個人のお客様向け

The Journey of Craftsmanship HP×Hidetoshi Nakata NIHONMONO

Stacy Wolff
(ステイシー・ウルフ)

HP パーソナルシステムズ
デザイン部門グローバル責任者

HP のパーソナルシステムズのデザイン部門の
グローバルにおける責任者。
最新のテクノロジーに、顧客インサイトや
理想、体験を融合させ、優れたデザインの
製品を生み出している。
手がけた「HP Spectre シリーズ」や
「HP ENVY シリーズ」は、グッドデザイン賞、
レッドドット・デザイン賞、iFデザイン賞など
数々の賞を受賞。

Stacy Wolff(ステイシー・ウルフ)

HP meets NIHONMONO

日本の職人とHPに共通するものは?
“NIHONMONO” キュレーター中田英寿氏と、
HPのデザイン部門グローバル責任者
ステイシーのスペシャルインタビューを、
是非ご覧ください。

Hidetoshi Nakata Curator ”NIHONMONO” × Stacy Wolff Global Head of Design, HP Inc.

NIHONMONOとは?

Nakata

私は日本の47都道府県すべてを7年間かけて旅してきました。

それぞれの場所で、工芸家や農家、日本酒の醸造家に会ったり、様々な旅館に泊まったり、素晴らしいレストランを見つけたりしてきました。これこそが「旅」です。

今ではすべての情報をインターネットで探すことができます。でもそれらは過去の情報だと思うのです。私たちは今、この瞬間を生きています。今この瞬間に起きていることはインターネットでは探すことができません。私が探し求め、理解しようとしていたことは「現在」の人生なんです。その土地土地で人々が何を食べ、何を飲むのか。そしてその土地で何を作るのか。そのような情報を私自身知りたかったし、そこにこそ価値があると私は思っています。でも残念ながらモノ作りの職人たちは、情報発信することに慣れていません。

その橋渡しができるのでは、そう思ったのがNIHONMONOを始めたきっかけです。

Stacy

NIHONMONOが旅であり、同時にあなたの人生であるというのはとても興味深いものですね。

私自身も旅行に出かけた時は、その土地のコミュニティの「ニュアンス」というものを見たいと思います。

その土地にしかない特別なレストランや、特別なビール、特別な酒など、そこでしか楽しめないものに関する情報がどんどん発信されることは、個人的にもすごく楽しみです。

Nakata

ありがとうございます。

旅をするときもそうですが、何をするにしても、当然インターネットでリサーチをしますよね。

でも問題は、情報は膨大でどの情報が自分にフィットするのかまでは分かりません。なぜかというと沢山の情報は、それぞれ違った人から発信されるものだからです。ですが、「NIHONMONO」はすべて私の目を通しています。私のビジョン(価値観)なのです。

私自身が7年かけて日本を旅して、職人達に会ってきました。みなさんにとってもすごく分かりやすい基準になっていると思います。もし誰かが私の価値観を理解してくれたら、そこで初めて「自分は好きだ」とか「自分は好きじゃない」とか自由に言えるようになるんだと思うのです。

日本の職人と、こだわり。そして、HPの哲学。>

About HP Spectre series

所有する歓びを実感できる、HPの最高傑作マスターピース

カバーには、時を超え色褪せない素材
“レザー” を使用し、
古きをいかし、現代のテクノロジーとの
調和をはかった。

革ならではの握った時に手に吸いつくような
感触、漂うレザーの匂い、見た目の上質さに加え、
金属製のものとはまったく異なる暖かさ。

革新性と機能性をかねそなえた、
新しいノートPCの誕生。

About NIHONMONO

人々はそこで何を食べ、何を飲み、
何を作ってきたのか。
日本のさまざまな場所で、
暮らしを豊かにする ものづくりは生きている。

中田英寿が47都道府県を巡る旅で出会った
日本の「本物(ほんもの)」、
そしてその作り手である「本者(ほんもの)」。

インターネットでは知り得ない。
そこに行かなければわからない。
“にほんもの”に出会う旅に誘います。