マージン(余白)設定について

マージン(余白)について、いくつかのオプション設定があります。
プリンタのマージンを調整することで、アプリケーションで使用できるページの印刷可能範囲を決めることができます。
マージンの設定方法をご案内します。

■HPGL2ドライバのマージン/レイアウトオプションの3種類の違いについて説明します

[標準]

[標準とは]: 印刷可能領域 = 用紙サイズ – マージン

イメージは選択したサイズのページに印刷され、イメージの端と用紙の端の間に狭いマージンが取られます。イメージのサイズは、マージン部分より小さくする必要があります。
指定した用紙サイズで印刷され、四辺(前後左右)に5mmのマージンが取られます。
補足: 指定した用紙サイズ - マージン = 印刷領域 で作図する必要があります。

印刷領域は選択した用紙サイズから、選択したマージンを取り除いた範囲になります。
選択したマージンが印刷領域に追加され、出力される用紙はセットされている用紙の端に揃えられます。
プリンタによって切り取られる用紙のサイズは、選択した用紙サイズと同じになります。

[オーバーサイズ]

[オーバーサイズとは]:印刷可能な範囲 = 用紙サイズ

イメージは選択したサイズより若干大きいページに印刷されます。マージンを切り落とす場合は、イメージの端と用紙の端の間にマージンを入れずに、選択したサイズのページを保持します。
補足: 指定した用紙サイズより大きなサイズで印刷されますので、指定したサイズよりも大きなサイズの用紙をご用意下さい。

印刷領域は、選択した用紙サイズの範囲になります。
選択したマージンが印刷領域に追加され、出力される用紙はセットされている用紙の端に揃えられます。
プリンタによって切り取られる用紙のサイズは、選択した用紙サイズに選択したマージンを加えたものと同じになります。

印刷するイメージ自体にマージンが含まれている場合は、イメージにマージンを追加しないようにプリンタを設定することによって正常に印刷できることがあります。

[内容をマージンでクリップ]

[内容をマージンでクリップとは]:内容に白いフチがあり、サイズがドライバで選択した用紙サイズと同じ場合は、このオプションを使用します。白いフチはプリンタによってマージンとして使用され、ドライバで選択したページサイズと同じサイズのページが得られます。
内容をマージンでクリップ
印刷したいデータに余白が含まれている場合、データ内にある余白を、プリンターのマージン(前後左右に5mm)として印刷します。

印刷領域は、選択した用紙サイズの範囲になります。
選択した用紙サイズはセットされている用紙の端に揃えられ、選択したマージンに合わせて 印刷イメージがクリップされます。
プリンタによって切り取られる用紙のサイズは、選択した用紙サイズと同じになります。
クリップされる領域のデータは印刷されません。

■PS3ドライバの余白/カッター設定の4種類の違いについて説明します。

  • [アプリケーション設定の使用] (ドライバ)/[標準設定の使用] (フロントパネル)。
    イメージは選択したサイズのページに印刷され、イメージの端と用紙の端の間に狭いマージンが取られます。 イメージは、マージン部分より小さいサイズにする必要があります。
  • [オーバーサイズ]:イメージは、選択したサイズより若干大きいページに印刷されます。
    マージンを切り落とす場合は、イメージの端と用紙の端の間にマージンを入れずに、選択したサイズのページを保持します。
  • [内容をマージンでクリップ]: イメージは選択したサイズのページに印刷され、イメージの端と用紙の端の間に狭いマージンが取られます。
    このオプションでは、イメージがページと同じサイズの場合、プリンタでイメージの両端が白または重要でないと判断され、印刷の必要がないと見なされます。 これは、イメージにフチがある場合に役に立ちます。
  • [フチ無し]: イメージは、選択したサイズのページにマージンなしで印刷されます。
    イメージは、イメージの端と用紙の端の間にマージンが残らないように、若干拡大されます。
    初期設定では、[水平カッター]ボックスがオンになっています。 用紙を手動でカットする場合はボックスをオフにしてください。
    デュアル ロール式プリンタをお持ちの場合は、用紙の右側と左側の端をカットする[トリマー]チェックボックスをオンにできます。

注意:ジョブの幅はプリンタに取り付けられているロール紙の幅とまったく同じですが、それでもジョブが一時停止するときの確認事項です。

マージンを管理する方法はファイルの種類によりさまざまです。

  • HP-GL/2およびHP RTLファイルの場合、デフォルトでは、マージンは描画の内側に含まれます。
    したがって、914mm のHP-GL/2およびHP RTLファイルは914mm のロール紙で印刷でき、一時停止しません。
  • ただし、PostScript、PDF、TIFF、またはJPEGなどその他のファイル形式の場合、描画の外側にマージンを追加する必要があるとプリンタによってみなされます (通常、これらのファイル形式は写真やその他のマージンを含まないイメージで使用されます)。
    このため、プリンタに取り付けられている用紙の幅が914 mmしかない場合、ジョブが保留になる可能性があります。
    描画の外側にマージンを余分に追加しないでこれらのファイル形式を印刷する場合、[内容をマージンでクリップ] オプションが使用できます。このオプションによって、マージンは描画の内側に設定されます。
    ただし、描画の境界線に余白が含まれていない場合、マージンによって内容の一部が印刷されない可能性があります。
サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
100,100,100,100,100,100

問題解決ができない場合にはテクニカルサポートよりコールバックいたします

コールバック予約は24時間受付中です。ご予約いただいた時間にあわせコールバックいたします。ご予約はWebでお申し込みいただけます。