Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション  >  プロ・クオリティについて

ワークステーションとは何か


 

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む
ワークステーションとは何か

 ワークステーションってどういったものなの?

CAD、グラフィックスデザイン、高度な技術計算や事務処理などに特化した業務用の高性能マシンという定義付けされるワークステーションは、かつてはUNIXに代表されるものでしたが、ここ数年での市場占有率はWindowsベースのものが圧倒的に多くなっています。近年のPC Workstationの普及によって、手の届かなかった高性能マシンが利用者にとってたいへん身近なものとなっています。「普通のPCと違って、UNIX系OSを知らないと使えない。非常に特殊な用途でしか使われない高額なマシン」と言う一昔前の認識は、今はまったく通用しません。パーソナルワークステーションであれば、一般的なPCと同じ使い勝手で使用でき、また、目的に応じた構成が選択できるメリットがあります。しかし、パソコンより高性能なコンピュータという定義だけでは、PCとワークステーションの違いを図ることができません。PC Workstationとはどのような特徴を兼ね備えているのか、またどのような目的で選択すべきなのかをご説明していきます。

  ステップ1. ワークステーションの特徴を知ろう
  ステップ2. パーソナルワークステーションとPCとの違いを知ろう
  ステップ3. HPのワークステーションはここが違う!
  ステップ4. このような用途でワークステーションをオススメします
 ステップ1. ワークステーションの特徴を知ろう
高度な処理や負荷をかけるワークステーションには、高い信頼性と安定性が求められます。その高機能や高性能を確かなものにするためのワークステーションには次のような特徴があります。
  1. 高いCPU性能(デュアルプロセッサー搭載可能な設計など)
  2. 高いグラフィックス性能(用途に応じたグラフィックスカードが選択可能など)
  3. 高い拡張性(PCIスロット数が多く、複数のHDDが搭載可能など)
  4. マルチモニター(2〜8画面)が可能
  5. ヘビーユースにも対応できる動作の安定性(長時間駆動させても処理能力が劣らない)
  6. 一般ユーザも手の届く価格帯(モデルによっては、PCの価格と変わらない)
このページのトップへ
 ステップ2. パーソナルワークステーションとPCとの違いを知ろう
パーソナルワークステーションとPC(ハイエンドマシン)、あるいは自作PCとの違いはどんなところにあるのでしょうか?
PCメーカから出荷されるPCは、内部のパーツが設定され、組み込まれた形で製品化されています。カスタマイズPCとは、このパーツ部分、例えばCPUのタイプやスピード、メモリやハードディスクの容量、そしてOSの種類まで使用者の目的にあった構成をある程度選べるようになっています。さらに自作PCであれば、マザーボードからグラフィックスカード、冷却装置までを自分で選択して、高性能PCを組み立てることができます。
ハイエンドPCや高性能な自作PCを構成したスペックだけを見ればワークステーションと大きな差異がないように感じられますが、それでは、ワークステーションの出番がなくなってしまいます。高性能なグラフィックボードの機能やCPUの性能や速度といった其々の能力が効果的に発揮され、稼動中の安定性が確実に保持できるトータルな設計がワークステーションには求められています。「ある程度の負荷」を想定した一般のPCと「これでもかのハードな負荷」を想定したワークステーションでは、もともとの設計自体が異なっているのです。
このページのトップへ
 ステップ3. HPのワークステーションはここが違う!
さてここからは、実はその差がHPのワークステーションならさらに大きく現れてくることを、ご紹介したいと思います。
現在HPでは2タイプのワークステーションを製造しています。
  1. パーソナルワークステーション
  2. ブレードワークステーション
特にパーソナルワークステーションは、エントリーモデルからハイエンドまで広範なラインナップを用意しており、多種多様な用途に応じて選択できるようになっています。HPは、UNIX時代から25年以上の歴史を経て、パーソナルワークステーションの分野でも時代の流れに沿った製品をいち早く市場に投入しています。高速CPUやマルチタスクといったPC技術の革新によって生み出されたハイエンドなパーソナルPCの延長をワークステーションと位置づける趣もある中で、HPではワークステーションたる位置づけを明確にし、プロフェッショナルな用途での使用に確かな信頼のおける製品の設計、開発に力を入れています。

