2022.04.20

デジタル印刷テクノロジー最前線
HP Indigo × GMG OpenColorで実現する色校正ソリューション

リンクをクリップボードにコピーしました

写真左)株式会社日本HP デジタルプレス事業本部 ビジネス開発部 出口 慶 氏
写真右)GMGジャパン株式会社 テクニカルセールスマネージャー 竹下 祥文 氏

 印刷物の仕上がりイメージや色調を本番生産前に事前確認・調整するのが色校正である。印刷の世界は奥が深く、色の再現性や安定性は印刷業界における永遠のテーマともいえる。オフセット印刷における校正の現場では、平台校正機の耐用年数が過ぎ、部品供給ストップに伴うサポート終了など、従来型の校正環境の維持が困難になりつつあるのが現状だ。代替校正機、色校正専門職ともに減少傾向にある現場に対し、印刷物の品質への要求は依然として高く、価格や納期へのプレッシャーも大きい。HPは、印刷会社が抱える色校正に関する課題に耳を傾け、HP Indigoデジタル印刷機とGMG OpenColorのコラボレーションによる新しい色校正のソリューションを打ち出した。

色校正における現状

 日本の印刷物の品質は世界でもトップレベルだといわれる。当然、色校正も高いレベルで要求されるケースが多い。デザイナーにとっては、自分の求める色で完璧にできあがった最終稿が自分の作品でもあるからだ。一方で、日本の色校正は、世界的な指標で見ればやや過剰だともいわれる。しかし、色校正がなければクライアントの思い通りのものが作成できず、何千部、何万部と印刷したものの色が違えば刷り直しとなってしまう。色校正は、クライアントに色の確認をしてもらうという目的の他に、契約書代わりの意味合いも併せ持つ。特に海外では、校正刷は厚みのあるインクジェットコート紙に刷られ、校了の署名欄が設けられるなど、それ自体が契約書のような役割を担っているという。言い換えれば、色校正は、印刷会社とクライアントが互いに印刷物の色に合意することで量産に進むための重要な工程なのだ。

 デジタル化が進む印刷業界において、色校正も時代とともに合理化・簡易化されてきた。特に商業印刷では、ブランドオーナーの判断で、PCモニター上のみで確認を行うデジタルプルーフなども増えている。しかしながら、印刷物そのものが商品である出版物や、厳密な色合わせが必要なカタログなどは、色に対する品質要求や紙へのこだわりが極めて高く、色校正は依然不可欠なプロセスとして位置づけられている。

 では、現在オフセット印刷の現場ではどのような色校正が実施されているのだろうか?ここで一度整理したい。

本機校正

 本番の量産時に使用する実際の印刷機、用紙、インキを使用するため、仕上がりとほぼ同じ校正が可能だが、版が必要で手間と時間がかかり、最もコストがかかる方法だ。主に高い色品質が要求される印刷物の校正で使われる。

平台校正

 校正に特化した専用の印刷機で、本番と同じ版や用紙を使用するため、実際の風合いに近く、本機校正よりも少ない損紙・インキ量で済む。しかし、構造上、気温や湿度などの影響を受けやすく、また、職人の個人差で色調のばらつきがあり、下版後、印刷オペレータが色調を合わせづらくトラブルが起きやすい。一方で、蛍光ピンク等の特色が使用できるため、平台校正機が必要とされる場面が根強く残る。

インクジェットデジタル印刷機校正

 枚葉型インクジェットデジタル印刷機でオフセット印刷機の色再現を疑似的に行う。本紙での校正が可能で色のブレが少なく、低価格・スピーディに色校正ができる。但し特色を搭載しない機種が多く特に蛍光色の再現が難しい。

インクジェットプリンター校正

 「インクジェットプルーファー」と呼ばれ、色校正用のプルーフソフトウェアと連携する大判インクジェットプリンターを使用。色校正の工程をデジタルで簡易化し、低コストを実現。現在では主流の校正方法となっている。利便性や色の安定性は高いが、インクジェット専用紙を使用するため、本紙の質感を確認できないというデメリットがある。

 印刷物の色合わせは、最終印刷物を生産する印刷機が基準となるが、色校正と本機印刷の色が違うというトラブルは後を絶たない。色校正では、どれだけキレイな色を出せるかを追求するのではなく、イメージ通りの色を的確に再現し、最終印刷物の色を一致させることが最優先事項となる

色校正が抱える課題

 校正は重要なプロセスだとはいえ、発注者が求めるのは最終製品である。当然、発注者も色校正で無駄なコストは掛けたくないはずだ。そこで、現在の色校正の課題について日本HPの出口氏に聞いた。

 「海外では、色校正をひとつのサービスとして有償化しているケースも見られますが、日本では一般的には色校正で1回当たりいくらというシステムにはなっていません。印刷の価格は、最終成果物に対する対価であり、色校正はあくまでも品質確認の手段だと考えられているため、色校正だけを有償化しづらく、本番印刷費等に転嫁しているのが現状です。そうなると、校正機やソフトウェアの導入に対する投資や予算確保は難しくなります。しかし、校正はやらなければならない。これが印刷業界のジレンマです。

