検索

HP ロードショー2019

 

HP ロードショー2019
PCセキュリティの決定版

〜事業を守る、HP最新テクノロジーのご紹介〜

  • 主催:株式会社 日本HP
  • 協賛:インテル株式会社 日本マイクロソフト株式会社

第9世代
インテル® Core™ i5
プロセッサー

ご挨拶

この度、「HPロードショー2019」を全国5都市にて開催するはこびとなりました。情報セキュリティを取り巻く環境がますます厳しくなるなかで、特に日本においては2020年の東京オリンピックを控え、社会インフラへのサイバー攻撃の脅威が増大しています。重要インフラ事業にかかわる企業はもちろん、あらゆる企業はこの脅威に対処する必要が生じています。

今回、「HPロードショー2019」は、セキュリティのエキスパートをお招きした【特別講演】 重要度が増すエンドポイントセキュリティを守る製品を紹介する【HPデバイスセッション】 AIを活用したウィルス対策とHPプロアクティブセキュリティによる脅威分析をご紹介する【HPセキュリティセッション】の3部構成で<PCセキュリティの決定版>と題してお届けします。

特に、重要インフラ事業*に携わる方、製造業・サービス業のIT部門、経営層の方、また、こうした企業向けにITシステムをご提案される企業の皆様におかれましては、この機会をお見逃しないようご案内申し上げます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

※重要インフラ事業とは、政府・行政サービス(自治体を含む)、金融、電力、鉄道、空港、航空、ガス、水道、物流・運輸、情報通信、化学、石油、クレジットの14分野となります。

開催日程・会場

7月8日(月) 広島(広島)

TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前

JR広島駅より2分 / 広島電鉄 広島駅 徒歩3分

7月10日(水) 博多(福岡)

TKPガーデンシティ博多(サットンホテル内)

博多駅より5分 / 福岡市地下鉄空港線 博多駅 より5分

7月16日(火) 仙台(宮城)

トラストシティカンファレンス仙台

JR仙台駅より9分

7月24日(水) 札幌(北海道)

ロイトン札幌

地下鉄東西線「西11丁目」駅1番出口より3分

8月23日(金) 那覇(沖縄)

ノボテル沖縄那覇

那覇空港から車で約40分、首里城の守礼門まで徒歩約15分

各会場の当日のプログラム※各会場ごとにアジェンダが異なります。

14:00 受付開始 / 展示コーナーオープン
14:30 ご挨拶
14:40

HPデバイスセッション

広がるWindows10をより快適にするHPの最新デバイス

株式会社 日本HP

15:40 休憩
15:55

HPセキュリティセッション

AIを活用したウィルス対策とHP プロアクティブセキュリティによる脅威分析

株式会社 日本HP

16:40

特別講演

最新のサイバーセキュリティ脅威情報
〜セキュリティ対策を迂回するイベーシブマルウェアから全世界的なネットワーク偵察活動まで〜

サイバー攻撃は高度化と多様化を続けており、PCやスマホからIoT機器、重要インフラまで、あらゆるものが攻撃対象となっている。本講演では、高度なセキュリティ対策をも迂回するイベーシブマルウェアや、ネットワーク接続されたあらゆる機器を対象とした全世界的なネットワーク偵察活動の実態など、最新のサイバーセキュリティ脅威について説明する。

横浜国立大学
大学院環境情報研究院 / 先端科学高等研究院
准教授 吉岡 克成 氏

17:40 展示会場へお越しください。

*プログラムは予告無く変更となる場合があります。ご了承ださい。

横浜国立大学
大学院環境情報研究院 /
先端科学高等研究院

准教授 吉岡 克成

専門分野:
情報システムセキュリティ、
サイバーセキュリティ、マルウェア対策
プロフィール

2005年より(独)情報通信研究機構にてインシデント対策センターNICTERの研究開発に従事。2008年より横浜国立大学にてサイバーセキュリティ研究開発を開始。2009年文部科学大臣表彰、2016年産学官連携功労者表彰総務大臣賞、2017年情報セキュリティ文化賞。総務省「国際連携によるサイバー攻撃の予知即応技術の研究開発」他、プロジェクトに多数参画。博士(工学)。

