HP Mars Home Planet

 

HP Mars Home Planet

人類の新たなステップへ
HP Mars Home Planet始動

VR(Virtual Reality:仮想現実)を通じた火星における
人類100万人の暮らしの模擬体験を行う国際的なプロジェクト
「HP Mars Home Planet(エイチピーマーズホームプラネット)」がいよいよ始動。
本プロジェクトでは、建物、車、農場、衣服など、火星の気候や大気に適応しながら暮らしを
どのように維持できるか、世界中からアイディアを募り探っていきます。

動画を見る

 close  
    

Project MARS - Education League JP-
開催決定!

Mission:
人間が火星で生活するうえで必要な建物や乗り物など、インフラをデザインせよ

プロジェクト概要:
日本では Project MARS - Education League JP- として、学生向けのコンペを開催し、アイディアを募集します。

優秀賞となったアイディアは、国際的なプロジェクトに応募され、
採用されるとVR体験できる火星の街に盛り込まれます。

より豊かで創造的な火星での暮らしを、あなたのアイディアで実現させませんか?

応募要件:

応募時点で高校生、大学生、専門学校生であること
3-5名のチームを形成し、チームで応募すること
高校生の場合は先生も保護監督として要エントリー
HPの主催するワークショップに可能な限り参加すること
(東京都内にて11/12(日)開催予定。大阪にて10/29(日)その他は応相談。)
選出された場合、1月以降のモデリング、レンダリングフェーズにも継続して参加すること(HPがフォローします。)

エントリーチーム決定!

全103チーム、410名の応募がありました。
エントリー校はこちら(50音順):

  • 大学
  • 青山学院大学
  • 大阪工業大学
  • 九州産業大学
  • 九州大学
  • 慶應義塾大学
  • 駒澤大学
  • 創価大学
  • 玉川大学
  • 千葉大学
  • 中央大学
  • 東海大学
  • 東京家政学院大学
  • 東京工業大学
  • 東京大学
  • 東京農工大学
  • 同志社大学
  • 東北大学
  • 日本工業大学
  • 日本大学
  • 北海道大学
  • 明治大学
  • 立命館大学
  • 和歌山大学
  • 早稲田大学
  • 専門学校
  • 麻生情報ビジネス専門学校 福岡校
  • 穴吹情報デザイン専門学校
  • 岩崎学園 情報科学専門学校
  • 河合塾学園 トライデントコンピュータ専門学校
  • コミュニケーションアート 東京デザインテクノロジーセンター専門学校
  • 上越公務員・情報ビジネス専門学校
  • 中央工学校OSAKA
  • 東京デザインテクノロジーセンター専門学校
  • 新潟コンピュータ専門学校
  • 日本工学院八王子専門学校
  • 吉田学園情報ビジネス専門学校
  • YICビジネスアート専門学校
  • 高等学校
  • 石川県立金沢泉丘高等学校
  • 市川高等学校
  • 大阪府立長野北高等学校
  • 大阪府立箕面高等学校
  • 開成高等学校
  • 金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校
  • 関西創価高校
  • 神奈川県立相模原高等学校
  • ぐんま国際アカデミー 中高等部
  • 工学院大学附属高等学校
  • 香里ヌヴェール学院高等学校
  • 聖心インターナショナルスクール
  • 常翔学園高等学校
  • つくば開成学園 つくば開成福岡高等学校
  • 東京都立科学技術高等学校
  • 豊島岡女子学園高等学校
  • 広尾学園高等学校
  • 八千代松陰高等学校
  • 横浜サイエンスフロンティア高等学校
  • 立教池袋中学校高等学校
  • 高等専門学校
  • 明石工業高等専門学校
  • 国立東京工業高等専門学校
  • 徳山工業高等専門学校
  • 舞鶴工業高等専門学校
  • 松江工業高等専門学校

プロジェクト進行中!学生たちの取り組みの様子はこちらから

Project MARS - Education League JP -

プロジェクト進行中!
学生たちの取り組みの様子はこちらから

詳細はこちら

今後のスケジュール:

本ページより応募していただき、参加表明をお願いします。
その後、可能であればワークショップに参加いただき、応募期日12/10(日)までにデザイン案を本ページよりエントリーしてください。(後日応募フォームが出来上がります。)
書類審査を通過したチームには12/14(木)までに選考結果をお知らせします。
選考されたチームは12/20(水)に審査員に向けてエントリー内容を発表いただきます。
その中から優秀賞/最優秀賞が選ばれ、優秀賞に輝いたアイディアは日本代表としてグローバルコンペへと進んでいただきます。

コンセプト案のご提出

デザイン案とその詳細説明を含むものをご提出ください。
審査基準を考慮し、アイデアの魅力およびその根拠が最大限に伝わる内容でのエントリーをお願いします。

コンセプト案の提出は締め切りました。
ご応募ありがとうございました。

<審査基準>
・科学的な裏付けがあること
・技術的制約をクリアしていること
・創造性があること、明確に図示されていること
・テキスト/数式による説明が添えられていること

※応募締め切り12/10

提出内容について、PNG、JPGフォーマットおよびMicrosoft製品(PowerPoint、Word、Excelなど)のファイルを想定しておりますが、その他の形式での提出予定(プログラムなど)の場合は事務局(hp_mars_jp@hp.com)までご相談ください。

提出後、自動返信メールにて受付完了連絡がきているか確認ください。
また、書類審査の結果は、通過チームにのみ12/16(土)までにご連絡します。

12/20(水)決勝プレゼン聴講者申し込み

場所:日本科学未来館 ホール 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
日時:12/20(水)15:30受付開始 20:30終了予定

決勝プレゼン聴講者申し込みはこちら

応募締め切り 12/15(金)

惜しくもプレゼンに通過ならなかったプロジェクト参加者の方も、
当日会場にて決勝プレゼンをご覧いただけます!
結果発表前の時点でも当日参加希望の方はお早めにご応募ください。

※聴講席には限りがありますので、上限に達しましたら締め切り前でも受付を終了させていただきます。ご了承ください。

HP MARS HOME PLANET JAPAN EDUCATION LEAGUE担当窓口

hp_mars_jp@hp.com

MissionZ
  • ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。ご購入の際には別途配送料がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格には消費税は含まれておりません。ご購入の際には別途消費税がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
close