OSの動作が遅くなることがある -「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合-

「HP Wolf Security」および「ウイルスバスタークラウド」の双方にて除外(例外)設定を行っていただくことにより回避することができます。

弊社法人向けデスクトップ製品、および法人向けノートブック製品に、トレンドマイクロ社製「ウイルスバスタークラウド」がインストールされた環境において、弊社製品にプリインストールされている「HP Wolf Security」と干渉し、OSの動作が遅くなるという事象が報告されております。
一般に、複数のアンチマルウェアソフトウェアがインストールされた環境で、個々のソフトウェアの設定において、双方のプロセスフォルダをスキャン対象から除外していない場合、干渉等の予期せぬ動作が発生する場合があります。
本事象は「HP Wolf Security」および「ウイルスバスタークラウド」の双方にて除外(例外)設定を行っていただくことにより回避することができます。

※ご注意 ウイルスバスタークラウドの設定におけるご不明点につきましては、トレンドマイクロ社のサポート窓口へお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

ウイルスバスタークラウドサポート
https://helpcenter.trendmicro.com/ja-jp/product-support/vb/

ウイルスバスター クラウドでの除外設定方法
https://helpcenter.trendmicro.com/ja-JP/article/TMKA-17234/

■HP Wolf Securityにおける除外設定手順

OSの通常モードで操作が可能な場合と、操作が不可の場合とで手順を分けております。通常モードで操作ができない場合は、<通常モードでは操作ができない場合>の手順を先にお試しください。

<通常モードで操作が可能な場合>

  1. タスクトレイのWolf Securityアイコンを右クリックし、「マルウェア防止を無効にする」をクリックします。
    ユーザーアカウント制御のウインドウが表示された場合は、「はい」を選択します。
  2. 再度、タスクトレイのWolf Securityを右クリックし、「デスクトップコンソールを開く」をクリックします。
  3. 「HP Wolf Securityのデスクトップコンソール」が起動します。「設定」>「除外」の順にクリックします。
    下図のように「フォルダーを追加」がグレーアウトしてクリックができない場合は、「管理」をクリックします。
    「ユーザーアカウント制御」のウインドウが表示されますので、「はい」を選択します。
  4. 「フォルダーを追加」をクリックします。
  5. 「フォルダー名を入力」の欄に、以下の通り入力し「OK」をクリックします。
    C:¥Program Files¥Trend Micro
  6. 下図のように、Trend Microフォルダーが除外設定欄に追加されていることを確認します。「HP Wolf Securityデスクトップコンソール」は右上の×印をクリックして閉じます。
  7. タスクトレイのWolf Securityアイコンを右クリックし、「マルウェア防止を有効にする」をクリックします。
    ユーザーアカウント制御のウインドウが表示された場合は、「はい」を選択します。
  8. タスクトレイのウイルスバスタークラウドのアイコンを右クリックし、「メイン画面の表示」をクリックします。
  9. ウイルスバスタークラウドのメイン画面が起動します。下図の歯車マークをクリックします。
  10. 「例外設定」をクリックします。
  11. 「例外設定」の「ファイル/フォルダ」が赤い文字で選択されていることを確認し、「+追加」をクリックします。
  12. 「項目の追加」ウインドウが開きますので、「参照」をクリックします。
  13. 「C:¥Program Files」以下にある「HP」フォルダを選択し、「開く」をクリックします。
  14. 下図のように「C:¥Program Files¥HP」が追加されていることを確認し、「OK」をクリックします。
  15. 「適用」>「OK」の順にクリックします。
  16. ウイルスバスタークラウドの画面を×印で閉じます。

<通常モードでは操作ができない場合>

  1. PCをセーフモード(※)で起動します。

    ※セーフモードでの起動方法についてはこちらのページをご参照ください。

  2. 起動後、[Windowsキー]と[Rキー]を同時に押し、「msconfig」と入力し「OK」をクリックします。
  3. [システム構成]が表示されるので、[サービス]のタブをクリックします。
  4. 以下の4項目のチェックを外し、サービスを無効にします。
    HP Sure Click Endpoint Service
    HP Sure Click Remote Management Service
    HP Sure Click Host Management Service
    HP Security Update Service
  5. 操作が完了したら、再起動してOSを通常起動します。
  6. <通常モードで操作が可能な場合>の手順 8 以降を参照いただき、ウイルスバスタークラウドの例外設定に、「C:¥Program Files¥HP」を追加します。
  7. [Windowsキー]と[Rキー]を同時に押し、「msconfig」と入力し「OK」をクリックします。
  8. 手順4で無効にしたサービスを有効に戻し、OSを再起動します。
    PC起動後、<通常モードで操作が可能な場合>の手順 26 を参照いただき、「HP Wolf Security」の例外設定に、「C:¥Program Files¥Trend Micro」を追加します。
サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
100,100,100,100,100,100

問題解決ができない場合にはテクニカルサポートよりコールバックいたします

コールバック予約は24時間受付中です。ご予約いただいた時間にあわせコールバックいたします。ご予約はWebでお申し込みいただけます。