP Z4 G4

HP Z4 G4

充実のパフォーマンスで
あらゆる業務に適したスタンダードモデル

詳しくはこちら
HP ZBook 15 G6

HP ZBook 15 G6

高度なセキュリティ・管理性・性能の
3つを兼ね備えたモバイルワークステーション

詳しくはこちら
HP Workstationは9年連続国内シェアNo.1

10年連続国内シェアNo.1には理由がある

30年にわたるWS専任の開発者

30年にわたる WS専任の開発者

HPでは30年以上前から専用ディビジョンを設け、ワークステーション専用の開発に専念。
エントリーモデルを含むすべてのラインアップにおいて、グラフィックスや最適化ツール、熱対策など、あくまでワークステーション専用にこだわった製品設計に努めています。

ISVとの連携から生まれる 高信頼性

ISVとの連携から生まれる 高信頼性

主要ソフトウェアベンダーと常にアプリケーションの最新情報やアップデート情報を共有するシステムを構築。
ISV認証を受けているため、最新のアプリケーションもスムーズに、最高の性能を発揮することが可能。
≫ 詳細はこちら

豊富な導入実績

豊富な導入実績

建築業やCAD,CG、映像制作、アニメーションから医療、学校、金融等々、多種多様な業種約90社以上のHP Workstation導入事例を掲載中!
≫ 導入事例を見る

土日・祝日修理対応!

土日・祝日修理対応!

標準保証として、3年保証サービス(3年間休日修理付ハードウェアオンサイト翌日対応、3年間パーツ保証)を実施。土日・祝日を含む3年間の翌日オンサイト(訪問修理)サービスとパーツ保証を標準でご用意。

東京生産!

東京生産!

国内生産への強いこだわり東京でつくって国内輸送。だから高品質のまますぐ届く。(※Z1、Mobile Workstationは除く)

東京サポート

東京サポート

HP Workstationは品質や性能に加え、サポート面においても確かなサービスを提供しています。ワークステーション専用のテクニカルサポート部署を東京に設置。万一のトラブルの際も、エンジニアによる適切なサポートをスピーディかつスムーズにご提供できる体制を整えています。

お知らせ・キャンペーン

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

購入前にご希望製品の納期の問い合わせをする際は、ご希望製品で見積を取得の上、受付番号を控えてご連絡をお願いします。
見積の取得方法については、こちらをご覧ください。

お見積・購入のご相談

個人のお客様
0120-111-238
受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00
土曜・日曜9:00~18:00
休業日:
祝日・年末年始
法人のお客様
0120-830-130
官公庁、教育/研究機関、医療機関のお客様
0120-703-203
受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00
休業日:
土曜、日曜、祝日、年末年始

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ

0120-436-555

受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00、土曜日 10:00~17:00
(日曜日、祝日、年末年始 お休み)

ご購入後のご質問と修理受付

法人向け製品:お電話でのお問い合わせ/修理保証のご案内窓口

≫ よくあるご質問とサポート関連情報

販売店モデル:
全国のHP 販売店にてお取扱いしております。HP販売店検索はこちら
ダイレクトモデル:
オンラインストアコールセンターKIOSK (店舗リスト) でのお取り扱いです。
  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。