ドッキングステーションの MAC アドレスが別のアドレスで認識される

USB-C および Thunderbolt 接続のドッキングステーションに搭載されているネットワークコントローラーの MAC アドレスが、別のアドレスで認識される場合の対処方法についてご案内します。

コンピューターの MAC Address Pass Through 機能が有効になっている場合に、ドッキングステーションに搭載されているネットワークコントローラーの MAC アドレスが別のアドレスで認識されることがあります。その場合には以下の手順をご確認ください。

手順

  1. コンピューターの電源を入れ、HP ロゴが表示されたタイミングで F10 キーを押し、BIOS セットアップ ユーティリティを起動します。
  2. [Advanced] (詳細設定) メニューから [MAC Address Pass Through] (MAC アドレス パス スルー) を選択します。
  3. [Host Based MAC Address] (ホストベースの MAC アドレス) の設定を、[System Address] (システム アドレス) から [Disable] (無効) に変更します。

    参考として、選択肢ごとの動作を説明します。

    ・Disabled (無効) : MAC Address Pass Through 機能を無効にしネットワークコントローラ本来の MAC アドレスで認識します。

    ・System Address (システム アドレス) : コンピューター本体で用意したMACアドレスで認識します。アドレスは本体標準のLANとも共通になります。

    ・Custom Address (カスタム アドレス) : MAC アドレスをカスタム設定できます。下の項目に表示されるアドレス欄から任意のアドレスを登録します。

  4. [Main] (メイン) メニューの [Save Changes and Exit] (変更を保存して終了) を選択します。
  5. [Save Changes?] (変更を保存しますか?) の確認で [Yes] (はい) を選択して終了します。
サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
100,100,100,100,100,100

問題解決ができない場合にはテクニカルサポートよりコールバックいたします

コールバック予約は24時間受付中です。ご予約いただいた時間にあわせコールバックいたします。ご予約はWebでお申し込みいただけます。