数々のHPのワークステーションの特徴を次にご紹介しています。
  • PCの延長ではないワークステーション専用設計。25年以上の開発実績。
    それによって実現された高い信頼性、静音性能と冷却性能。
  • 全てのモデルで実現した高い拡張性。エントリーモデルでもPCI×3、HD×4可能。
    拡張やメンテナンス作業をツールフリーで行える内部設計。
  • ソフトウェア、OSベンダーとの強固なパートナーシップ。グローバルで行う主要アプリケーションの認定システム。
  • オンボードでRAID構築可能
  • マルチモニター(2画面、4画面、8画面)に対応
  • 64ビットOS利用可能
  • グローバル企業の利点を活かした高い価格性能比を実現。
  • 国内生産(Made in Tokyo)
  • 国内にコンピテンスセンターを設置。アプリケーションやLinuxについての相談ができるテクニカルコンサルティングチームが常駐。
  • WS専用の無償テクニカルサポート窓口と修理窓口の設置。WS専任のエンジニアがお問い合わせコールに対応。3年間休日修理付※翌日オンサイトサービスの提供。
    ※ Zシリーズワークステーションのみ
このページのトップへ
 ステップ4. このような用途でワークステーションをオススメします
プロフェッショナル用途
市場におけるサービスやパフォーマンスの向上を目指す各分野の専門アプリケーションを処理するためのワークステーションには、大きな負荷処理能力とスピード、そして動作の安定性が求められています。例えば、医療業界でのデジタル画像診断や3D CAD、CGソフトなどハイエンドな専門分野のアプリケーション用途で、あるいはブロードバンド配信やハイビジョンデジタルの技術による表現力の高いコンテンツ制作の過程で。必要とされるすべての条件を満たしたワークステーションがプロフェッショナルたちに求められています。

 プロが求める条件とは・・・

パフォーマンスパワー、長時間の連続稼動に耐える高信頼なハードウェア設計、確かな検証プロセスに基づくアプリケーションの安定稼動
クライアントPCとしての用途

電子メールのやり取りやインターネットの閲覧、文書作成や表計算などのビジネス用途での利用で使用されるクライアントPCとしても、様々な目的では、より高性能なワークステーションが求められています。

  • 大量のデータ処理や演算負荷の高いアプリケーションの頻繁利用
  • 多数のアプリケーションを同時利用
  • 動画や静止画など大容量データ処理とストレージ容量の必要性
  • 3〜5年の利用サイクルを考慮した性能、拡張性、安定性への要望
  • 最大の稼働時間やデータの一貫性を必要とするビジネス用途のシステム
  • アプリケーション開発や構造解析、シミュレーション処理など高度な演算処理の必要性
HPならではの優位点

こうした要望に応えるためのHPのワークステーションの優位性と特徴は、すでにご紹介してきたとおりです。ワークステーション製品は、使用する目的に合わせた最適な構成を選択することにより、ハイエンドPCよりも高いパフォーマンスを発揮します。グラフィックスボードのドライバとアプリケーションの組み合わせで検証を行なっていますので、推奨構成であればアプリケーションとの親和性も優れています。
また、高性能なハードウェアの設計に加えて、HPのワークステーションならではの特にサポートサービスをご用意しています。エントリーモデルユーザに対しても、PCとは別のWS専用のサポートサービスをご提供していますので、パワーユーザーに十分にご満足いただけます。しかも価格は、構成によりますがエントリーモデルで11万円台(税抜/標準価格)からとお求めやすい設定からご提供しております。「ちょっとハードに使いこなしたい」とお考えのお客様はぜひワークステーションの選択肢をご検討ください。

アプリケーションを最高のパフォーマンスで稼働させるためのHPの取り組みは、ワークステーションによる生産性の向上と効率化にも結びついています。その数々のメリットを、HP Workstation製品が選ばれる理由でご紹介しています。  

このページのトップへ

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