日本HP | ノートパソコン、コンピューター、デスクトップ、プリンター他

HP LIVEサポートナビ回復ドライブを利用したリカバリー(Win10)

回復ドライブを利用したリカバリー(Win10)

回復ドライブをUSBメモリにて作成
作成したUSBメモリから起動し、リカバリを実行する

リカバリ ディスクの作成手順
  1. USBメモリからブートさせるため、BIOS設定を変更するか、F9ブートメニューから起動してください。
  2. キーボード選択画面になるので、下の黄枠の「See more keyboard layouts」を何度かクリックし、その後表示される赤枠の「Japanese」を選択します。
  3. Troubleshootを選択します。
  4. Recover from a drive(ドライブから回復する)を選択

    ※ドライブ選択後、以下の画面が出て回復キーを求められることがあります。
    HDDを暗号化していた場合のみ表示されるので、控えている回復キーを入力してください。

  5. Just remove my files(ファイルの削除のみ行う)をクリック。
  6. Recoverをクリック。
  7. リカバリーが始まります。
  8. 自動的に次の画面に変わります。
  9. 日本語をクリックすると言語設定が出てくるので、日本になっていることを確認して「次へ」をクリック。
  10. ライセンス条項です。内容をご確認の上、”承諾する” をクリック
  11. 簡単設定を使うをクリックします。この後はユーザー名の設定など通常のリカバリー後の画面になります。

問題解決ができない場合にはテクニカルサポートよりコールバックいたします

コールバック予約は24時間受付中です。ご予約いただいた時間にあわせコールバックいたします。ご予約はWebでお申し込みいただけます。

サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
サポート,連絡先,修理,故障,FAQ,質問
100,100,100,100,100,100