法人のお客様向け

教えて、エバンジェリスト!HP知恵袋

日本HPパソコン&タブレットエバンジェリストとは?

エバンジェリスト パーソナルシステムズ事業本部に所属し、法人向けタブレット製品のプロダクトマネージャ(製品企画)とビジネスプラン(販売計画)を担当するメンバーの総称。PCやタブレットの楽しさや素晴らしさを広くお伝えすることを通じ、グローバル化の進む現代でよりよい働き方を実現するためのエッセンスを提供することがテーマ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

生産性アップのカギは「マルチディスプレイ」

1台のパソコンに2台以上のディスプレイをつなぐ「マルチディスプレイ」と言うと、証券ディーラーやWEBデザイナー、建築設計者など、専門性の高いプロフェッショナルを連想されることが多いようです。 しかし、今や2台以上のディスプレイを使用しているオフィスワーカーは48%と、約半数にも上ります。マルチディスプレイは現代のオフィスのスタンダードになりつつあり、今後もその傾向が強まっていくと考えられます。

それでは、一般的なオフィスワーカーにとって、マルチディスプレイにはどんなメリットがあるのかをご紹介しましょう。「作業時間を短縮したい」「残業を削減したい」とお考えなら、必見です。

※日本HP調べ

パソコン作業のストレスを解消し、生産性アップ!

こんなイライラありませんか?

\ファイルが見つからない!/

ファイルが見つからない

複数のファイルやアプリケーションを開いていると、参照したいものがすぐに見つからない。

\小さくて見づらい…/

小さくて見づらい…

2つ以上の書類を同時に参照すると、表示範囲が狭くなってしまう。

マルチディスプレイを導入すれば…

\広々使えてストレスフリー!/

広々使えてストレスフリー

複数のファイルを参照しながら作業したいときも、大きな表示で広々快適。
また、左側のディスプレイで書類を作成し、右側にメールソフトを表示しておくといった使い方もできます。

マルチディスプレイの導入で

生産性が42%以上アップ!

作業効率の改善、作業ストレスの軽減により、オフィスの生産性が4割以上も向上しました。この「プラス1台」の効果は見逃せません。

※出典:Jon Peddie Research *Multi-monitor Usage and Trends* Report, July 2017

接続方法は意外と簡単

数年前までは特殊なグラフィックボードを使った複雑な設定が必要でしたが、Windows10ではマルチディスプレイの設定も非常に簡単になっています。
ただし、PCの出力端子の数と種類によって、接続可能なディスプレイの数や方法は異なります。ディスプレイを買い足す前に確認しておくと安心です。

一般的な接続方法(PCから並列接続)

ディスプレイ2台までは、デスクトップPCの出力端子の形状は問いません。3台目はUSB-Cディスプレイ端子が必須となります。

Display Port(出力用)のあるディスプレイなら、配線スッキリ

高解像度に対応しているDisplayPortには、複数のディスプレイをデイジーチェーン(数珠つなぎ)にできるというメリットも。これなら、PCに何本もケーブルをつないでデスクが乱雑になることがありません。

※GPUの性能や表示解像度によって接続可能な台数が変わります。

ベゼル(ディスプレイの額縁)の太さもチェック!

せっかくマルチディスプレイにするなら、2つの画面の境目が気になりにくい狭額縁タイプがおすすめです。

生産性の向上と、ストレスフリーな職場環境づくりに貢献するマルチディスプレイ。
働き方改革を推進するうえでも必須アイテムと言えそうです。あなたのオフィスでも、ぜひ導入をご検討ください。

マルチディスプレイ用に買い足すなら…

多様なデバイスと接続できる豊富なポートと、ベゼル幅に注目。

ここがポイント

  • VGA、DisplayPort、HDMIポート標準搭載
  • 2画面構成でもシームレスに画面構成できる狭縁ベゼル

HP EliteDisplay 23.8インチ
ワイドドッキングモニター E243d

USB-C™ 接続でノートPCや超小型PCに給電可能な
ハイエンド23.8インチモニター

接続ポート
製品情報はこちら

HP EliteDisplay 23.8インチ
ワイドIPSモニター E243

人間工学に基づく設計を追求。充実した機能を
搭載したパフォーマンス ディスプレイ・モニター

接続ポート
製品情報はこちら

「教えてエバンジェリスト!HP 知恵袋」 一覧に戻る