Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け Workstations

 お問い合わせ

HP Workstation 導入事例紹介
前田建設工業

 

BIMソフトを施主プレゼンや出張先で使いこなす 前田建設工業のモバイルワークステーション活用術

建物を3次元モデルによって設計するBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を全社的に導入している前田建設工業では、施主へのプレゼンテーションや出張先、工事現場などオフィスの外でもBIMソフトを活用する機会が増えている。同社建築設計第1部BIM推進グループチーム長の綱川隆司氏に、日本ヒューレット・パッカードのモバイルワークステーション「HP EliteBook 8460w」の使い勝手を聞く。

BIMソフトをモバイル環境で使う

約10年前から3次元設計を導入している前田建設工業は、2009年から専門技術陣を組織化しBIMの活用に取り組んでいる。施主へのプレゼンテーションや工事現場での打ち合わせ、出張先での設計など、オフィスを離れてBIMソフトを使うことも増えてきた。

日本ヒューレット・パッカードのモバイルワークステーション「HP EliteBook 8460w」を手にする前田建設工業建築設計第1部BIM推進グループチーム長の綱川隆司氏(左)。最近は施主でのプレゼンの場でBIMソフトを起動し、リアルタイムのウォークスルーや設計変更などを行う機会も増えた(右)
※画像クリックで拡大

オフィス外でBIMソフトを使うためには、高性能のCPUやモバイルグラフィックス、大容量のメモリーなどのスペックが求められる。そのため、同社では毎年、最もハイエンドなマシンを導入している。客先でのプレゼンで、美しいCGがスムーズに見せられるかどうかで、評価も変わり、受注にも影響する。そのため、最高性能のモバイルワークステーションが欠かせないのだ。

「以前はBIMソフトで作ったアニメーション動画を見せることが主流でしたが、一昨年ごろからモバイルワークステーションの性能が上がってきたため、リアルタイムに建物内外を仮想的に動き回ってみせるウォークスルーや、施主との打ち合わせの最中にドアや窓、材質を変えるなどの設計変更を行うことも多くなりました」と前田建設工業建築設計第1部BIM推進グループチーム長の綱川隆司氏は語る。

また、移動の多い仕事のなか、出張中にコンペ応募用の作品を作ることさえ、珍しくないという。

ミッドレンジのデスクトップ機のような使用感

ArchiCADなどのBIMソフトが軽快に動く日本AMDの高性能モバイルグラフィックス「AMD FirePro M3900」を搭載
ArchiCADなどのBIMソフトが軽快に動く日本AMDの
高性能モバイルグラフィックス「AMD FirePro M3900」を
搭載
※画像クリックで拡大

日本ヒューレット・パッカードのモバイルワークステーション「HP EliteBook 8460w」は、こうした出先でのBIMソフト使用に最適なマシンだ。インテルCore i7プロセッサーや最大8GBのメモリー、そして日本AMDの高性能モバイルグラフィックス「AMD FirePro M3900」などを搭載。出先でのBIMによる営業活動や設計業務をスムーズに行える。

「当社で意匠設計用BIMソフトとして導入している『ArchiCAD』をインストールして使ってみました。ウォークスルーや設計変更も、軽快に行えます。モバイルグラフィックスには1GBのビデオメモリーが搭載してあり、デスクトップ型ワークステーションでいうとミッドレンジ程度の性能を感じます。作業にストレスを感じません」(綱川氏)

ArchiCADでウォークスルーをするときには「3Dウィンドウ」という画面を立ち上げる必要がある。前機種の8440wでは14秒かかっていたのが、最新機種の8460wは10秒に短縮されたという。

「プレゼンの場ではお客さまに1秒でも待たせたくないので助かります。大型のタッチパッドや、キーボードの打ちやすさ、電源やポート類の配置も適切で、隠れたところにも使いやすさへの配慮がされています」(綱川氏)。

高性能化が図られたにもかかわらず、価格は以前よりもずっと安くなっている。CPUやメモリー容量にもよるが、10万円台前半でこのようなハイスペックのマシンが手に入るのだ。5年前の最新機種は30万円以上するのが常識だったが、性能が大幅に向上し、価格は半減したというわけだ。

大型のタッチパッドと入力しやすいキーボード(左)。電源やUSBポートなどの配置も使いやすさへの配慮が感じられる(右)※画像クリックで拡大

東京・名古屋間往復でも持ちこたえたバッテリー

オフィス外に持ち出すことの多いモバイルワークステーションは、手軽に持ち運んで作業できる機動力が必要だ。「HP EliteBook 8460w」は14インチの液晶パネルを備えながら、重さ約2.2kgと軽量だ。高スペックのマシンながら、付属のバッテリーで3時間程度はもつ。綱川氏は新幹線で東京と名古屋を往復する出張の際、あえて内蔵バッテリーだけで作業してみたが大丈夫だったという。

「私の業務スタイルの場合、出先でプレゼンを行い、打ち合わせするために、バッテリーが2時間ももてば大丈夫です。カバンに入れて持ち運ぶマシンとしては、性能、大きさ、重さのベストバランスを持った機種と言えるでしょう。筐体(きょうたい)もしっかりしており、メタルのヘアライン仕上げにも高級感があります。このほか、USBポートや電源コネクターが接続を確認しやすい側面に付いているなど、インターフェースの配置も使いやすくできています」と綱川氏は語る。

高級感と頑丈さを兼ね備えたメタル製筐体(きょうたい)(左)。コンパクトでカバンに入れて持ち運びやすい(右)※画像クリックで拡大

また、モバイルで使用するとなるとセキュリティーの面も心配だ。この点について綱川氏の答えは明快だ。「ハードディスクには、付属のソフトで暗号化が施してある。また、モバイルワークステーション自体にも指紋認証機能が付いている。この両方の対策によって、万一、マシンを紛失したとしても心配はありません」(綱川氏)

最大3画面に対応、オフィスでの活用にも便利

オフィスでは外部モニターやキーボードと接続して使うことで操作性が向上する
オフィスでは外部モニターやキーボードと接続して使う
ことで操作性が向上する
※画像クリックで拡大

「HP EliteBook 8460w」には別売りで「ドッキングステーション」が用意されている。オフィスに帰ってきたとき、このドッキングステーションに接続すると、本体のモニター画面のほかに外付けで2つのモニターを追加できる。さらに、USBキーボードやマウスを接続することにより、デスクトップ機と同様の操作性で使うことが可能だ。

複数のモニターを接続するとき、モニターの並び方によって画面を分割表示したり、独立した画面として表示したりという設定が必要だが、日本AMDのドライバーソフトを使うことにより、目の前のモニター配置と設定画面を見比べながら、だれでも簡単に設定が行える。

最後に綱川氏は「私は『HP EliteBook 8460w』をサブマシンとして使っていますが、オフィスで使うこともできるでしょう。外にいる時間が長い意匠設計のBIMユーザーには、おすすめのマシンだと思います」と話を締めくくった。

記載されている会社名、製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。
予めご了承下さい。
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。