 インクジェットプルーファーは、1システムあたり200万円台~500万円程度と比較的投資しやすいのは事実です。ところが、ここで大きな課題となるのが、CMYKと特色を掛け合わせる場合のシミュレーションです。これを実現するためには、ハードウェアとソフトウェアの両方が対応できなければなりません。特色を再現するには、ハード側でその特色インキそのものを搭載できるか、あるいは二次色のインキを持ち、色域の広いところから合わせ込んでいくか、そのどちらかが必要です。とりわけ蛍光色となれば、通常のインキでは対応できませんから、蛍光インキを特色として搭載できなければなりません。この分野は平台校正機を使って対応しているケースが多いのですが、これを代替しようとした時に、完璧に当てはまるソリューションがこれまではなかったのです。

 一方、マッチング精度を上げるには、色空間の特性を記録するプロファイルを作成し、カラーマネジメントできるソフトウェアが必要です。GMG OpenColorは、特色に対応できる色管理システムですが、以前は接続できるハードウェアが限定されていました。ですが、GMG ColorServerというソフトウェアを介して色変換することで、あらゆるデジタル印刷機で使用できるようになり、HP Indigoデジタル印刷機とGMG OpenColorの組み合わせが実現したのです」と出口氏は解説する。

HP Indigoデジタル印刷機が貢献できるポイント

 蛍光ピンクのインキは、出版分野で利用頻度が高く、特にコミックスで、キャラクターの肌を発色の良い仕上がりにするための補色として使用される。これはコミックスの伝統的な技法であり、日本特有の需要だ。HPは、日本のコミックス分野の要望に応える形で蛍光ピンクのインキを開発・商品化しているため、出版分野にとって魅力的なデジタル印刷機だといえる。なお、CMYKと特色がグラデーションの中で掛け合わせになる印刷需要は、出版分野においてはほぼ蛍光ピンクのみであるため、色校正のシステムを検討する上では、蛍光ピンクへの対応が重要なポイントとなる

 コミックスの表紙で使われる蛍光ピンクは、主にDICカラー584または584Bの2種類だという。HP Indigoデジタル印刷機はDIC584を搭載し、通常2ヒットで印刷するが、3ヒットさせてカラーマッチングすることで、濃度の高いDIC584Bに近似させることができるという。つまり、出版業界が求めるこの2種類のインキを再現できるのがHP Indigoデジタル印刷機の強みだ。

 「最新のHPデジタル印刷機は、キャリブレーションの精度も上がり、色差を表す平均ΔEではわずか1前後の値で補正できるものもあります。色安定性が高く、校正機としても申し分ありません。平台校正機で発生する内面ムラもなくなり、プロファイルに忠実に印刷されるので、むしろマッチング精度は平台校正機よりも上がるはずです。

 インクジェットプリンターの中には、蛍光色を出せるものもありますが、かなり大きいフラットベッド型で、価格は数千万円、印刷スピードは1時間当たり10枚程度というものです。色校正のためにそれだけの投資ができるか、と考えるとハードルが高いですが、HP Indigoデジタル印刷機は印刷スピードも速く、生産機としても使えるのが大きな差別化となります。きっかけは平台校正機のリプレースであっても、パーソナライズや可変印刷などを軸にした新たなデジタル印刷機のジョブを作ることで、投資のハードルを下げ、採算も取れれば一石二鳥となります」と出口氏は語った。

GMG OpenColorの機能

 これまでも、プロセスカラーや、プリンターの色域内にある特色単色であれば高い精度で再現できるソリューションはあったが、「CMYK×特色」または「特色×特色」の掛け合わせをデジタルプルーフ上で再現することは大変困難だった。結果として、特色を含む掛け合わせは、本機や平台校正機に頼らざるを得なかった。これを解決するために開発されたのがGMG OpenColorであり、そのカラーマッチング精度は高く評価されている。

 「GMG OpenColorは、『プロファイラー』と呼ばれるソフトウェアで、最大7色まで、多色から多色へ変換するプロファイルを作成することができます。従来のプロファイラーは、色の明度・色相・彩度を表すL*a*b*値でプロファイルを作成しますが、GMG OpenColorの最大の特徴は、チャートから分光反射率を読み取ってプロファイルの計算をするということです。L*a*b*値を使用するよりも、正確な数値情報を持つ分光反射率で色を合わせる方が、マッチング精度を格段に上げることができます。

 GMG OpenColorのプロファイルをHP Indigoデジタル印刷機で使用するためには、GMG Color Serverという色変換ソフトにプロファイルを設定して運用します。GMG Color Serverにプロファイルを取り込んでホットフォルダーにリンクし、そのホットフォルダーにPDFを入れると、色変換済みのPDFができるので、そのままHP Indigoデジタル印刷機から出力します。従来のインクジェットプルーフのソフトでは、ユーザーが色変換済みのデータを受け取ることはできませんでしたが、GMGのソリューションではそれが可能です」とGMG竹下氏は説明する。 