  • 2005年 博士(工学)取得 (横浜国立大学)
  • 2005年 情報通信研究機構 研究員
  • 2007年 横浜国立大学学際プロジェクト研究センター 助教
  • 2011年 横浜国立大学大学院環境情報研究院 准教授(本務, 現在に至る)
  • 2014年 情報通信研究機構 招へい専門員(兼務, 現在に至る)
  • 2015年 横浜国立大学先端科学高等研究院 准教授(兼務, 現在に至る)
  • 2016年 産業技術総合研究所 客員研究員(兼務, 現在に至る)
14:00 受付開始 / 展示コーナーオープン
14:30 ご挨拶
14:40

HPデバイスセッション

広がるWindows10をより快適にするHPの最新デバイス

株式会社 日本HP

15:40 休憩
15:55

特別講演

ハッカーは如何にしてあの企業に侵入したのか? 被害事例を他山の石にする方法

毎日のように起きているサイバー攻撃や不正アクセス事件。同業他社で起きた事件や、同じような問題を抱える組織で起きた事件だとすると、貴社に取っても学ぶべきところがたくさんあるはずです。
そんな被害事例を他山の石として自社に活かすためには、ハッカーの行動パターンを知るなど事件を読み解くための力が必要です。本講演では不正アクセス事件をハッカーの視点から読み解くポイントをハッキングのプロが解説します。

株式会社 トライコーダ
代表取締役 上野 宣 氏

16:55

HPセキュリティセッション

AIを活用したウィルス対策とHP プロアクティブセキュリティによる脅威分析

株式会社 日本HP

17:40 展示会場へお越しください。

*プログラムは予告無く変更となる場合があります。ご了承ださい。

株式会社トライコーダ
代表取締役 / OWASP Japan 代表

上野 宣

プロフィール

2006年に株式会社トライコーダを設立。ハッキング技術を駆使して企業などに侵入を行うペネトレーションテストや各種サイバーセキュリティ実践トレーニングなどを提供。

OWASP Japan 代表、情報処理安全確保支援士 集合講習講師、セキュリティ・キャンプGM、Hardening Project実行委員、『ScanNetSecurity』編集長、JNSA ISOG-J WG1リーダー、SECCON実行委員、実践的サイバー防御演習「CYDER」推進委員、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会向け「サイバーコロッセオ」推進委員などを務める。(ISC) 2が発表した2017年アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)を受賞

主な著書に『Webセキュリティ担当者のための脆弱性診断スタートガイド -上野宣が教える情報漏えいを防ぐ技術』、『HTTPの教科書』、『めんどうくさいWebセキュリティ』、『今夜わかるシリーズ(TCP/IP,HTTP, メール) 』など他多数

14:00 受付開始 / 展示コーナーオープン
14:30 ご挨拶
14:40

特別講演

「今そこにあるリスク」を見据えたサイバーセキュリティ

今日、取引先や顧客に迷惑をかけずに生産性向上や働き方改革に取り組むためにサイバーセキュリティは必須だと言えます。その一方で、サイバーセキュリティ向上を標榜する製品・サービスが増え、「何から手をつければいいのか」「どこまでやればいいのか」と考えるユーザ企業も少なくありません。本講演ではまず、「今そこにあるリスク」をもとに考えることの重要性を、具体例を交えながら紹介します。つぎに、サイバーリスクに関する情報収集の基本や、サイバーリスクを咀嚼し、サイバーセキュリティ向上へつなげることのできる人材育成の重要性について紹介します。

奈良先端科学技術大学
サイバーレジリエンス構成学研究室
教授 門林 雄基 氏

15:40

HPセキュリティセッション

AIを活用したウィルス対策とHP プロアクティブセキュリティによる脅威分析

株式会社 日本HP

16:25 休憩
16:40

HPデバイスセッション

広がるWindows10をより快適にするHPの最新デバイス

株式会社 日本HP

17:40 展示会場へお越しください。

*プログラムは予告無く変更となる場合があります。ご了承ださい。

奈良先端科学技術大学
サイバーレジリエンス構成学研究室

教授 門林 雄基

プロフィール

産官学連携によるサイバーセキュリティ研究開発に20年以上にわたり従事。またサイバーセキュリティ人材育成に10年以上にわたり従事。近年はサイバーセキュリティ分野の日欧国際共同研究に携わる傍ら、欧米セキュリティ専門機関とともにサイバーセキュリティ国際標準化を推進する。共著書に「サイバーセキュリティ」(NTT出版)。

