電話で購入相談
 <個人> 0120-111-238 <法人> 0120-830-130

HP OfficeJet プリンター 企業導入事例

株式会社 テレコムスクエア 様

HP PageWide Pro 577シリーズとHPマネージドプリントサービスにより、スピーディーなお客様対応やランニングコストの大幅減を実現

  • 株式会社テレコムスクエア
    システム部門 主任
    小高 正和さん(写真右)
  • 株式会社テレコムスクエア
    カウンター・店舗部門 課長代理
    石田 真早美さん (写真左)

会社概要

法人名:株式会社テレコムスクエア

業種:リース業・販売(通信機器など)

住所:東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル3F

URL:http://www.telecomsquare.co.jp/

  • 導入機種:
  • HP PageWide Pro 577シリーズ、
    HP マネージドプリントサービス
ロゴ

現代人にとって、スマートフォンやそれを利用するためのネットワーク接続サービスは、いつでもどこでも欠かせないものとなっています。しかし、国内では何不自由なく利用できるこれらのサービスを海外で利用しようとすると、多額の費用がかかったり、手間や制約に縛られたりします。そのような海外へ旅行する人、逆に海外から日本へ旅行する人たちに対し、安価に手軽にネットワークサービスを利用できるようにするのが、テレコムスクエア様です。

同社のサービスは、法人向けと個人向けがあり、個人向けには全国の主要空港に2 0 のカウンターがあります。
今回これらの空港カウンターにHP PageWide Pro 577シリーズとHPマネージドプリントサービスを導入。印刷スピードの向上と故障や紙詰まりの削減、インクが減ると自動的に配送されるサービスなどを享受できるようになりました。

これにより、お客様をお待たせすることが少なくなるとともに、メンテナンス業務の大幅な効率化を実現しています。
システム部門として導入をサポートした株式会社テレコムスクエアシステム部門 主任 小高正和さんと、成田の空港カウンターで店舗運営を担う株式会社テレコムスクエア カウンター・店舗部門 課長代理 石田真早美さんにお話を伺いました。

当日カウンターで申し込む場合は、お客様の情報や渡航先などを確認して申込書として出力するため、お客様をお待たせしてしまうことがあり、大きな課題でした。

  • ―― 御社のサービスについて教えてください。

    小高さん:日本から海外へ行く旅行者や訪日外国人、里帰り邦人などに対して、Wi-FiルータのレンタルやSIMの販売をおこなっています。また、台湾の空港に日本の食べ物や商品、トレンドなどを紹介したフリーマガジン「日本放題」を設置しています。今後、他国への展開も計画しており、より日本に興味を持ってもらおうと、さまざまな試みをおこなっています。

  • ―― 今回HP PageWide Pro 577シリーズを導入いただいた空港カウンターについて教えてください。

    小高さん:北海道の千歳空港から福岡空港まで、全国の主要空港に20のカウンターがあります。このような業態では委託販売が多いのですが、当社は対面での接客を重視していることもあって、自社でスタッフを抱え責任をもって運営しています。

    石田さん:当社の空港カウンター全体での現在のユーザー比率は、日本人を訪日外国人が上回っています。訪日のお客様の場合、モバイル機器を事前に予約している人は少ないため、特に対面での接客が重要です。そこで、空港カウンターには中国語や韓国語が話せるスタッフも配置しており、きめ細かなサービスを実施しています。

  • ―― 従来店舗運営で課題はありましたか?

    石田さん:事前予約の場合はあらかじめ機器や書類を用意しておくため、サービス提供の時間は秒単位で終了します。しかし、当日カウンターで申し込む場合は、お客様の情報や渡航先などを確認してシステムに入力し、申込書として出力する必要があり、それなりの時間がかかっていました。繁忙期には1日で多くの貸し出しが発生することもあり、お客様をお待たせしてしまうことが大きな課題でした。

家庭用プリンターは、高頻度での利用を想定した設計になっていないため、故障やインク切れが起きやすく、そのため出力ができなくなると、その間貸し出し業務がストップしてしまいます。

  • ―― お客様をお待たせする一因が出力環境だったのですね?

    小高さん:はい。今までは申込書などを出力する際、家庭用プリンターを利用していました。空港カウンターの広さに限りがあり、オフィス向けの大型プリンターを置くスペースがなかったからです。しかし、家庭用プリンターは、高頻度での利用を想定した設計になっていないため、問題がありました。

    石田さん:まずは出力スピードの遅さです。紙が出てくるまでの間、結構待ちが発生するため、お客様に旅行の予定を聞くなどして間を持たせる必要がありました。また、大量に出力するため、紙詰まりや故障も月に1、2回起こっていました。また、インクカートリッジがなくなりそうになるとメーカーに注文して送ってもらうのですが、結構な頻度でなくなるので間に合わなくなることもあります。故障やインク切れで出力ができなくなると、その間貸し出し業務がストップしてしまいます。

    小高さん:システム部門としても、壊れる度に現地へ見に行く必要があり、大きな負担となっていました。これらの課題を解決するには、家庭用プリンターから脱しないと無理だと考え、検討を始めました。

HP PageWide Pro 577シリーズは比較的小さく、狭い空港カウンター内にも収まる大きさでした。
また、1枚目の出力スピードが圧倒的に速かったことも決め手でした。

