Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション

医用画像表示用モニタのご紹介


 

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む
医用画像表示用モニタのご紹介
急速に進む医用診断画像の電子化
医用画像電子化に求められる表示機器とは
医用画像表示でHPワークステーションが選ばれる理由
導入事例紹介 医療
用途別推奨構成 医療
 急速に進む医用診断画像の電子化
急速に進む医用診断画像の電子化今医療の現場で、従来の現象された白黒フィルム版から電子化された診断画像への移行が急速に進んでいます。

医用画像の電子化を進めることにより患者と医師側双方に以下のようなメリットが生まれます。
  1. 現像などの処理時間の短縮による診断の迅速化
  2. フィルムコストやフィルムの保管コストの削減
  3. 参照の迅速化や一度に複数の場所で参照可能
  4. 遠隔医療の実現
  5. 三次元映像化された医療画像による高度な診断
医用画像診断装置の撮影結果は、ワークステーションなどのコンピュータから医用専門モニタを通してモノクロ陰影が高精細に表示され診断に使われています。
また、マルチスライスCTなどの診断装置は、一度に大量の画像を撮影し、それをコンピュータ処理により3次元映像化し表示します。鮮やかに色分けされた内臓や骨の立体(3D)映像により医師の迅速でより進んだ診断に貢献しています。
このページのトップへ
 医用画像電子化に求められる表示機器とは
医用画像電子化に求められる表示機器とは医用画像の表示にあたっては、医療判断の誤りにつながらぬよう微細な画像を正確に安定して表示できることが重要です。

医用画像モニタは、経年変化や固体差を最小限に抑え、モニタ上で均一の画像が得られるなど、医用画像に求められる高精細で複雑な画像を正確に安定的に表示するためのさまざまな機能を備えたプロ仕様の高性能の専用モニタです。

HP ワークステーションと実績のある医用画像の電子化の様々なニーズに応える医用画像表示モニタをご紹介します。(五十音順)

≫ NECディスプレイソリューションズ株式会社
≫ 株式会社東陽テクニカ
≫ 株式会社ナナオ
≫ 東京特殊電線株式会社
このページのトップへ
 医用画像表示でHPワークステーションが選ばれる理由
医用画像表示でHPワークステーションが選ばれる理由HPのワークステーションは、精密で微細な画像を正確に、大量のデータを判りやすく・素早く表示でき、安定して使い続けることができるため、医用画像モニタとともに日々医療の現場で活躍しています。
HPのパーソナル・ワークステーションxwシリーズは、「プロ・クオリティ」戦略に基づき設計・製造されています。病院やクリニックの医師・技師の方々より、単に計算処理が速いだけではなく、「優れた計算性能を、高い信頼性を維持させながら提供できる製品」という条件で選定していただいています。

HPワークステーションが選ばれる理由としては、以下のような点があげられます。
  1. Intel及びAMDプロセッサを搭載し、業界最速マシンや価格性能に優れたマシンをラインナップ
  2. 筐体内の蓄熱による故障率を低減するため、放熱に優れた配線&レイアウト設計で優れた冷却性能を実現
  3. 診断時に気になる音については、ファン制御やHDD振動抑制技術で騒音を抑えた製品を実現
  4. ”MADE IN TOKYO”という国内生産体制を確立し、故障率の低減と高品質化を実現し、同時に短納期提供を実現
  5. 検証と技術サポート体制: 医用専門のモニタやグラフィックスボード、またアプリケーションをもつパートナーと協調し積極的な検証
これからも、医療サービスの向上のため医用画像表示モニタとHP ワークステーションは貢献していきます。
このページのトップへ

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