 色変換では様々な用途が考えられるという。例えば、5色 → 5色では、CMYK+蛍光ピンクのデータを受けて、色調をオフセット印刷とマッチングさせ、色数は変えずにHP Indigoデジタル印刷機で再現できる。4色 → 7色の変換では、CMYKの4色を受けて、プレス色域外の領域をCMYK+特色3色(OGV:オレンジ、緑、紫、またはVP VG:ビビッドピンク、ビビッドグリーン)などでターゲットの高色域に近づけることが可能だ。このように、色を合わせるというプロファイラーとしての機能に加えて、色数の変換が同時にできるところが強みである。操作は至ってシンプルだという。GMG OpenColorとGMG ColorServerを合わせて価格は600万円程となる。

GMG OpenColorと従来のプロファイラーの比較

 従来のプロファイラーの課題は特色の再現性にある。従来、特色は分光測色器を使って手動で印刷物のベタ部分を測定し、100%部分のL*a*b*値を決めていた。グラデーションは単純に面積率に従って算出されるので、それを手動でカーブ調整していくが、使用する特色数が多いとそれも困難となる。CMYK+蛍光ピンクのように、絵柄の上で色を掛け合わせている場合は、CMYKと特色のそれぞれのプロファイルを重ね合わせるだけなので、マッチング精度は低いのが前提だった。対するGMG OpenColorは、最初からCMYK+蛍光ピンクの掛け合わせの5色でチャートが作れるので、マッチング精度が極めて高くなる。

 また、GMG OpenColorは、従来のソフトでは難しかった掛け合わせの色を予測し、シミュレーションでプロファイルを作ることもできる。例えば、CMYK+特色3色を使用する場合、蛍光ピンクは高いマッチング精度を求められるので、CMYK+蛍光ピンクの5色でチャートを作り、残り2色の特色はシミュレーションで高精度に色を合わせることも可能なのだ。

 GMG OpenColorは、必ずしも大きなカラーチャートを測定する必要がないのもユニークだ。従来は、1500ものカラーパッチから成る大きなチャートを印刷する必要があったが、GMG OpenColorは、掛け合わせの色を予測できるため、絵柄の余白に配置したミニストリップを測定するだけでも再現性の高いプロファイルを作成できる。実際には、縦と横のサイズ(mm)を指定すると、GMG OpenColorが指定範囲に入るだけのカラーパッチを優先度の高い順に入れてくれる。

 なお、GMG OpenColorは、印刷物を作成し、分光反射率の測色が前提となる点に留意したい。(Japan Color2011は標準搭載)

HP Indigo×GMG OpenColor色校正ソリューションにおける今後の展望

 「HP Indigoデジタル印刷機とGMG OpenColorのソリューションは、カナダやアメリカでは既に複数稼働していますので、日本でも積極的にご紹介して展開できればと思います」とGMG竹下氏はいう。

 日本HP出口氏は、「まずはCMYKと蛍光ピンクの掛け合わせでお困りの出版分野での解決策をご紹介したいと考えています。4色データを受けて7色で高色域印刷をするやり方や、蛍光ピンク以外の特色のマッチングは出版以外の分野でも需要があると思います。

 また、今後はラベル・パッケージ分野への展開も視野に入れています。現在は、サンプルから色を合わせ、アナログの印刷機で印刷する際にインキを調整しながら対応しているケースが多いかと思いますが、このソリューションではその工程を一気に短縮できます」と語った。実際、GMG OpenColorは、ラベル・パッケージ分野でも実績が多く、軟包装や段ボール系の印刷でも広く活躍しているという。

 HP Indigoデジタル印刷機とGMG OpenColorのソリューションを使えば、インクジェット校正の利便性を持ちながら、これまで本機や平台校正機でなければできなかった特色の掛け合わせも本紙で刷れるようになる。HP Indigoデジタル印刷機とGMG OpenColorは、これまでデジタルの世界では叶わなかった色校正を可能にするベストマッチなソリューションだといえる。

 クリエイティブに込められた想いやイメージを正しく伝えることは印刷の原点であり、印刷会社は、お客様の「色」への要望に応えられるよう日々努力を重ねている。オフセット印刷機に見劣りのしない品質で出力できるHP Indigoデジタル印刷機は、校正機としての用途はもちろん、現代のニーズに即した小ロット、バリアブル、サステナブルな印刷を支え、今後より一層活躍の場を広げるだろう。時代は間違いなくデジタルに向かっている。本ソリューションが、校正現場に残る様々な課題をクリアし、これからの校正業務を支える画期的なソリューションとなるか、期待が高まる。

HP デジタル印刷機
各種お問い合わせはこちら ≫

リンクをクリップボードにコピーしました