電話で購入相談 0120-111-238コールバックサービス

検索
The Journey of Craftsmanship HP×Hidetoshi Nakata NIHONMONO

Stacy Wolff(ステイシー・ウルフ)

HP パーソナルシステムズ デザイン部門グローバル責任者

HP のパーソナルシステムズのデザイン部門のグロ ーバルにおける責任者。
最新のテクノロジーに、顧客インサイトや理想、体験を融合させ、
優れたデザインの製品を生み出している。
手がけた「HP Spectre シリーズ」や「HP ENVY シリーズ」は、
グッドデザイン賞、レッドドット・デザイン賞、iFデザイン賞など数々の賞を受賞。

Stacy Wolff(ステイシー・ウルフ)

HP meets NIHONMONO

日本の職人とHPに共通するものは?
“NIHONMONO” キュレーター中田英寿氏と、
HPのデザイン部門グローバル責任者ステイシーのスペシャルインタビューを、是非ご覧ください。

Hidetoshi Nakata Curator ”NIHONMONO” × Stacy Wolff Global Head of Design, HP Inc.

NIHONMONOとは?

Nakata

私は日本の47都道府県すべてを7年間かけて旅してきました。

それぞれの場所で、工芸家や農家、日本酒の醸造家に会ったり、様々な旅館に泊まったり、素晴らしいレストランを見つけたりしてきました。これこそが「旅」です。

今ではすべての情報をインターネットで探すことができます。でもそれらは過去の情報だと思うのです。私たちは今、この瞬間を生きています。今この瞬間に起きていることはインターネットでは探すことができません。私が探し求め、理解しようとしていたことは「現在」の人生なんです。その土地土地で人々が何を食べ、何を飲むのか。そしてその土地で何を作るのか。そのような情報を私自身知りたかったし、そこにこそ価値があると私は思っています。でも残念ながらモノ作りの職人たちは、情報発信することに慣れていません。

その橋渡しができるのでは、そう思ったのがNIHONMONOを始めたきっかけです。

NIHONMONOが旅であり、同時にあなたの人生であるというのはとても興味深いものですね。

私自身も旅行に出かけた時は、その土地のコミュニティの「ニュアンス」というものを見たいと思います。

その土地にしかない特別なレストランや、特別なビール、特別な酒など、そこでしか楽しめないものに関する情報がどんどん発信されることは、個人的にもすごく楽しみです。

Stacy
Nakata

ありがとうございます。

旅をするときもそうですが、何をするにしても、当然インターネットでリサーチをしますよね。

でも問題は、情報は膨大でどの情報が自分にフィットするのかまでは分かりません。なぜかというと沢山の情報は、それぞれ違った人から発信されるものだからです。ですが、「NIHONMONO」はすべて私の目を通しています。私のビジョン(価値観)なのです。

私自身が7年かけて日本を旅して、職人達に会ってきました。みなさんにとってもすごく分かりやすい基準になっていると思います。もし誰かが私の価値観を理解してくれたら、そこで初めて「自分は好きだ」とか「自分は好きじゃない」とか自由に言えるようになるんだと思うのです。

日本の職人と、こだわり。そして、HPの哲学。

Nakata
Nakata

私が日本中を旅したあとに、「日本の文化とはなんだろう?日本人とはどのような人種なんだろう?」と考えました。

日本には「ドウ」という言葉と共に様々なルールがあります。

「ドウ」とは、「みち」です。「柔道」、「茶道」、「剣道」、「武士道」。

みちには終わりがありません。だから、もし一度何かを始めたら、それを続けるか、止めるかの選択しかないのです。

でもそこには終わりはありません。「完璧」というものも存在しないのです。これはおそらく、日本人の独特な考え方だと思うんです。日本の職人はそのような考え方をより強く持っています。なので彼らはより良いものを目指して、ものを作り続けます。彼らは「完璧」を作ろうとしないし、作れるとも思っていません。ただ、より良いものを作っていく。

おもしろいことに、例えば私が会ってきた70代、80代の職人さんはみんな、「私はまだ若い」とおっしゃいます。完璧など、まったく頭にないんです。これはすごく象徴的な言葉だと感じました。

それはHPにも通じるものがあります。私たちHPは、Keep Reinventingというブランドフィロソフィーを掲げています。

革新するInvent」ではなく、「革新し続けるReinvent」。だから先ほどの話にも通じるように、私たちが作った新しいものはもちろん、細部までこだわっているのですが、「これはベストだと思いますか?」と尋ねられると、「いえ、まだベストではありません」と答えます。今回のHP Spectre Folio 13を例にとると、レザーの細部、金属の細部など、現時点では良いクオリティだと思いますが、これは「旅」なんですよね。次のものはもっと良くなると信じています。だからあなたの言うこと、考えていることにとても共感できるんです。

工芸だろうがデザインだろうが、私たちは常に先を見据えていなければいけないですよね。

Stacy
Nakata

その通りです。私も以前は、サッカー選手をしていたのですが(笑)、よくみんなが「どの試合があなたにとってベストでしたか」と、聞いてきます。

でも私は「一度もパーフェクトに試合をしたことはありません」と言います。それは「完璧」など存在しないからです。

みんな「よくやりました!」とか「素晴らしいキャリアを歩みましたね」とか言ってくれますが、私は「いや、挫折でした。途中で辞めましたから。」と答えます。さらに上手くなれたかもしれないけど、辞めました。

もちろんサッカー人生はいい旅でした。すごく楽しみましたし、とても大好きでした。でも、もしあなたが「サッカー人生は成功でしたか?」と聞くなら、私は「いいえ」と答えます。私にとっては、挫折でした。

でもそれは悲しい意味ではありません。だから僕は今、より良い人生を歩もうと努力できます。それはサッカーではなくて、別の分野でですが・・。まさに、人生という旅なのです。

About HP Spectre Folio 13

所有する歓びを実感できる、HPの最高傑作マスターピース

カバーには、時を超え色褪せない素材 “レザー” を使用し、
古きをいかし、現代のテクノロジーとの調和をはかった。

革ならではの握った時に手に吸いつくような感触、漂うレザーの匂い、見た目の上質さに加え、
金属製のものとはまったく異なる暖かさ。

革新性と機能性をかねそなえた、新しいノートPCの誕生。

Spectreシリーズとは

About ReVALUE NIPPON

人々はそこで何を食べ、何を飲み、何を作ってきたのか。
日本のさまざまな場所で、暮らしを豊かにする ものづくりは生きている。

中田英寿が47都道府県を巡る旅で出会った
日本の「本物(ほんもの)」、そしてその作り手である「本者(ほんもの)」。

インターネットでは知り得ない。
そこに行かなければわからない。
“にほんもの”に出会う旅に誘います。

お知らせ・キャンペーン

リカバリメディアキット フィルタリングへの対応 有寿命部品および消耗品について 製品リサイクル

  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。ご購入の際には別途配送料がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には消費税は含まれておりません。ご購入の際には別途消費税がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
close