14:00 受付開始 / 展示コーナーオープン
14:30 ご挨拶
14:40

HPデバイスセッション

広がるWindows10をより快適にするHPの最新デバイス

株式会社 日本HP

15:40 休憩
15:55

特別講演

固定席を持たず全国を飛び回るユーザをサイバー攻撃から守る方法

サイバーセキュリティの問題は日々変化しており、一組織の問題として放置することはできず、国家が関与するケースも増えています。一方で、働き方改革やリモートワークなど柔軟な働き方を進める動きも増えており、安全と利便性の両方を満たすことが求められます。私は、年間50回の出張し、毎日違う場所で仕事をしています。固定席、企業のオフィスネットワーク、物理的に設置されたデータセンターなど従来からあるシステムによって守ることはできません。「エンドポイントの管理」「ID管理」「クラウド活用」によってサイバーセキュリティを守りつつ、柔軟な勤務スタイルを実現している方法をご紹介します。

株式会社 川口設計
代表取締役 川口 洋 氏

16:55

HPセキュリティセッション

AIを活用したウィルス対策とHP プロアクティブセキュリティによる脅威分析

株式会社 日本HP

17:40 展示会場へお越しください。

*プログラムは予告無く変更となる場合があります。ご了承ださい。

株式会社川口設計
代表取締役

川口 洋

保有資格
・CISSP
(Certified Information Systems Security Professional)
・CEH (Certified Ethical Hacker)
プロフィール

2002年 大手セキュリティ会社に就職
社内のインフラシステムの維持運用業務ののち、セキュリティ監視センターに配属

2013年〜2016年 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に出向
行政機関のセキュリティインシデントの対応、一般国民向け普及啓発活動などに従事

2018年 株式会社川口設計 設立

14:00 受付開始 / 展示コーナーオープン
14:30 ご挨拶
14:40

主催社セッション

PCの調達仕様が変わる!

〜グローバルセキュリティ標準の衝撃〜

株式会社 日本HP

15:20

HPセキュリティセッション

AIを活用したウィルス対策とHP プロアクティブセキュリティによる脅威分析

16:05 休憩
16:25

HPデバイスセッション

広がるWindows10をより快適にするHPの最新デバイス

17:25 展示会場へお越しください。

*プログラムは予告無く変更となる場合があります。ご了承ださい。

世界でも日本でも一番売れているHPのパソコンをご紹介いたします。
 

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の取り扱いについて>
◆お申込み時にご記入いただきます個人情報及び記載内容の全ては、株式会社 日本HPが情報の集計のために委託する会社(委託会社)へデータ送信されること、また、それら個人情報及び記載内容について株式会社 日本HPが下記利用目的に限り利用いたしますことをあらかじめご了承ください。
◆ご記入いただきます個人情報は、各社がそれぞれの個人情報保護に関する方針に従い、必要な安全管理措置を行いお取り扱いいたします。
◆日本HPと日本HPが管理する委託会社以外へ無断で開示、提供する事はございません。

<利用目的及び個人情報保護規定について>
ご記入いただきました個人情報を日本HPで利用する場合には、日本HPからのご案内(イベント、セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査の目的でのみ利用します。
日本HPの個人情報保護方針については下記サイトをご確認ください。
株式会社 日本HP個人情報保護方針

お問い合わせ

株式会社 日本HP
日本HPイベント事務局
E-mail : jpn_hp_event@hp.com
営業時間 :10:00〜12:00/13:00〜18:00(土日、祝日、年末年始、日本HP指定休日を除く)

ご来場頂きました皆様に、もれなく特製グッズを差し上げます。
またアンケートにご回答いただいた皆様に粗品を進呈します。

お車ご利用のお客様
お車でご来場のお客様には、駐車券のご用意もございます。受付スタッフにお申し付けください。
(会場の駐車場には限りがあります。指定の駐車場が満車の場合はご容赦ください。)

  • ※Intel, インテル, Intel ロゴ ,Ultrabook, Celeron, Celeron Inside, Core Inside, Intel Atom, Intel Atom Inside, Intel Core, Intel Inside、Intel Inside ロゴ, Intel vPro, Itanium, Itanium Inside, Pentium, Pentium Inside, vPro Inside, Xeon, Xeon Phi, Xeon Inside, Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。Microsoft Windows は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。引用された製品は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
close