  • ―― ビジネスプリンター選定方法と、HP PageWide Pro 577シリーズを選択された理由を教えてください。

    小高さん:プリンターメーカー各社に声をかけ提案を依頼しました。それらを比較検討した結果、HP PageWide Pro 577シリーズ(当初の導入機種はHP Officejet Pro X576シリーズ)とHPマネージドプリントサービスを選びました。
    業務用は大型複合機しかないと思っていましたが、HP PageWide Pro 577シリーズは比較的小さく、狭い空港カウンター内にも収まる大きさでした。また、接客時は1枚目が速く出ることが重要ですが、そのスピードが最速6秒(モノクロ)と圧倒的に速かったことも決め手でした。
    また、インクジェットプリンターでは珍しく、リアルタイムの監視を実現するHPマネージドプリントサービスを付加できることも重要でした。プリンター稼働・利用状況を本社で把握できるほか、インクが減るとHPからプッシュで新しいインクカートリッジが各空港カウンターに直接配送されるのはいいですね。

  • ―― 導入はどのように進められたのですか?

    小高さん:プリンターを一旦システム部門で設定し、全国の空港カウンターに送付しました。その後、ほとんどの空港カウンターに私が出向いて最終設定・使用方法の説明をおこないました。
    今までは各空港カウンターに家庭用プリンターを送って済ませていました。各現場で設定や使用法などは対応してもらっていたのでかなりの負担をかけていたと思います。導入後はその負担がなくなり、スムーズに利用を開始できるようになりました。リモートでの設定操作もできるため、空港カウンターによってはそれで済ませたところもあります。

1枚目の出力が速くなったので、お客様をお待たせする時間の短縮につながっています。
もはや、HP PageWide Pro 577シリーズは、当社の空港カウンターになくてはならない重要なツールとなっています。

  • ―― HP PageWide Pro 577シリーズの導入でカウンター業務は変わりましたか?

    石田さん:1枚目の出力が速くなったので、お客様をお待たせする時間の短縮につながっています。また、インクを注文する手間がなくなり、インク切れの心配もなくなって助かっています。故障や紙詰まりもほとんどなくなりました。

    小高さん:細かいところでは、HP PageWide Pro 577シリーズの電源は、省電力のためPCなどと一緒のタップに挿すことができます。通常、業務用複合機の多くは電源容量が大きくコンセントを占有してしまうので、設備に制限がある空港カウンターでのメリットのひとつです。

  • ―― 本社から見たメリットはありましたか?

    小高さん:本社からリモートで状況を把握できるため、トラブル時の対応が容易になりました。また、HPの営業担当者から情報提供してもらえるので助かっています。たとえば、最近最初に導入したプリンターは3年経つので、そろそろ故障が増えるとアドバイスをもらいました。こういった情報がもらえると入れ替えなどの計画が立てやすくなり、ありがたいですね。
    コスト面でもメリットがあります。家庭用は、実はランニングコストが結構高い。1枚当たりの単価は、家庭用の場合10円程度なのに対し、HP PageWide Pro 577シリーズは数円です。結果、2年程度使えば元が取れるため、導入時の稟議もまったく問題ありませんでした。

  • ―― 現在の導入状況と、導入した感想をお願いします。

    小高さん:現在は、一部スペースの問題で入らない空港カウンター以外は、すべて入れ替えを完了しました。新しい空港カウンターや改装時には、HP PageWide Pro 577シリーズを置く場所を確保する設計にしてもらっています。もはや、HP PageWide Pro 577シリーズは、当社の空港カウンターになくてはならない重要なツールとなっています。

小高 正和さん
石田 真早美さん

お客様プロフィール

お客様名:株式会社テレコムスクエア

業種:リース業・販売(通信機器など)

住所:東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル3F

URL:http://www.telecomsquare.co.jp/

対象サービス

HPマネージドプリントサービス(MPS)

HP MPS
詳しくはこちら

対象プリンター

HP PageWide Pro 577シリーズ

HP PageWide Pro 577シリーズ
詳しくはこちら

お知らせ・キャンペーン

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

購入前にご希望製品の納期の問い合わせをする際は、ご希望製品で見積を取得の上、受付番号を控えてご連絡をお願いします。
見積の取得方法については、こちらをご覧ください。

お見積・購入のご相談

個人のお客様
0120-111-238
受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00
土曜・日曜9:00~18:00
休業日:
祝日・年末年始
法人のお客様
0120-830-130
官公庁、教育/研究機関、医療機関のお客様
0120-703-203
受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00
休業日:
土曜、日曜、祝日、年末年始

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ

0120-436-555

受付時間:
月曜日~金曜日 9:00~19:00、土曜日 10:00~17:00
(日曜日、祝日、年末年始 お休み)

ご購入後のご質問と修理受付

法人向け製品:お電話でのお問い合わせ/修理保証のご案内窓口

≫ よくあるご質問とサポート関連情報

販売店モデル:
全国のHP 販売店にてお取扱いしております。HP販売店検索はこちら
ダイレクトモデル:
オンラインストアコールセンターKIOSK (店舗リスト) でのお取り扱いです。
  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※ Google、Chromebook、Android、YouTube およびその他のマークは、Google LLC の商標です。その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※キャンペーンモデルはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。